男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

結婚式の前日、花嫁は誰と過ごす??家族?彼氏?友達?

      2016/03/18

結婚式の前日、花嫁は誰と過ごす??家族?彼氏?友達?

明日は、待ちに待った結婚式。幸せな新郎新婦、この2人にとって特別な1日となるでしょう。

そんな結婚式の前日に、世の花嫁たちは、いったい誰と過ごしていると思いますか?家族?彼氏?友達?

では実際に、「先輩花嫁たちがどのように過ごしていたのか?」を教えてもらいましょう!!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


結婚式までのスケジュール

プロポーズされて、結婚を意識し、「結婚式を挙げよう!」と思い立ってから、結婚式までというのは、本当にあっという間に過ぎていきます。というのも結婚式の準備ってけっこうたくさんあって大変だからです!!では、結婚を考えているカップルのために、結婚式までのスケジュールを簡単に見ておきましょう。

結婚式の会場を決めるまでの前半

①彼からプロポーズされる⇒②2人の親にそれぞれご挨拶⇒③ブライダルフェアに参加してみる⇒④婚約指輪を買いに行く⇒⑤結納&両家顔合わせの食事会

と、このような流れになっていて、これらはだいたい結婚式の6か月前までには、済ませておくのがベターです。

結婚式の会場を決定してから結婚式までの後半

①結婚式の会場決定⇒②ドレス選び⇒③招待する方をリストアップ⇒④料理・引出物を決める⇒⑤結婚指輪を購入⇒⑥披露宴の順番・演出を決める⇒⑦最終打ち合わせ⇒⑧結婚式

と、このような流れになっています。結婚式の6カ月前からとにかく決めることが多くてあわただしく、その合間に新居、新婚旅行、二次会などについても考えなければなりません。休みの日ごとにバタバタと忙しくなりますので、体調管理には気をつけてくださいね。

特に花嫁は結婚式の前日まで忙しい??

結婚式までの流れがあわただしい中、さらにしなければいけないことがあるのは、やはり男性より女性です。それは、この忙しいスケジュールの合間を縫って、当日のドレスに合うアクセサリー、またヘアスタイルやメイクを決め、その上、ブライダルエステやネイルもしてもらう時間がいるからです。

さらにその中でも、1番時間がかかるのが、両親への手紙ではないでしょうか?!わたし自身も、これに費やす時間が多かったように思います。というのも、「この時もあの時もよかったな」と思い出に浸ったり、しんみりしてしまったり・・・。どういうふうに感謝の気持ちを表そうかと、書いては変えての繰り返し。今思えば、これもいい時間でした。

でも、こんなに忙しくても、不思議と全然苦にならないものなのです。これらは全て、大好きな彼とこれからのことを考えながらの作業だからです。それはもう、楽しくさとうれしさとが一緒になってテンションも上がり気味の毎日になりますよ。そんな充実した日々は、何年経っても、いい思い出として残るはずです!!

結婚式の前日は誰と過ごす?家族?彼氏?友達?

では、いよいよ結婚式前日。花嫁のあなただったら、誰と過ごそうと思いますか??これって、けっこう気になりません??ということで、先輩花嫁から、誰と過ごしたのかを聞いてみました〜!!では、発表したいと思いますっ!!

第1位 <家族>

やっぱり今まで大切に育ててくれた両親、時には、ケンカもいっぱいしてきたけど頼りになる兄弟・姉妹、大好きな祖父母と過ごすことを前日に選ばれた方が多かったです。その中でも、「お世話になりました、と挨拶しようと思っていたけど、胸がいっぱいになって何もできなかった人」や「式場の近くに家族みんなで泊って、いろんな思い出話をした人」また「敢えて普段通り、父と母と過ごした人」など、みな思い思いに家族と過ごされたようです。

第2位 <彼氏>

結婚式の前に一緒に住みだすカップルも多いので、前日は彼氏と過ごすという人も1位の家族とほぼ同数くらいでいらっしゃいました。その中でも「すでに一緒に住んでいたので、式の準備に追われていた人」や「朝が早いので前日から会場近くのホテルに彼氏と一緒に泊まっていた人」また「彼氏とその両親と食事をした人」など、なんとなくゆっくり過ごす、というよりかは彼と一緒に忙しく過ごしている人が多いようです。

第3位 <1人で>

「えーっ?!友達とじゃないの??」ということなのですが、少数とはいえ、“友達と過ごす”を抜いて第3位でした。というのも、やはり、結婚したら自分だけの時間ってなかなか取れませんので、そういった意味でも「独身最後の夜は、1人で好きなように自由に過ごす」という意見が多かったです。そして、「パックなどして肌の調子を整え、早めに寝る」ということでした。

結婚式の前日は友達とパーティ?!海外事情

日本での、結婚式の前日の過ごし方は「家族・彼氏・1人」という結果でしたが、海外の花嫁たちは、どのように過ごしているのかを比較してみました!!

なんとっ、日本とは全然違って、<友達>と過ごすのが一般的なのだそう。しかも「独身最後の夜は友達とパーティー!!」というふうに、ワイワイみんなで盛り上がるパーティーナイトのようです。わたしからしたら、「そんなに騒いで、結婚式当日に支障はないのか?」と心配になるのですが、彼女らにしてみれば、No problemのようです。

「結婚すれば、好きなことを好きなように、友達とばか騒ぎすることも、なかなかできなくなる」ということで、花婿も花嫁もそれぞれ友達と過ごすのだそうですよ。そのパーティーではだいたい、お酒を飲んだりゲームをしたり、おしゃべりしたりと、海外ドラマの1シーンに出てきそうな感じで盛り上がっているのだと思います。そういえば、わたしのカナダ人の友達もそのようなパーティーをした、と言っていたような。国によって、結婚式の前日の過ごし方は、さまざまなのですね。

結婚式の準備は早めに済ませましょう!!

日本人の花嫁の結婚式前日のスタイルとしては、やはり「家族と過ごす」が多いということがわかりましたね?!その1番の理由は、“娘でいられる最後の日だから”ということもあるようです。こういうのは聞いただけで、なんだかジーンときてしまいますね。そう、次の日からは妻としてがんばっていかなくてはいけないのですから、今日くらい娘でいさせて(甘えさせて)」ということなのでしょう。

でも、そんなゆとりを持った時間を、結婚式の前日に過ごそうと思っているのであれば、ある程度計画的に準備をしていかないと、間に合いませんので、しっかりとがんばってくださいね。

ちなみに私は前日も準備に追われていたタイプで、早く寝るつもりが、なんだか興奮して目がさえて眠れませんでした(笑)

そういうわけで、結婚式も特別なことですが、前日だって同じく“特別な日”なのです。これから、結婚式を迎えようとしているお二人は、体も心もリラックスできる状態で、悔いの残らないような前日を過ごしてほしいと思います。

関連記事はこちら

 - 結婚式

ページ
上部へ