オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

義母との同居が嫌!嫁姑問題を上手に乗り切る方法

2016.6.9

義母の性格によっても違いますが、育った環境が違うとやはり難しいのではないでしょうか。

夫が母と妻、どちらの味方をするかによっても違うと思いますし、喪とが他人の女同士とあらば気になり出したらお互いにとことん気になり大きな問題に発展してしまいます。

お互いに負担をかけず、良い距離でお付きあいするにはどうすればいいのでしょうか。

義母と同居することのメリットとデメリット

義母と同居することにおいてのメリットといえば、子供ができたときに面倒をみてもらえることだと思います。
仕事をされている方はなおさら義母がいることによって助かる部分は大きいのではないでしょうか。

保育園に子供が通うことになっても、急な発熱や毎日の送り迎えなど、手の空いている義母になら頼みやすく身内なので子供を預けることにも安心感があります。
そして、仕事が遅くなったときに少しでも家事の手伝いをしてくれていると明日への自分に余裕ができます。

ただ、意見の合わない義母なら朝から夜まで一緒にいると疲れてしまうに違いありません。子育ての面においても昔のやり方を押し付けたり、今はしてはいけないことを勝手にしていたりされることに注意もできずだとため息もつきたくなってしまいます。

そして、やはり夫の母であり人生の先輩なので言い返したりすることが難しく、こちらの方がぐっと我慢をすることが重なるとストレスがたまってしまいます。

義母と同居するのが嫌なら上手な断り方を考える必要がある

義母との同居をやんわり断る方々としては、夫にも協力してもらい、一緒に暮らすのは嫌ではないのだけど、会社の通勤時間や今の生活や地域から離れることが難しく同居は難しいということを伝えるのが一番なのではないでしょうか。

そして、同居でなくても会いに行く時間をみつけて会いに行ったり、孫たちも遊びにいくということ。
夏休みなどの長い休みには家族で泊まりもするし、我が家にもいつでも遊びに来て下さいと伝えること。
離れて暮らしてもいつでも気にはしているし、家族だということを伝えた上で、こちらにはこちらの生活があり、家族で頑張って生活を営んでいくとの姿勢をみせます。

将来のことについてもひとつひとつ相談をしながら決めていきましょうと、これから年老いていく義父や義母のことを考えながら不安をとりのぞいてあげることが離れて暮らすことには必要不可欠だと思います。

私はたまに電話をしてのご機嫌うかがいと、ひと月に一度は義母宅を訪問し、話し相手になったりしています。

義実家へのお試し同居を提案してみる

もし、義母が同居をしたいという気持ちが強いなら、義母の気持ちを汲んで、お試し同居をするのもひとつの方法かもしれません。

一緒に暮らすことでいい面や嫌な面が見えてくるはずですし、絶対に譲れないことや、金銭的な考えの違いもみえてくるはずだと思います。
そこを我慢できるか我慢できないか。

義母だけではなく夫についても妻と母の間に立つ覚悟はあるのかどうか、そして今まで大人だけの生活をしてきた義母達がこども達との生活ができるかどうかを試してみて、難しいということを身をもってわかってもらうようにするといいのかもしれないです。

子供との生活が中心の私たちは朝がはやいこと、子供のかんしゃくや元気な声が毎日なので慣れていますが、たまに会ってかわいいだけの孫を見ている祖父母にとって、素の子供たちと暮らすことになると、たまに会うのが一番いいということに気づいてくれるかもしれません。

お互いが気持ちのよい距離感でいるには同居をするのがいいのかどうかを今一度考える良い機会になると思います。

義母に嫌なことをされた時の対処法

義母に心ないことをされた時の方々として、はじめはやんわりと言葉で伝えますが、それが無理な場合は夫に伝えてもらいます。
一緒に暮らし育ててきた息子から言われるとなると自分のどこが行き過ぎだったかを息子と話しをするなかでよく考えるようです。

違う環境で育ってきたのですから、常識が違うことや、冗談が通じなかったりとそんなこともあるかと思いますが、義母に言われると嫁としてはグサッとくることも多々ありますし、それをそのまま伝えてしまうと、今後のこともありますので、一度、夫に中に入ってもらってから義母ともう一度話すとわかりあえる気がします。

そして、夫にはすべて話しているのだということに祖母が気づけば、あまりに酷いことは言えなくなるのではないでしょうか。

息子に言われるのが一番こたえると思いますので、本当に嫌だったことには効果的だと思います。

しかしながら嫌なことを言われたら上手に返せるように嫁としては日頃からしていきたいものです。

義母との同居生活が嫌になった時の別居までの道のり

一旦同居してからの別居となると難しいですが、自分が我慢して壊れてしまったり、夫との離婚を考えてしまうよりは別居の道を選んだ方がいいに違いありません。

納得してもらうのが無理だとしたら、夫に相談をして家を出てしまいましょう。
まずその空間から離れるのが一番です。
これからのことは後で考えればいいのです。
まずは自分や子供のことを考えて行動しましょう。

そのあとに話し合ってもいいですし、それが無理なら夫にどうにかしてもらえばいい。
夫と義母は家族ですから何かあっても最後にはわかってくれると思いますので、自分が矢面には立たずにすべて任せてしまいましょう。

義母と意見が合わないことや、言われっぱなしで我慢ばかりを重ねてしまうと、ストレスがたまり身体に変調を感じることも少なくありません。心も壊れてしまいます。
そうなる前に周りの人に相談してみたり、自分の両親に相談をしたりして、自分が楽になれる方法を探してみて下さい。

 - 同居・嫁姑問題