男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

結婚式に出席する親族はどのような服装にすれば良いの?

      2016/03/18

結婚式に出席する親族はどのような服装にすれば良いの?

親族として結婚式に出席するとなると、それ相応の服装をしなければ新郎新婦に恥をかかせることにもなります。

では、どのような服装で出席すれば良いのでしょうか?

今回は、結婚式に相応しい親族の服装を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


結婚式に出席する親族はフォーマルな服装で

結婚式に出席することになる新郎新婦の親族は、ゲストとして結婚式に出席するときと違い、今度は結婚式に参列してくれるゲストを迎える立場になります。

このように、新郎新婦の親族はゲストのなかでも特に重要なポジションとなります。

知人・友人の結婚式に出席する場合、ある程度のカジュアルな服装が許されるかもしれません。

しかし、先に説明したように自分の親族の結婚式に出席する場合はポジションが変わっています。

したがって、知人・友人の結婚式に着て行く服装よりもフォーマル度は高まります。

親族として新郎新婦の結婚式に参列いただくゲストを向かえる立場として、上品で慎ましく、通常よりフォーマル度が高い服装が求められることになります。

いずれにしても親族としては、結婚式のマナーをわきまえた失礼のない服装を心がけたいものです。

この点に配慮が及ばないと、思わぬところで新郎新婦に恥をかかせることにもなりかねません。

十分に注意しましょう。

結婚式に出席する父親の服装は正礼装か準礼装で

結婚式に出席する父親の服装は、正礼装か準礼装です。

昼間の正礼装は、モーニングです。

新郎新婦の父親の多くが結婚式で着る定番となっています。

このとき、ネクタイやベストもモーニングに合わせて白や黒にするとベーシックな装いになります。

夕方から夜の正礼装は、燕尾服・タキシードです。

基本は、黒の上下に白のアクセサリーをつけます。

このとき、同じ生地のベストと蝶ネクタイを着用します。

準礼装は、スーツ・タキシードです。

夜の礼服として利用されていたタキシードは、昼間の結婚式でも着用します。

そのため、正礼装からカジュアルまでと幅広い場面で着用されています。

濃紺やダークグレーで無地のダークスーツは、タキシードよりもカジュアルな場面で着用します。

これはスーツの基本色なので、かしこまった席で着用できます。

男性なら一着は持っておきたいものです。

ダークスーツを着て行く場合は、普段より気品あるスタイルを選びましょう。

そして、ネクタイやベストでさりげなくおしゃれ演出をしましょう。

結婚式に出席する母親の服装は正礼装で

正礼装は、黒留袖です。

これは、約8割の母親が結婚式に着て行く定番となっています。

黒留袖には、様々な柄があります。

自分の体型や雰囲気に合った柄を選ぶようにしましょう。

背の高い母親であれば存在感のある柄が、背の低い母親であれば、柄が少ない黒留袖がおすすめです。

正礼装は黒留袖以外にも、アフタヌーンドレス・イブニングドレスがあります。

アフタヌーンドレスは、昼間の正礼装として多くの母親に選ばれています。

このとき、肌の露出やアクセサリー類も控えるようにしましょう。

イブニングドレスは、夜の正礼装です。

背中などが開いているドレスで、芸能人もよく着用しています。

昼間と違って夜なのでアクセサリー類を使って華やかさを演出するのも良いでしょう。

ただし、ゲストをもてなすという母親の立場を忘れないように注意しましょう。

このように、昼間の結婚式にはアフタヌーンドレスを、夕方から夜の結婚式にはイブニングドレスを着て行けば問題はないでしょう。

新郎新婦の兄弟の服装は親族代表に相応しく

新郎新婦の兄弟の服装は、礼装、準礼装、略式礼装などです。

このとき、結婚式の主役となる新郎や両親、そして媒酌人よりも目立たないように少し控えめにするのがポイントといえるでしょう。

派手な格好をしていって、主役を食ってしまわないように注意しましょう。

新郎新婦の兄弟の服装は多くの場合洋装です。

和服を着て行くということは多くありません。

代表的な服装は、準礼装のダークスーツの着用。

そして、シルバー、あるいは、白とシルバーのストライプなどのネクタイを着用する場合が多いようです。

新郎新婦の兄弟の服装選びは意外と難しいところがあります。

なぜなら、親族としてゲストを迎えるという立場にあるので、知人や友人の結婚式に出席するときと比べてある程度のフォーマル感を出す必要があります。

一方、結婚式の主役となる新郎や両親、そして媒酌人より目立たないように控えめにすることも必要です。

したがって、先に説明したように、ダークスーツに白とシルバーのストライプのネクタイを着用するのが一番無難なように思われます。

もちろん新郎新婦の姉妹の服装も親族代表に相応しく

新郎新婦の姉妹の服装も、新郎新婦の兄弟と同じく、結婚式の主役となる新郎や両親、そして媒酌人よりも目立たないように礼装、準礼装、略式礼装を着用します。

なお、既婚者の場合には黒留袖を着用することもあります。

このとき、控えめでありながら、女性にとっての華やかさは忘れないようにしましょう。

まとめ

これまで見てきたように、父親の服装は正礼装か準礼装、母親の服装は正礼装が相応しいとされています。

また、結婚式が行われるの時間帯に応じてそれぞれに細かい決まりごともあります。

また、新郎新婦の兄弟や姉妹にも服装に関してある程度の決まりごとがあります。

これらの点に配慮が及ばないと、思わぬところで新郎新婦に恥をかかせることにもなりかねません。

いずれにしても、親族はゲストを迎えるという立場にあることを理解したうえで、結婚式の主役である新郎新婦を引き立てる。

それが、結婚式に出席する親族に求められていることだといえるでしょう。

関連記事はこちら

 - 両親・家族・親族問題

ページ
上部へ