男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

結婚式での新郎の挨拶を面白いものにしたいと思った方へ

      2016/03/18

結婚式での新郎の挨拶を面白いものにしたいと思った方へ

結婚式で新郎新婦の挨拶というのは、一番の見せ所であり、もっとも泣けるポイントでもあります。

しかし、最近では、新郎の挨拶を面白いものにしようと考える人がいるようです。

果たして、どうなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


結婚式の新郎の挨拶とは

新郎謝辞のない披露宴はありません 新郎は必ずあいさつします
しかし、きちんと立派なあいさつができる新郎は、あまりいません

(~_~;) 最初から紙に書いてきたつまらない謝辞を棒読みする新郎
(~_~;) 何とかなるだろうと思ったが全く言葉が出なくてあせる新郎

最近、このような方が増えています 新婦の意向で披露宴をしたけど、
あいさつを考えたり覚えたりする暇はなかったと、言い訳をしています

しかし、披露宴の最中、新郎新婦は歌ったり、余興に加わったりして
楽しく過ごし、ゲストの皆様にとっては、拍手したり笑ってあげたりし
ながら、場を盛り上げ、礼儀正しく進行につきあってきた3時間です
感謝の、お礼のあいさつをきちんとできないのは、恥ずかしいことです

たかだか2分程度のあいさつです ちゃんと作って覚えて来ましょう
「心がこもっていれば一言でもいい」 などということはありません

引用元-−-幸せを呼ぶ美しい結婚式スピーチ

結婚式の新郎の男らしい振る舞い

親しい友人だけでなく、彼女の親やお互いの親族、職場関係者にも見守られる結婚式。緊張するのはやむを得ないが、これから新たな家庭を築く新郎としては、男らしく堂々と、頼もしい態度を披露してゲストを安心させたいものだ。また、新郎は、注目される緊張感と慣れない花嫁衣裳に不自由を抱えている花嫁をリードしてあげなければならない立場でもある。彼女が感極まって涙を落としたら、すっとハンカチを差し出すような気遣いができれば最高だ。
難しく考える必要はない。当日は身支度などで何かと多忙な花嫁に代わり、ゲスト一人一人に感謝の意を伝えるなどもてなしの心を忘れずに、全体の進行を意識しながらスマートな振る舞いを心がけよう。

引用元-−-男ゼクシィ

謝辞とは、披露宴の締めくくりに新郎がゲストに伝えるお礼の言葉。ここで何よりも大切なのは、晴れの日の最後を飾るのにふさわしく、堂々と自分の言葉で感謝の気持ちを述べること。メモを見ながら話してもいいが、完全に読み上げるだけだったり、トチってばかりでは締まらない。ある程度、練習はしておこう。

引用元-−-男ゼクシィ

結婚式の新郎の挨拶成功のポイント

a0790_000066

謝辞には、ゲストへのお礼、祝福へのお礼、今後の支援など盛り込まなくてはいけない必須要素がある。それらをきちんと入れた上で、そこに心情や抱負などオリジナリティを加えて構成していく。親が挨拶する場合と、新郎が挨拶する場合と、少し構成が違うので気をつけて。

引用元-−-Wedding Park

文字量は500字程度を目安に
2〜3時間はある披露宴の締めなので、長すぎる謝辞はゲストに好まれない。2分以内に話せるボリュームでまとめるようにしよう。一般的に話せるボリュームは、1分間に350文字程度と言われているので、500字程度に収まるのが理想的だ。

引用元-−-Wedding Park

事前に練習をすること
原稿というのは、文字上では問題なくても、口に出してみると言いにくい場合があるもの。原稿が完成したら必ず声に出して読み、つまずくところをチェックし、スムーズに喋ることができるまで練習しよう。ただでさえ緊張する挨拶なので、練習しすぎても無駄ではない。

引用元-−-Wedding Park

忌み言葉に注意する
結婚式というおめでたい席では、「忌み言葉」という縁起の悪い言葉を避けるのが常識になっている。特に年配の方は気にされるので、注意して。

引用元-−-Wedding Park

面白い挨拶は避けた方が良い?

色々と言い回しはありますが、へたにユーモアをいれると笑いを取れるどころか、失礼にあたってしまう可能性がありますね。 自信のない人は無難に締めた方がいいかと思います。
挨拶文を組み立てる構成流れとしては、
・みなさまに感謝を伝えること。(今日ここにいるのは皆様のおかげです。)
・妻を幸せにする誓いをたてること(必ず○○さんを幸せにします!)
・今後もご指導を仰ぐこと(今後共ご指導ご鞭撻のほど、よろしこ願い致します。)

「とにかく謙虚であること」を忘れないでください!!!

引用元-−-スタジオJMP

笑いを求めすぎない

新郎謝辞の文例というのは、定番の型がある程度決まっていますよね。それらを参考にしてスピーチをすれば、無難に締めることはできるでしょうが、ゲストの印象には残りにくいことも。

ユニークなスピーチの文例と言うのもネット上にのっていましたが、そこで気を付けるべきことが一つ。それは「脚色したくなる気持ちを抑えること」だそうです。緊張度MAXの状態でスピーチをしている中、狙ったところで笑いが起きると、安堵の気持ちが生まれて気が大きくなることも。

もう一つくらい笑いを取っておきたい、なんて要らぬことを考えると、高い確率で失敗します。披露宴には親族や職場の人たちも出席しているでしょうから、さりげないユーモアを加える程度が調度いいですよ。

引用元-−-みんなのウェディング

やはり無難な挨拶が一番!

ダラダラ話すよりも短く

大勢の前でスピーチをするというのは、大抵の人が緊張するものではないでしょうか。事前に文面を考えていたとしても、一瞬で飛んでしまうこともあるかもしれません。 そんなときは、その場でダラダラと考えたことを話すよりも、短く一言で締めてもらった方が、かえって「男らしかった」という印象を与えられると思います。

引用元-−-みんなのウェディング

泣くことを心配しない

結婚式の日、新郎の涙は感動を誘いますよね。私はスピーチの際に泣いている新郎を見たことはありませんが、挙式の最中に、思わず涙している新郎を見て、もらい泣きしそうになったのを覚えています。 かっこよく最後の謝辞を決めるつもりが、泣いてしまってかっこ悪い…そんなことはありません。

印象に残ったスピーチは「新郎がスピーチをしながら泣いてしまったこと」という書き込みをあらゆるサイトで見ました。最後のスピーチで涙する新郎というのは、実は一番ゲストの心をつかむのではないでしょうか。

引用元-−-みんなのウェディング

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 結婚式

ページ
上部へ