男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

結婚式の前日、花嫁は誰と過ごす??家族?彼氏?友達?

      2016/03/18

結婚式の前日、花嫁は誰と過ごす??家族?彼氏?友達?

明日は、待ちに待った結婚式。幸せな新郎新婦、この2人にとって特別な1日となるでしょう。

そんな結婚式の前日に、世の花嫁たちは、いったい誰と過ごしていると思いますか?家族?彼氏?友達?

では実際に、「先輩花嫁たちがどのように過ごしていたのか?」を教えてもらいましょう!!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


結婚式までのスケジュール

プロポーズされて、結婚を意識し、「結婚式を挙げよう!」と思い立ってから、結婚式までというのは、本当にあっという間に過ぎていきます。というのも結婚式の準備ってけっこうたくさんあって大変だからです!!では、結婚を考えているカップルのために、結婚式までのスケジュールを簡単に見ておきましょう。

結婚式の会場を決めるまでの前半

①彼からプロポーズされる⇒②2人の親にそれぞれご挨拶⇒③ブライダルフェアに参加してみる⇒④婚約指輪を買いに行く⇒⑤結納&両家顔合わせの食事会

と、このような流れになっていて、これらはだいたい結婚式の6か月前までには、済ませておくのがベターです。

結婚式の会場を決定してから結婚式までの後半

①結婚式の会場決定⇒②ドレス選び⇒③招待する方をリストアップ⇒④料理・引出物を決める⇒⑤結婚指輪を購入⇒⑥披露宴の順番・演出を決める⇒⑦最終打ち合わせ⇒⑧結婚式

と、このような流れになっています。結婚式の6カ月前からとにかく決めることが多くてあわただしく、その合間に新居、新婚旅行、二次会などについても考えなければなりません。休みの日ごとにバタバタと忙しくなりますので、体調管理には気をつけてくださいね。

特に花嫁は結婚式の前日まで忙しい??

結婚式までの流れがあわただしい中、さらにしなければいけないことがあるのは、やはり男性より女性です。それは、この忙しいスケジュールの合間を縫って、当日のドレスに合うアクセサリー、またヘアスタイルやメイクを決め、その上、ブライダルエステやネイルもしてもらう時間がいるからです。

さらにその中でも、1番時間がかかるのが、両親への手紙ではないでしょうか?!わたし自身も、これに費やす時間が多かったように思います。というのも、「この時もあの時もよかったな」と思い出に浸ったり、しんみりしてしまったり・・・。どういうふうに感謝の気持ちを表そうかと、書いては変えての繰り返し。今思えば、これもいい時間でした。

でも、こんなに忙しくても、不思議と全然苦にならないものなのです。これらは全て、大好きな彼とこれからのことを考えながらの作業だからです。それはもう、楽しくさとうれしさとが一緒になってテンションも上がり気味の毎日になりますよ。そんな充実した日々は、何年経っても、いい思い出として残るはずです!!

結婚式の前日は誰と過ごす?家族?彼氏?友達?

では、いよいよ結婚式前日。花嫁のあなただったら、誰と過ごそうと思いますか??これって、けっこう気になりません??ということで、先輩花嫁から、誰と過ごしたのかを聞いてみました〜!!では、発表したいと思いますっ!!

第1位 <家族>

やっぱり今まで大切に育ててくれた両親、時には、ケンカもいっぱいしてきたけど頼りになる兄弟・姉妹、大好きな祖父母と過ごすことを前日に選ばれた方が多かったです。その中でも、「お世話になりました、と挨拶しようと思っていたけど、胸がいっぱいになって何もできなかった人」や「式場の近くに家族みんなで泊って、いろんな思い出話をした人」また「敢えて普段通り、父と母と過ごした人」など、みな思い思いに家族と過ごされたようです。

第2位 <彼氏>

結婚式の前に一緒に住みだすカップルも多いので、前日は彼氏と過ごすという人も1位の家族とほぼ同数くらいでいらっしゃいました。その中でも「すでに一緒に住んでいたので、式の準備に追われていた人」や「朝が早いので前日から会場近くのホテルに彼氏と一緒に泊まっていた人」また「彼氏とその両親と食事をした人」など、なんとなくゆっくり過ごす、というよりかは彼と一緒に忙しく過ごしている人が多いようです。

第3位 <1人で>

「えーっ?!友達とじゃないの??」ということなのですが、少数とはいえ、“友達と過ごす”を抜いて第3位でした。というのも、やはり、結婚したら自分だけの時間ってなかなか取れませんので、そういった意味でも「独身最後の夜は、1人で好きなように自由に過ごす」という意見が多かったです。そして、「パックなどして肌の調子を整え、早めに寝る」ということでした。

結婚式の前日は友達とパーティ?!海外事情

日本での、結婚式の前日の過ごし方は「家族・彼氏・1人」という結果でしたが、海外の花嫁たちは、どのように過ごしているのかを比較してみました!!

なんとっ、日本とは全然違って、<友達>と過ごすのが一般的なのだそう。しかも「独身最後の夜は友達とパーティー!!」というふうに、ワイワイみんなで盛り上がるパーティーナイトのようです。わたしからしたら、「そんなに騒いで、結婚式当日に支障はないのか?」と心配になるのですが、彼女らにしてみれば、No problemのようです。

「結婚すれば、好きなことを好きなように、友達とばか騒ぎすることも、なかなかできなくなる」ということで、花婿も花嫁もそれぞれ友達と過ごすのだそうですよ。そのパーティーではだいたい、お酒を飲んだりゲームをしたり、おしゃべりしたりと、海外ドラマの1シーンに出てきそうな感じで盛り上がっているのだと思います。そういえば、わたしのカナダ人の友達もそのようなパーティーをした、と言っていたような。国によって、結婚式の前日の過ごし方は、さまざまなのですね。

結婚式の準備は早めに済ませましょう!!

日本人の花嫁の結婚式前日のスタイルとしては、やはり「家族と過ごす」が多いということがわかりましたね?!その1番の理由は、“娘でいられる最後の日だから”ということもあるようです。こういうのは聞いただけで、なんだかジーンときてしまいますね。そう、次の日からは妻としてがんばっていかなくてはいけないのですから、今日くらい娘でいさせて(甘えさせて)」ということなのでしょう。

でも、そんなゆとりを持った時間を、結婚式の前日に過ごそうと思っているのであれば、ある程度計画的に準備をしていかないと、間に合いませんので、しっかりとがんばってくださいね。

ちなみに私は前日も準備に追われていたタイプで、早く寝るつもりが、なんだか興奮して目がさえて眠れませんでした(笑)

そういうわけで、結婚式も特別なことですが、前日だって同じく“特別な日”なのです。これから、結婚式を迎えようとしているお二人は、体も心もリラックスできる状態で、悔いの残らないような前日を過ごしてほしいと思います。

関連記事はこちら

 - 結婚式

ページ
上部へ