男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

男女の友達で温泉旅行に行くのは、アリ?ナシ?

      2016/03/18

男女の友達で温泉旅行に行くのは、アリ?ナシ?

異性の友達は、同性の友達とは違った視点を自分に見せてくれる有り難い存在です。

ですが、二人が男女である以上、友達関係で出来ることには限りがあります。

その中で、悩む人が多いのが二人きりでの温泉旅行です。

これは、友達としてアリ?ナシ?どちらなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

養子縁組を解消したら結婚は出来る?養子縁組と法律の壁

養子縁組というのは、法律で親子関係になる事です。それが何らか...

人付き合いが苦手な人が結婚するために意識するべきポイントとは

人付き合いが苦手な人でも結婚したいという想いがあれ...

好きな人が既婚者で子持ちだった場合に考えるべきこと

好きな人が実は既婚者で子持ちだった場合には、ショッ...

元カノが結婚!未練が残っている気持ちを払拭させる方法とは

ほんの少し前まで付き合っていた元カノが、他の男性と...

共依存が原因!親子の関係が離婚に発展する理由と対処法

結婚した後に配偶者が共依存だと知った時には、結婚生...

2人暮らしの食費はどれくらい?1週間単位で考える節約法を紹介

2人暮らしを始めた時に節約意識を持つため、食費をできるだけ抑...

2人暮らしの食費を2万円以内に抑えるための方法と工夫をご紹介

2人暮らしをする時に生活費を抑えようとするため、食費を2万円...

恋愛できない病気の原因と自分を変えるための方法をご紹介

恋愛に対して臆病になってしまうことはありますが、トラウマ...

同棲するにはいくらかかる?生活費20万円で仲良く暮らすには

同棲する時にはお互いの収入によって生活レベルも変わってきます...

心配性の彼女持ちの人必見!不安と言われたら4つの点に注意して

世界には、色んなカップルの感動や面白い話、トラブルなどがあり...

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

スポンサーリンク


男女の友達で温泉旅行 これって普通?

男女の間に友情は存在するのか――これは昔から議論されてきた、多分永久に解けることにない難題です。

とは言え、男女であっても”友達”なのだから、遊びに行くことに何の問題もない、と考える人が多くなっているようです。

実際、男女間に友情は成立するか、というあるアンケートに対して、男性は7割以上、女性は8割以上が「YES」と答えています。

ただ、”どこまでが友達として出来ることか”という問いに関しては、答えにばらつきがあります。

二人だけで出かける・飲みに行く・家に泊まる・キスをする・添い寝をする・肉体関係になる…「それは本当に友達なの?」と思いたくなる回答もあるようです。

ただ、多くの人が選択に困る問いかけは、”男女の友達二人きりで温泉旅行に行けるか”ではないでしょうか?

同性ならば、二人きりの旅行は何ら不思議ではないことです。

ですから、友達であるならば、例え異性でも旅行はセーフライン!と思いたくても、特に旅行先が温泉になると、なかなかそうは行きません。

男女の友達で温泉旅行に行くことが何故難しいのか、そのイメージから考えていきましょう。

男女が温泉に旅行に行くイメージとは?

どうして旅行が、特に温泉へ行くことが男女の友達で難しいのでしょうか?

それはズバリ、旅行=泊まりがけになるからに他なりません。

もし、これが日帰りで、旅行先が遊園地などだったなら、悩むこともないでしょう。

しかし、宿泊するプランだった場合には、途端にハードルが高くなります。

本来、男女が同じ部屋で夜を過ごすことは、恋人同士以外にはあり得ない、してはいけないことと考えられるからです。

男女が同じ部屋で夜を過ごすという行為は、当人達にとっては何もなくても、他人からは何かがあってもおかしくない、と取られることを理解しましょう。

更に温泉となると、言わずもがな入浴するために裸になるのが前提。

例え男女別の浴場であっても、この”何かがあってもおかしくない”というイメージを加速させてしまうわけです。

そのため、ただの旅行よりも、温泉旅行はハードルが高くなってしまいます。

他人の意見は関係ない、自分たち二人の間にあるのは紛れも無い友情だ!とあなたは考えるかもしれませんが、あなたが友達だと思っている相手も絶対に同じ気持ちだとは言い切れないのが現実です。

冒頭に述べたように、男女間の友情が存在するかどうかがその理由です。

男女の友達関係が難しいワケを知ろう

男女間の友情が難しい理由は、それぞれが異性の友達に感じていること・求めていることに違いがあるからです。

多くの女性は相手がが男性でも女性でも、等しく”友達”という括りで相手と接します。

彼氏と男友達への態度は(少なくともその女性にとっては)全く異なります。

男女の友情が成立すると考える女性が男性よりも1割多いのは、この考え方が根本にあるのでしょう。

しかし、男性が女友達に感じている気持ちは、女性とは異なります。

多くの男性は、男友達と女友達に対する接し方が全く違います。

女性にとっては衝撃でしょうが、男性は”恋愛感情を全く抱けないような女性とは友達にならない”のです。

また、恋愛感情を抱ける相手である以上、何かの拍子に関係を持ってしまってもいい、と考えるのです。

男性がこう考えるのは、男としての本能が原因と言えます。

男性本人がそれを理解しているかは分かりませんが、女友達のちょっとした仕草を”勘違い”し、友情が愛情に変わってしまうことはよくあることです。

そんな中、二人きりで夜を過ごすことになった時は、本能が理性を上回ってしまうことは、ある意味しかたのないことです。

男女の友達で温泉旅行をすることになったら

では、実際に温泉旅行に行く時、男女それぞれどうすればいいのでしょうか?

・あなたが女性の場合

男友達から温泉に誘われた時は、男友達に下心が少なからずあることを理解しておく必要があります。

その上で、あなたが恋人関係になってもいい、と思っているのであれば、なし崩しではなく、きっちりと気持ちを確認したほうがいいです。

また友達のままでいたい、と思うのであれば、誘いは断るか、部屋は別に取る等、振る舞いに注意すべきです。

あなたが何気なく見せている仕草の何かが、彼の気持ちに火を付けてしまう可能性があります。

その時になって拒絶すると、どう転んでもお互いの心に遺恨が残ります。

私にその気はなかった!と言ったところで、先に触れた通り、男女が温泉旅行に行くという一般的なイメージから分かる通り、女性側にもそれなりの気持ちがあったと取られます。

あなたから温泉に誘った場合は、特に注意しなければなりません。

冗談交じりにでも、自分にはその気がないことははっきりさせておきましょう。

男友達のままでいてほしいのであれば、温泉旅行には誘わないほうが懸命と言えるでしょう。

友達関係を維持するには、お互いの振る舞いに気をつけて

・あなたが男性の場合
男性の場合は、どちらが誘ったかに関わらず、重要なことがあります。

あなたにとって思わせぶりに見える態度を相手がしても、理性で自分の気持ちを押さえる必要がある、ということです。

女性にとっては、あなたは男ではなく、”友達”です。

そして悲しかな、男性であるあなたの気持ちも同じだと考えがちです。

そんな状態であなたが彼女に友達以上の関係を迫ってしまうと、女友達の心を傷つけてしまいますし、何より男性であるあなたが悪者になってしまいます。

自分は絶対に女友達に手を出さない、という自信があっても、その場の雰囲気に流されることもあるのですから、自制心は失わないように注意しましょう。

二人の間には下心などなく、単に温泉旅行を楽しみたいだけなのに、と息苦しく感じるかもしれません。

しかし、他人の目を除いたとしても、男性と女性である以上、友情を維持するためには越えてはいけない線があります。

相手との友情を大切にしたいのであれば、この線をお互いに越すことがないよう振る舞うことも、大人として必要なスキルです。

関連記事はこちら

 - デートの場所

ページ
上部へ