男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

結婚式、挙げる?挙げない? いまどきの結婚事情

      2016/03/18

結婚式、挙げる?挙げない? いまどきの結婚事情

プロポーズに成功し、さあ結婚だ!と拳を固めてみたものの…大きな壁が立ち塞がるのを感じる人も多いのではないでしょうか。

そう、その壁とはズバリ「結婚式」です。

彼女とあなたの気持ち、そしてまたお互いの両親全員の気持ちが一緒ならば話は別ですが、そんな奇跡はまず起こりません。

結婚式、披露宴についての意見の行き違いで、折角温めてきた愛が冷め、破局したなんて話は少なくありません。

そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


結婚式、必要ないと考える人が僅差で多い結果に

調査期間:2012/5/8〜2012/5/11
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数 946件(ウェブログイン式)

挙げるべき……39.9%
必要ない……41.1%
分からない……19.0%

調査の結果、僅差で「必要ない」と考えている人が多いことが分かりました。それでは、それぞれ具体的な意見を見ていきましょう。
■挙げるべき派の意見
「やっぱり女性なら一度はウエディングドレスを着たい」(35歳/女性)
「『あの恥ずかしさがあるから、絶対に離婚できない』という先輩の言葉を聞いて、なるほどと思った」(23歳/女性)
「披露宴はともかく結婚式は二人の誓いの場なので気持ちに踏ん切りをつけるためでもやった方が良い」(29歳/男性)
「結婚式は儀式であり、多くの人の前で誓うべき」(24歳/女性)
「両親の『相手の親に会う機会がほしい』、親戚の『相手の顔を見せろ』、友人の『相手に会う機会がほしい』の、全ての用件を一度で済ませるには結婚式を挙げたほうが楽」(28歳/女性)
「なんというか、人生の中で、これだけ自分達が”主役”で居られる瞬間はそうそうないので」(30歳/男性)
「挙げるべき派」の中には、両親や親戚、友人に結婚を報告して、新たな船出を誓う「通過儀礼」として結婚式を考えている人が多いよう。「結婚生活スタートにあたって、嫁さんへのささやかなプレゼント」(34歳/男性)という、男性側からのすてきな意見もありました。

■必要ない派
「お金がかかる。そのぶん新婚旅行や新婚生活に使いたい」(30歳/男性)
「式が盛り上がりすぎて、後で冷めて離婚している人もいるから」(25歳/女性)
「手間もお金もかかる割に、リターンが少ないと思う。思い出とか、個人的にはいらない」(23歳/女性)
「両親には挨拶に行けばいいし、親戚や上司には年賀状で報告すれば良いと思う」(23歳/女性)
「結婚式の仕事をしているのですが、自分なら挙げなくてもイイなぁ、と思ってしまいます。お金の内訳を知ってしまっているので」(31歳/女性)
「見世物だから」(25歳/女性)

やはり、多かった「お金がかかる」との声。長引く不況の中、経済的に余裕があるカップルは少なく、結婚式場の関係者からも不要論が噴出する事態に。見世物的なセレモニーが恥ずかしいと思う人も多いようです。

「挙げるべき派」「必要ない派」の数が均衡していることからも分かるとおり、その人の価値観によって賛否が大きく分かれるこの問題。少なくとも結婚式を挙げるかどうかは自分だけの問題ではないので、結婚相手や両親の意向を聞きつつ、納得できる答えを導きたいものです。

引用元-−-マイナビニュース

”ナシ婚”派も、実際に挙げてみれば8割以上が「挙げてよかった」

もともと結婚式をしたくなかったのに、実際は行われた理由は何ですか?
両親の為、妻の為、妻の両親の為。
けじめだから。親への感謝だから。
やはり、人生の区切りとして。
近親者同士の顔合わせの機会くらいは必要と考えたため。
両親や親せきに見せてあげたかった。
身内の食事会くらいはしたほうがいいといわれて。
主人の同僚たちがパーティを計画立ててくれたから。
一生の記念だからと親族に強くすすめられた。
周りの後押しや、パートナーや家族・親族のためにすることになったという回答が多く見られました。

実際は「挙げてよかった」が85%
もともと”ナシ婚”だった方が実際に結婚式を挙げた方に「挙げてよかった」かどうかをたずねたところ、85%の方が「はい」と回答しています。
その理由について聞いてみました。

実際に結婚式をして「よかった」と思っている方の理由
<男性の回答>
親がよろこんだ。
嫁さんの喜ぶ顔が見れたから。
挙式や披露宴の段取りが二人の結婚への意識を高めたので。
記念に残ったため。
それなりに楽しめたから。けじめになった。
めったに会えない知人に会えた。
挨拶に行く手間が省けた。
周りの方々の思いやりにふれたから。
愚痴を言われない。

<女性の回答>
家族が喜んでくれたから。
両親もホッとしたし節目になってよかった。
お世話になった方々に挨拶できた。
親や親戚が喜んでくれた。子供ができ、歳をとるにつれてやって良かったと思う様になった。
思い出として、良かったと思う。ダイエットをするいい機会だった。お金の社会的価値観を改めて考える機会だった。
一度きりのことだし、記念にもなる準備期間の2人での作業は、この時しかできないので。

もともと”ナシ婚”だったというカップルとあって、実際に結婚式を挙げることで花嫁や家族、親族が喜んだという回答が多かったようです。
結婚式をすることが、家族など大切な人への恩返しになるのかもしれません。

引用元-−-ぐるなびウェディング

親世代の考え:結婚は家同士の縁を繋ぐもの

最近は籍だけ入れるジミ婚と呼ばれるもので済ませたり、顔合わせの食事会だけでも、という話になっても親戚まで呼ばないということを選びますが、それでいいのかと言われてしまえば「結婚するのは自分たちで話合った」という答えが返されます。
しかし本当に結婚した後に親戚に挨拶にいく場合、とんでもなく親戚が多い家系の人もいて、「披露宴をしておけばよかった」と悔やむ人もいます。

ちなみに親戚の方も挨拶もされずに電話や写真付きの葉書だけの報告はおざなりに感じますが、「結婚のご挨拶に伺ってもいいでしょうか」と言われて断れるわけはありません。
披露宴は新郎新婦が招待する立場なのですが、挨拶に来られるとなると何もしないわけにはいきませんし、御祝儀の用意に、祝いの御馳走の準備というように歓迎して、持て成す立場になってしまいます。
また披露宴ならば数分で済むお祝いの言葉や話も、対面でじっくり話、お互いに初対面の者同士では疲れてしまいます。

また結婚披露宴を行わないという子供に両親はショックを受ける物です。
なぜならば今の大体の両親の世代ならば結婚式も結婚披露宴もするのが当たり前であり、行えない子供に育てたということが恥のように感じられるようです。
「結婚式(結婚披露宴込み)しないの」「しない。金ないし、相手もいいと言った」「お金なら出してあげるから」「結婚するのは自分たちだからいい。これから金はもっとかかる」というような会話でもめたと言う話は聞きます。

しかし結婚するのは「自分たち」という考えではいけません。
結婚は家同士の繋がりでもあるのです。
そのことをよく話合って、とんでもない豪華な披露宴を挙げるのではなく、自分たちでできる勢いっぱいのお披露目が披露宴なのです。

引用元-−-自分たちができるおもてなし

結婚式、必要か否か その理由をお互い話し合うこと

まずは理由を把握することから
では、なぜナシ婚を求める方が増えてきているのでしょうか。結婚式を挙げない理由の回答は、
(1)結婚式以外のことにお金を使いたい……36.4%
(2)費用が高い……35.4%
(3)セレモニー的行為が嫌だ……35.4%
となります。

あなたの彼女の結婚式を挙げたくない理由は、どこにあるのでしょうか。
“どのように説得するか”ではなく、“なぜ式を挙げたくないのか”をまずは確認すること。そして、あなたがどうしても結婚式を挙げたいと思うのであれば、相手に対して、自分の考えをきちんと説明することが必要です。
ご存知の通り、人には本音と建前があります。それは、夫婦になる間柄であっても同じです。
彼女がこの世の終わりのように号泣しながら言ったことが本音とは限りませんし、口笛を吹いてスキップしながら言ったことが本音の場合もあります。
これから何十年も寝食を共にするのですから、彼女の本音を探る作業も、その本音に対する解決策を講じることも、決して無駄なことではないはずです。

これからの生活を見据えた話し合いを
『結婚生活は悪い時は悪いが、良い時はとても良いものだ』
このように言った有名作家がいます。まさに、結婚生活を言い得ている率直な言葉です。
結婚式は、2人の結婚生活のスタートにもなる節目のイベントではありますが、しないことによって、“良い時”が無くなる訳ではありません。
それよりも、あなたが彼女の本音にどのように向き合うかの方がずっと大事だと感じます。あなたの本音と彼女の本音を確認する、とても良い機会だと思ってはいかがでしょうか。

引用元-−-パピマミ

披露宴は行わず、”挙式のみ”の結婚式を選ぶことも手

a1180_004480

披露宴を行わないで「挙式のみ」を行うことの意味
ただ籍を入れただけでは「結婚した」という自覚も湧きにくいと思います。私達が「夫婦」になったと一番自覚したのはやはり結婚式を挙げた後だったと思います。結婚して籍を入れただけではまだ「同棲」感覚が抜けていませんでした。
教会式であれ神前式であれ、挙式を行うことは、一つのけじめにもなります。
違う土地、違う家で生まれた二人が縁があって出会って「結婚」して「家族」になる決断をしたわけです。そのことをしっかりと自覚するという意味においても「披露宴」はともかくとして「挙式」をすることは意味のあることだと思うんです。
私達の場合たまに夫婦で喧嘩した時も「挙式の写真」を見ることで初心に帰ることができています。

お金がなくても時間がなくても「挙式のみ婚」なら大丈夫!
お金がなくても、時間がなくても、様々な事情があって披露宴が開けなくても「挙式のみ婚」ならほぼ全ての問題を解決できます。
挙式のみ婚ならお金はかかりませんし、準備期間もほとんど不要。目立つのが嫌なら二人だけで挙式してもいいですし、身内や親族だけで小さな挙式にすることも自由です。
もちろん挙式は無理にやることでも嫌々やることでもありません。けれど「お金がないから」とか「授かり婚だから」とか消極的な理由で挙式をしないことを選択しているのなら、今の時代は様々な選択肢があるんだよということをお伝えしたいです。

披露宴を行わず「挙式のみ」を行うメリット
上にも少し書きましたが披露宴を行わず「挙式のみ」を行うメリットはたくさんあります。もう一度まとめてみたいと思います。

リーズナブル!
挙式のみの場合10万円以内の費用で済むことも。浮いたお金を新居の費用や新婚旅行にあてることができます。

二人だけで挙げることも可能
二人だけで挙式をするのも素敵ですね。私の友人で海外の新婚旅行先で二人だけで挙式を挙げたカップルがいます。とても素敵な思い出になったといっていました。

親族に囲まれて暖かい結婚式になる
親族だけ呼んで挙式だけ行うのも素敵ですね。親族に囲まれる式はとても暖かく一生の思い出になると思います。披露宴は行わなくても、挙式後に食事会をやるのもいいですね^^

引用元-−-ブライダルフェアに行く前に読むサイト

結婚式は挙げないけれど、ドレス姿は写真に残す”フォトウェディング”

結婚式を挙げないカップルの入籍記念…その1

結婚式の平均費用は、約300万円と言われています。また親族や友人だけでなく、仕事上の付き合いがある人を招かなければならないケースも多々あります。挙式の小規模化が進んでいる現代では、結婚式そのものに意味を見出さないカップルも多いのです。

このようなカップルはフォトウェディングに、費用的なメリットを強く感じるはずです。挙式の10分の1程度の価格でウェディングドレスを着用し、花嫁気分を味わえますし、一生思い出に残るアルバムも作成できます。また、浮いた費用を新居や新婚旅行などに回すこともできるのです。

結婚式を挙げないカップルの入籍記念…その2

またフォトウェディングは「再婚だから、大げさな式は挙げたくない」、「おめでた婚なので、式は挙げない」など、それぞれの理由を抱えたカップルにも好評です。

いくら謙虚に振舞っても、「ウェディングドレスを着て花嫁気分を味わう」という体験は、女性にとって特別なもの。そんな奥さんの切なる願いを叶えたいと思う旦那さんも、やさしくて素敵だと思います!このようなカップルにとってフォトウェディングは、ささやかだけど一生の記念を残せるという、心理的なメリットが大きいのです。

結婚式を挙げ、フォトウェディングも利用するカップル

もちろん、挙式は挙式で楽しみつつ、フォトウェディングを有効活用するカップルも大勢います。ひとつは【前撮り】のパターン。「結婚式当日は慌しいので、記念写真をじっくり撮りたい」「式場の着物が高くてあきらめた和装を、ぜひ写真で残したい」など、心理面と費用面のメリットが混在するかたちです。フォトウェディングに、さまざまなニーズをすくいあげる力があることが、よくわかりますね。

また、挙式を最良のものにするため、式場のウェルカムボードや、DVD映像用にフォトウェディングを利用するカップルも数多いようです。このような場合、フォトウェディングには、挙式のグレードをワンランクアップさせる、ツールとしてのメリットがあります。

引用元-−-おすすめフォトウェディングの口コミサイト

結婚式・披露宴を挙げないならば、せめて最低限の挨拶はしよう

結婚式は挙げなくても、最低限の挨拶として報告はがきを出すのが大人のマナー。でも、それすらも出さない人がいるそうで……。

「今後、人生の中で関わりをもつ可能性がある親族や友人に知らせないことで、後々困る可能性があります。聞いた話なのですが、入籍後、法事などで親族が集まったときに『誰あれ?』と言われ、お手伝いすることもできなかった、というケースもあるようです」

事前に会社に知らせず、あとで部下の結婚を知った上司がショックを受けた……というケースも実際にあったそうですよ。また、親戚縁者の中でも、子ども自身が知らない親同士のつきあいがあり、結婚報告をしなかったことで親同士が気まずくなるなんてことも。

「結婚報告はがきだけでも送っておけば、どんな場所でもあまり違和感なく『初めまして』と挨拶できる。そういうメリットは大きいと思います」(森川さん)

秋冬の入籍なら、年賀状を利用して結婚報告はがきを送るのもひとつの手です。結婚報告はがきと年賀状の2通を送るより、1通にまとめた方が送り手としても手間がかかりませんよね。

引用元-−-女子SPA!

関連記事はこちら

 - 結婚式

ページ
上部へ