オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

結婚できない!?相手の親があなたを嫌いになる理由と挨拶の心得

2015.6.18

彼女にプロポーズをしてOKをもらい、いぜ相手の親に結婚の挨拶へ!

でも、失礼なことをして彼女の両親に嫌われてしまったらどうしよう・・・

そこで今回は結婚の挨拶で相手の親があなたを嫌いになる理由と挨拶の心得をまとめました。

相手の親が原因で結婚に至らないケースは意外と多い

Q.別れのきっかけについて教えてください。
自分から断った …33人(55.0%)
相手から断られた …19人(31.7%)
親の反対 …4人(6.7%)
自然消滅 …3人(5.0%)
その他 …1人(1.7%)

半数以上が女性から断った模様。相手の態度や環境を見ているうちに、三行半をつきつけることが多いということでしょうか。

■親族がネックになったパターン
・「相手の親に嫌われてると聞いた。会ったことも話したことないのに、遊んでると決めつけられていたらしい。そんな思い込みの激しい姑と付き合いたくないし、そう思わせた原因は彼の口伝えしかありえないので」(31歳/小売店/販売職・サービス系)
・「向こうの親が嫌いだったから」(29歳/印刷・紙バルブ/営業職)
・「相手の母親(子離れできていない)が1人では寂しくなって、彼氏を頼って田舎から上京してきた。そして派遣社員でお金もない彼氏が転職してさらにマンションまで買って、その母親と2人暮らしを始めて『親のことで手一杯だ』と言われた」(30歳/機械・精密機器/営業職)

いざ結婚へとステップを踏み出そうとした途端に、お互いの家族が障害になることはよくある話。付き合いは避けられないですからね。それを乗り越えられるか、乗り越えてまで結婚したいか、自分の素直な心と覚悟が如実に表れる瞬間です。

引用元-−-真剣交際していたのに結婚に至らなかったワケ5選「向こうの親が嫌い」「生活が見えなかった」 | 「マイナビウーマン」

父親に嫌いになられたせいで別れたカップル

 最近1年半付き合ってた彼女と別れました。

俺は、結婚も考えていて相手にも「結婚しよっか」と意志を伝え、本人も「うん」と返事をくれました。

彼女は親にまだ付き合っていることを言ってなかったので、いきなり「娘さんを。」と言うのはまずいかなと思い、交際している事を伝えるため、相手の両親に挨拶をしに行きました。

定番なのかもしれませんが、手土産をもってスーツを着て。

会話の内容は仕事(公務員)とか俺の家族の事とか、ごく普通の会話です。彼女の父親は途中で仕事があると言い席を立ちましたが、その後は母親といろんな話をしました。

結局、父親とは1時間ぐらい世間話しのような会話をし、その日は終わったのですが、父親は俺を気に入らなかったらしく、次の日彼女と会い話した時は、彼女の気持ちは別れる方向に向いていました。

彼女はこう言っていました。

「私は、みんなに祝福されて結婚したい。でも、親はあなたとの結婚を許してくれない。その気持ちは絶対に変わらないんだから、先が見えないのに付き合ってても、仕方ない」とか、また、俺の姉がまだ結婚していない事とか(小姑になるんじゃないか)いろいろ不安をいだき、思いつめてしまったようです。

父親の威厳が強い家庭と言うのは分かるのですが、そんなに気持ちってすぐに切り替わるものなんでしょうか?

引用元-−-彼女の実家に結婚の申し込みに行ったけれど。?|?恋愛相談室?|?お役立ち?|?PHP研究所

相手の親があなたを嫌いになる理由

YOTA82_akusyuwomotomeru15123614-thumb-815xauto-14180

大事な娘が将来を考える相手ですから、あなたにはしっかりしてもらいたいという気持ちが彼女の両親にはあるでしょう。

1番考えられる原因がこの、“あなたの印象”がずばり良くないということです。服装は、どうでしょうか。人は見た目で判断してはいけない・・・とはいっても、やはり見た目の印象は大きいです。

オーバーサイズの服をだらしなく着ていませんか?逆に妙に飾り立てていませんか?自分の娘のお相手には世間の親は“普通”を求めるそうです。

むしろ少し地味くらいでいいでしょう。そして言葉づかいも人となりが出る部分ですから、気を付けて接していきましょうね。

引用元-−-付き合いを彼女の親が猛反対…その理由から改め深める2人の仲 | MEN人(メンジン)

相手の親を訪ねる時の基本的な心得

【1】彼女の両親と対面したら、丁寧にハッキリと挨拶する

「第一印象は大切だし、ウチの親は礼儀にうるさいので」(20代女性)というように、まず力を入れるべきポイントは、相手の両親の出迎えを受けての挨拶でしょう。玄関に上がる前に彼女から紹介してもらうなど、簡単に段取りを決めておくと、落ち着いてすませられるかもしれません。

【2】普段ヒゲスタイルで過ごしていても、訪問前に綺麗に剃る

「昔の人にはオシャレヒゲは通用しません」(20代女性)というように、少しでも相手の両親に清潔なイメージを抱いてもらうためには、ヒゲを剃っておいたほうがよさそうです。ヒゲ男子への認識は受け手によって異なるので、「たかがヒゲくらいで…」と軽く考えないほうがいいでしょう。

【3】タメ口やラフな言葉遣いが出ないようにする

「『俺』とか『じゃね?』とかやめてほしい」(20代女性)というように、話し方一つで相手の両親からの印象を損ねてしまうこともあります。自信がない人は、彼女にお願いして、失礼のない話し方の特訓に付き合ってもらってはいかがでしょうか。

引用元-−-彼女の実家を初訪問することになったときの心得9パターン | スゴレン

結婚のあいさつでは余計なことは言わない

「気さくな親御さんで、すごくこっちを気に入ってくれて、話が盛り上がる――っていう風にとんとん拍子でうまくいくことも。そんな時、場の流れで調子のいいことを言わない方がいいわね。」

「無理に頑張って話そうとして、余計なことを言って点数を下げるのは得策でないですね。」

「冗談のつもりでも、過去の女性遍歴だとか、つまんない自慢話とかは絶対にNG。気さくな人だから大丈夫って思っても、ご両親がどういう人かなんて、一度逢ったくらいじゃわからないよ。」

「「もうすぐ住んでいるアパートの更新時期だから結婚のいいタイミングだと思って……」みたいなのも余計なこと。別に、事実だとしても言わなくていいことですよね。」

「結婚の具体的な計画なんかも、「まずはご両親から承諾を頂いてからと思いまして」と、相手を立てれば、良い印象が得られると思うわ。」

引用元-−-彼女の両親に挨拶! 良い印象を残すための3つのアドバイス

twitterの反応


https://twitter.com/enrique5581/status/576541517591916544


https://twitter.com/tag_fire/status/410065503005077504


https://twitter.com/makioka_sachiko/status/608550257966784512


https://twitter.com/Nek0king/status/609520760818790400

 - 両親・家族・親族問題