オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

赤ちゃんをあっと驚く二重瞼で可愛くするテープの評判

2015.12.22

生まれてきたばかりの赤ちゃん、パッチリおめめでふっくらと可愛い顔を想像していたママは多いのではないでしょうか。

でも、わが子の顔は一重瞼でお猿のよう。健康に生まれたことに感謝しつつも、将来の事を考えると。。。

そんなママが1度は考える二重瞼にするテープ!本当にやっていいのか、他にもっといい方法があるのかを検証してみました。

何故、今時のママはそんなに赤ちゃんを二重瞼にしたいのか

ママが1番に願うのは、赤ちゃんの健康と成長です。でも生まれてきた赤ちゃんが五体満足で丈夫で、健康や成長が保証されてくると次に気になるのが容姿です。

赤ちゃんの検診や保健所の指導を受けに行ったり、ママと赤ちゃんのための習い事を始めて出かけることも多くなります。買い物に行っても同じくらいの赤ちゃんを見かけるとどうしてもわが子と比べてマジマジと見てしまったりします。

そこで赤ちゃんが一重のママは、ぱっちりおめめの二重瞼の赤ちゃんを見るとその可愛さにため息をつき、自分の赤ちゃんにガッカリしてしうことがあります。

赤ちゃんが、自分が一重瞼か二重瞼かの自覚をもつのは生まれてきてからかなり後になります。ですから自覚がないうちは赤ちゃんの気持ちと関係なく、ママが望んでいるだけということになります。

中には赤ちゃん時代から、赤ちゃんの雑誌の表紙や赤ちゃんのCMのモデルを目指しているママもいるでしょう。確かに起用されている赤ちゃんはほとんど二重瞼です。

赤ちゃんが二重瞼でなく一重瞼である原因を考えてみよう。

最近のママは、赤ちゃんは最初から二重瞼で生まれてくると思っているようです。ですが実際には、赤ちゃんは一重瞼で生まれてくる方が多いのです。ですから赤ちゃんの時期に一重まぶたでも、その後に二重瞼になる可能性も十分にあります。

瞼は遺伝的な要素もかなりあると言われています。パパとママが一重瞼の場合は、子供も一重瞼の可能性が多いということになります。ですが、遺伝に関しては、まだはっきりちしたことがわかっておらず明確な回答とはいえないようです。

瞼の裏側には脂肪がついています。この脂肪の量で一重瞼になったり、二重瞼になったりするというのが真相のようです。遺伝という見地からみても、瞼そのものというよりは脂肪に原因がありそうです。

赤ちゃんが泣いて目が腫れぼったくなっている時や、病気で体力を消耗している時、動くようになって運動する時間が増えカロリーの消費量が急に増えた時など、瞼が一重になったり二重になったりすることがあります。

体の中における瞼の役割について良く考えてみましょう。

そもそも体の1部として存在する瞼は、体の中においてどんな役割を与えられているのでしょうか?この役割としての働きを壊してしまってはなんにもなりません。役割についてもよく知っておく必要があります。体の中における瞼の役割について良く考えてみましょう。

自分の瞼を鏡に映してよく見てください。まつ毛の生えている下の淵に沿った部分に軟骨のような板があるのがわるでしょうか?これは瞼板(けんばん)といわれるものです。その鍵盤に対して、まぶたの上の方からの伸びている筋肉があります。この筋肉のことを眼瞼挙筋(がんけんきょきん)といいます。眼瞼挙筋という筋肉がが収縮運動をすることで瞼板を引っ張ります。この動きの繰り返しで、まぶたは開いたり閉じたりしているのです。

瞼の役目は眼球を埃などから守ったり、乾燥して目が乾いたりしないためや寒さを防ぐことにあります。一般的には暑い地域の人よりも寒い地域の人の方が、脂肪層が厚くなると言われているようです。

また急に光を当てられたときにも、瞳孔を守るために瞼を閉じたりします。

赤ちゃんの瞼を二重にするテープってどんなものなの?

赤ちゃん専用のアイテープなどは売っていません。ですから大人用のアイテープや絆創膏などが使われているようです。手の甲でパッチテストなどをしてみるのは勿論のことですが、いきなりしてしまう無謀なママもいるようです。

二重になったという赤ちゃんもいます。しかしながら瞼の裏にある脂肪に変化がない限り、またすぐに戻ってしまう場合もあるようです。

二重になるどころか、瞼の皮膚がかぶれてしまった。きつくテープをしたので眼球が押さえつけられてしまったなど、赤ちゃんの体や発育にわるい影響を及ぼす例も少なくはありません。赤ちゃんによってはテープで皮膚が引っ張られる感触がいやで、目をこするなどして目を傷つけてしまうこともあるようです。

アイテープをしても、テープをはがせば一重に戻ってしまいます。イベントの時だけ可愛くして参加したいというような短時間ならともかく、しっかり二重瞼になるような癖を瞼につけるとなると時間もかなりかかってしまいます。

総合的に考えてみますと赤ちゃん自体は、必ずしも二重瞼にしたいわけではないのであまりお勧めできないということになります。

アイテープ以外で赤ちゃんの瞼を二重にする方法はあるの?

一重瞼と二重瞼の差が、ついている脂肪が原因だとしたら、脂肪を減らすのが1番いい方法ではないでしょうか。ではその方法をあげてみたいと思います。

まずは、赤ちゃんが動くやすい環境をつくることが大切です。。狭い部屋に物がごちゃごちゃ置いてあって動きの妨げになっている。いつまでもベビーベットや柵の中に閉じ込めている。外に出ても、歩かせない。このような環境では赤ちゃんの運動量も少なくカロリーもあまり消費することができません。ですから赤ちゃんが運動できる環境を作って体を動かしやすいようにしてあげましょう。

目や瞼のトレーニングをする。赤ちゃんはとても好奇心が旺盛で、いろいろな物や音にもよく反応します。興味を持てばすぐにそちらの方を見ます。目や瞼が動けば、筋肉が発達しますし脂肪も減ってきます。赤ちゃんの興味の引くようなおもちゃや音の出る物を、あちらこちらにバラバラに置くなど工夫をするといいと思います。

なにもしなくても成長の過程で二重瞼になるケースも多いので二重瞼にするというよりも、赤ちゃんの運動をサポートするのがママの本来の役目ではないでしょうか

 - 育児・子育