男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

結婚前提の同棲 どれだけ貯金をする?割合はどう決める?

      2016/03/18

結婚前提の同棲 どれだけ貯金をする?割合はどう決める?

お互いに結婚をする意志があり、かつその資金を効率よく貯金したい――そんなカップルが取る手段といえば、同棲です。

結婚前提の同棲を考えているカップルは、いくつか話し合いで決めていかなければいけないことがあります。それはどんなものでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

スポンサーリンク


結婚前提の同棲! 幸せな結婚のために、決めることとは?

結婚前の男女が同棲することに対して、賛成する意見が多くなってきた世の中ではありますが、それでも皆が諸手を上げて賛成してくれる、というわけにはいきません。それは、日本では結婚前に男女が深い関係になることは悪いことである、としてきた考え方が根底にあるためです。恋愛関係の男女が一つ屋根の下で暮らすのは、本来秘めるべきの”そうしたこと”を想像させるため、だらしがない・ふしだらという悪感情を抱かせるのです。
しかし”お互いに結婚の意志があり、それを両親にも了承してもらった上で、かつ結婚資金を貯めるために同棲する”ような時は、理解や賛成が得られやすく、印象も180度違うものです。

ただ、同棲をすれば、本当にお金が浮き、結婚資金を貯金できるものなのでしょうか?その目標額は?貯金額を負担する割合は?…と、分からないことだらけではないでしょうか?
そうした疑問に対して、二人で話し合わなければならない点について、1つずつ見ていきましょう。

同棲して結婚資金を貯めたい場合、貯金の目標額は?

まず、結婚にかかる資金とはどのようなものになるのか、リスト化してみましょう。
○結婚費用
・婚約指輪
・結納に関する会場代
・結婚指輪
・挙式、披露宴代
・新婚旅行の旅費とおみやげ代

○新生活費用
・住居の契約費(敷金・礼金・手数料・先に納める1ヶ月分の家賃)
・家電、家具代
・生活必需品代
・引越し費

これらを全て含めると、全国平均として約600万円ほどが必要である、というある調査結果もあります。
勿論、住む地域や、挙式・結婚式の有無、新しい住居や家具・家電を用意する必要がない場合には、この金額はもっと安くなりますが、もし1から用意しなければならないカップルは、これほどの金額がかかる、という認識は持っていたほうがいいでしょう。
この中で、一番費用のかかるものが、挙式と披露宴に関するお金です。一般的な規模の結婚式・披露宴を行う場合は全国平均でも400万円ほど。遠方のゲストが多い場合には交通費、宿泊費もかかりますし、結納がある場合には50万円から150万円ほど用意する必要もあります。
お互い、そして両家の結婚式に対する考え方を確認し、話し合った上で貯金の目標額を決めましょう。

同棲カップルが上手に貯金するには、○○を作るのが主流

目標金額が決まったら、次に考えるべきなのは、お互いでどの程度、貯金を負担するか、です。
一般的に、無理なく社会人が貯金する時は、収入の1割から2割程度にするとよい、と言われています。
ただ、忘れてはいけないのが、貯金の他に同棲中の生活費なども発生する、ということ。貯金と生活費、そして個人の資金をうまく割り振る必要があります。

同棲カップルが取る方法として主流なのが、”共同のお財布を作る”というもの。
各々が個人的なことに使う”お小遣い”(個別の貯金含む)以外は、収入を合算して共同資金にする、という方式です。生活費やデート費等、”二人で使うお金”は、この共同資金から支払い、残りは結婚資金用に貯金するのです。
また、同棲にかかる費用だけ”共同のお財布”を使い、結婚資金用の貯金を含む収入の残りは、は各々が自分名義で管理する、という方法もあります。

どちらの方式を取る場合でも、お互いのひと月の収入の差により、負担割合を決めます。その負担割合が低いほうが、家事などを多く担当したり、二人にとって”50:50”になるようにするのが秘訣です。

”結婚前提”ならなおさら、同棲期間を設けよう

さあ、目標金額と貯金・生活費の負担額が決まりました。次に決めるべきことは、何でしょうか?それは目標金額をいつまでに貯めるか――つまり”同棲期間”です。
同棲が始まると、男女ともに、お互いが自分の生活に組み込まれていきます。これは最初のうちは新鮮で、楽しいものですが、残念なことに、人間とは慣れる生き物。いつの間にか、お互いがいることが当然になりすぎて、ダラダラとした生活を送るうちに、愛情がなくなってしまうことも多々あります。
結婚まで約束したはずなのに、多くの同棲カップルが別れてしまう原因が、ここにあるのです。

そうならないよう、同棲には期間設定が絶対に必要です。特に結婚前提であるならば、同棲を許してくれた両親を安心させるためにも、この期間を最初に明言しておきましょう。

ただ、早く結婚したいから、とにかく無駄なくするために、お小遣いは極力少なく!無駄な出費になるデートも控えよう!と考える人もいますが、せっかくの休日でも、貯金のために外にも出ず、たまの贅沢もナシ。…こんな生活では、息が詰まってしまいます。
二人の生活を維持するためにも、貯金額にも”ゆとり”を持ちましょう。

相手の金銭感覚に疑問を持った時は…?

お金に関する話し合いには、お互いの懐事情、つまりひと月の収入や、現在のそれぞれの貯金について把握する必要が出てきます。
結婚を考えている相手であっても、こうしたことを知られるのはちょっと…と考える人もいるでしょう。
これは本当に難しい問題です。
残念なことに、お金が絡むと人が変わり、相手に依存したり、何かにつけて自分が得になるようにしたりする人は、少なからず存在するからです。
二人で一緒に貯金の為に働くはずだったのに、さしたる理由もなく仕事を辞めて相手に依存したり、お互いで貯めるはずだった貯金を全くしていなかったり、共同資金を勝手に使ってしまったりと、お金に関する問題から仲違いする同棲カップルも、決して少ないわけではありません。

ただ、結婚前提の同棲なのですから、自分の手の内は晒したくないと思うのも(一部理解できますが)考えものです。
結婚とは、二人で新しい家庭をつくることです。そのパートナーの金銭感覚に疑問を持った上で信頼できないのであれば、同棲ひいては結婚も、一度白紙にすべきです。
お互いの金銭感覚の歩調を合わせることは、幸せな結婚をするためにとても重要であることを、忘れないようにしましょう。

関連記事はこちら

 - 同棲

ページ
上部へ