男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

貯金ゼロで結婚し妊娠したら苦労する!出産費用の賢い貯め方

      2016/03/18

貯金ゼロで結婚し妊娠したら苦労する!出産費用の賢い貯め方

貯金ゼロのまま彼女と結婚、そして妊娠した…

一体これからどうやって出産費用を貯めればいいんだと

頭を悩ませない為にも普段から賢く貯金をしましょう。

そこで今回は出産費用の賢い貯め方をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


貯金ゼロで妊娠した女性の悩み

貯金がほとんどない状態で妊娠・出産した方、いらっしゃいますでしょうか。

何が大変でした?どこか(親とか)からの援助がないと無理?子どもが欲しいのですが、貯金ができず。

とりあえず産めばなんとかなるものか?という考えがでてきました。

パートナーの収入もさほど期待はできません。

贅沢せず、切り詰めれるところを切り詰めれば、なんとかなるかな・・・。

引用元-−-貯金ゼロで子育てできる??-?やりくり・マネー?- とくっち.com

妊娠中にかかるお金

正常な妊娠・分娩は全額自己負担

まずは、妊娠中にかかるお金についてご紹介しましょう。ところで、正常な妊娠・出産にかかる費用は全額自己負担なのをご存知ですか?

普通、病気やけがで治療を受けたり入院したりすると、医療費の3割が自己負担となります。 ところが、正常な妊娠や出産は病気ではないため、健康保険の負担がなく、全額自己負担となります。もちろん、妊娠高血圧症などの病気や帝王切開などの出産では保険が適用され、自己負担は3割となります。

健診代は自治体によって自己負担に差が

妊娠中にかかる費用について見ていきましょう。 異常がない妊娠の場合の健診は、妊娠中期(6カ月あたり)までは月1回程度、妊娠後期(7〜9カ月)は、月2回程度、臨月(10カ月)では月4回程度、合計14回程度の通院となります。

この14回の健診に対して、自治体から妊婦健康診査費用補助券が交付されます。ただ、この助成内容には自治体によって差がでています。チケット1枚あたりの金額も違いますし、特別な健診のチケットの有無もあります。通常の健診であれば無料で受けられる自治体から、数万円の自己負担が必要になる自治体まで様々です。

引用元-−-いまや常識?「できちゃった婚」のお値段 [出産・育児費用] All About

貯金ゼロで結婚前に妊娠したなら式は後回し

N866_hahaoyanoyubiwonigiruakago-thumb-autox600-14972

結婚をする前に赤ちゃんを授かると、結婚式を挙げるべきか迷ってしまいますよね。

実際に、おめでた婚の場合産後に落ち着いてから結婚式を挙げるケースも多く見受けられます。

ましてや妊娠や出産には予想外の出費がつきものです。

親である夫婦の結婚式費用は節約できても、赤ちゃんにかかる費用はそう簡単に節約できるのもではありませんし、確実に確保しなくてはいけません。

ですので、新生活を送るにあたりもし貯金額に不安があるようでしたら、どんな出費にもできるだけ柔軟に対応できるよう、ひとまず結婚式にかかる出費を控えることも考える必要があります。

結婚式は落ち着いたらいつでもできますが、お腹の中にいる赤ちゃんの妊娠や出産は一度きりの事です。

赤ちゃんのことを第一に考え、夫婦で、またご両親ともよく相談してみてください。

引用元-−-おめでた婚は貯金がない?!妊娠・出産・育児にかかる費用まとめ

結婚式や出産の費用は楽しく貯める

つもり貯金を行う

「コーヒーを飲んだつもり」「アイスを食べたつもり」「タバコを吸ったつもり」と?をしたつもりになって貯金をする方法です。
この方法は昔から暑ので、実践している方も多いのでは?

ゲーム感覚で貯金を行う

ゲーム感覚で貯金をおこなう方法もおすすめです。
1ヶ月単位で区切って、1日目は10円、2日目は20円というように1日10円ずつ増やしていって30日目には300円貯金となります。この方法だと1ヶ月で約5000円貯金することができます。
1年間では約6万円になります。
普通の貯金の他に1年で6万円の貯金ができるというのは大きいですよね。

夫婦でルールを決めて貯金をする

夫婦で決まりを作って、そのルールを破ったら100円を貯金するというような罰ゲーム感覚での貯金も楽しく貯金を行う方法です。

引用元-−-心配な出産費用を効率的に貯めるポイント | 妊活.com

妊娠中に貯金ゼロからの脱却をする

●妊娠こそが家計を見直す最高のチャンス

独身時代や夫婦二人の時代は、人生がこのあとどのように進むか不確定要素が多いもの。ところが妊娠すると状況は一変。出産、子供の入園・入学など、人生のどの時点でどのくらいお金が必要になるか、明確になります。つまり、今後のライフプランが断然立てやすくなったということ。妊婦は、お金に真正面から向き合うきっかけであり、必要なお金をしっかり貯めていく大きなモチベーションとなります。

●妊娠中に“貯め体質”になっておかないと、あとあと大変なことに

人生で最もお金がかかるのは、「子どもの教育」「マイホームの購入」「老後の生活」です。たとえマイホーム購入のローンがあったとしても、教育費がかからなぜ、また老後までは時間がある。小学校入学までが最もお金の貯めやすいとき。逆にそこまで貯められないと、あとの人生が苦しいことに。少しでも早い時期、つまり妊娠中から、お金を貯める習慣を身につけておくほうがよいのです。

●妊娠中に“貯め体質”になっておかないと、あとあと大変なことに

収入少なくて貯まらないという人も多いですが、手取り月収19万円で1000万円を貯めている家庭も。大切なのは、貯める意志があるかないか。「○○だからしょうがない」という言い訳はNGワードです。家計の見直し術と貯め体質になる方法を知っておきましょう。

引用元-−-BABY – 妊娠中に貯める!お金のやりくり大作戦

事前に最低3か月分の生活費を用意しておく

働くことができない産休、育休中。その期間の長さは人それぞれですが、一般的に産休は産前6週、産後8週間、育休は子どもが1歳になるまで、保育所が見つからない場合などは1歳6ヵ月まで取得することができます。

その期間、健康保険から支給される「出産手当金」(出産前後98日間、日給の3分の2程度の額)、雇用保険から支給される「育児休業給付金」(月給の50%相当額)などはもらえます。

しかし、「出産手当金」は基本的に産休後に申請をするものだったり、休職中も住民税は支払わなければいけません。

産休前に最低でも3か月分の生活費と住民税を用意しておくようにしましょう。

引用元-−-お金のプロがアドバイス! 妊娠・出産に向けて準備費用は必要ない!? | 「マイナビウーマン」

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 育児・子育

ページ
上部へ