男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

結婚式に出席する親族はどのような服装にすれば良いの?

      2016/03/18

結婚式に出席する親族はどのような服装にすれば良いの?

親族として結婚式に出席するとなると、それ相応の服装をしなければ新郎新婦に恥をかかせることにもなります。

では、どのような服装で出席すれば良いのでしょうか?

今回は、結婚式に相応しい親族の服装を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


結婚式に出席する親族はフォーマルな服装で

結婚式に出席することになる新郎新婦の親族は、ゲストとして結婚式に出席するときと違い、今度は結婚式に参列してくれるゲストを迎える立場になります。

このように、新郎新婦の親族はゲストのなかでも特に重要なポジションとなります。

知人・友人の結婚式に出席する場合、ある程度のカジュアルな服装が許されるかもしれません。

しかし、先に説明したように自分の親族の結婚式に出席する場合はポジションが変わっています。

したがって、知人・友人の結婚式に着て行く服装よりもフォーマル度は高まります。

親族として新郎新婦の結婚式に参列いただくゲストを向かえる立場として、上品で慎ましく、通常よりフォーマル度が高い服装が求められることになります。

いずれにしても親族としては、結婚式のマナーをわきまえた失礼のない服装を心がけたいものです。

この点に配慮が及ばないと、思わぬところで新郎新婦に恥をかかせることにもなりかねません。

十分に注意しましょう。

結婚式に出席する父親の服装は正礼装か準礼装で

結婚式に出席する父親の服装は、正礼装か準礼装です。

昼間の正礼装は、モーニングです。

新郎新婦の父親の多くが結婚式で着る定番となっています。

このとき、ネクタイやベストもモーニングに合わせて白や黒にするとベーシックな装いになります。

夕方から夜の正礼装は、燕尾服・タキシードです。

基本は、黒の上下に白のアクセサリーをつけます。

このとき、同じ生地のベストと蝶ネクタイを着用します。

準礼装は、スーツ・タキシードです。

夜の礼服として利用されていたタキシードは、昼間の結婚式でも着用します。

そのため、正礼装からカジュアルまでと幅広い場面で着用されています。

濃紺やダークグレーで無地のダークスーツは、タキシードよりもカジュアルな場面で着用します。

これはスーツの基本色なので、かしこまった席で着用できます。

男性なら一着は持っておきたいものです。

ダークスーツを着て行く場合は、普段より気品あるスタイルを選びましょう。

そして、ネクタイやベストでさりげなくおしゃれ演出をしましょう。

結婚式に出席する母親の服装は正礼装で

正礼装は、黒留袖です。

これは、約8割の母親が結婚式に着て行く定番となっています。

黒留袖には、様々な柄があります。

自分の体型や雰囲気に合った柄を選ぶようにしましょう。

背の高い母親であれば存在感のある柄が、背の低い母親であれば、柄が少ない黒留袖がおすすめです。

正礼装は黒留袖以外にも、アフタヌーンドレス・イブニングドレスがあります。

アフタヌーンドレスは、昼間の正礼装として多くの母親に選ばれています。

このとき、肌の露出やアクセサリー類も控えるようにしましょう。

イブニングドレスは、夜の正礼装です。

背中などが開いているドレスで、芸能人もよく着用しています。

昼間と違って夜なのでアクセサリー類を使って華やかさを演出するのも良いでしょう。

ただし、ゲストをもてなすという母親の立場を忘れないように注意しましょう。

このように、昼間の結婚式にはアフタヌーンドレスを、夕方から夜の結婚式にはイブニングドレスを着て行けば問題はないでしょう。

新郎新婦の兄弟の服装は親族代表に相応しく

新郎新婦の兄弟の服装は、礼装、準礼装、略式礼装などです。

このとき、結婚式の主役となる新郎や両親、そして媒酌人よりも目立たないように少し控えめにするのがポイントといえるでしょう。

派手な格好をしていって、主役を食ってしまわないように注意しましょう。

新郎新婦の兄弟の服装は多くの場合洋装です。

和服を着て行くということは多くありません。

代表的な服装は、準礼装のダークスーツの着用。

そして、シルバー、あるいは、白とシルバーのストライプなどのネクタイを着用する場合が多いようです。

新郎新婦の兄弟の服装選びは意外と難しいところがあります。

なぜなら、親族としてゲストを迎えるという立場にあるので、知人や友人の結婚式に出席するときと比べてある程度のフォーマル感を出す必要があります。

一方、結婚式の主役となる新郎や両親、そして媒酌人より目立たないように控えめにすることも必要です。

したがって、先に説明したように、ダークスーツに白とシルバーのストライプのネクタイを着用するのが一番無難なように思われます。

もちろん新郎新婦の姉妹の服装も親族代表に相応しく

新郎新婦の姉妹の服装も、新郎新婦の兄弟と同じく、結婚式の主役となる新郎や両親、そして媒酌人よりも目立たないように礼装、準礼装、略式礼装を着用します。

なお、既婚者の場合には黒留袖を着用することもあります。

このとき、控えめでありながら、女性にとっての華やかさは忘れないようにしましょう。

まとめ

これまで見てきたように、父親の服装は正礼装か準礼装、母親の服装は正礼装が相応しいとされています。

また、結婚式が行われるの時間帯に応じてそれぞれに細かい決まりごともあります。

また、新郎新婦の兄弟や姉妹にも服装に関してある程度の決まりごとがあります。

これらの点に配慮が及ばないと、思わぬところで新郎新婦に恥をかかせることにもなりかねません。

いずれにしても、親族はゲストを迎えるという立場にあることを理解したうえで、結婚式の主役である新郎新婦を引き立てる。

それが、結婚式に出席する親族に求められていることだといえるでしょう。

関連記事はこちら

 - 両親・家族・親族問題

ページ
上部へ