オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

運命の出会いかそれとも偶然か!一目惚れを科学する

2015.2.14

星の数ほど女はいるというけれど、何故か彼女に視線が吸い寄せられた。

そんな一目惚れの経験をした男性は、実に二人に一人の割合でいるそうです。あなたはそんな経験ありますか?

何故、人は一目惚れをするのでしょうか?

あなたの一目惚れの恋は、どうすれば成就させられるでしょうか?

男性の2人に1人は一目惚れした経験あり!

■1:出会った瞬間に衝撃
「出会った瞬間に彼女が光に包まれた」
「学生の頃バーに入ったとき、女の子を見て鳥肌が立った」
「目が張り付いてしまった」
漫画の一目惚れシーンでは、雷に打たれたり、人物に後光が差していたり……なんて表現がありますが、どうやら大げさではないようです。

■2:通勤・通学途中
「電車通勤で決まった駅から乗る女性に一目惚れ」
「駅のホームで惚れてしまった。声をかける勇気はなかったので、毎日同じ時間に寝坊をせず通学した」
これは、一目惚れの王道パターンといっていいでしょう。「通勤・通学途中に一目惚れした」という類のコメントは多数寄せられました。あなたも朝晩どこかで一目惚れされているかも!?

■3:甘酸っぱい思い出
「中学時代、北海道から転校してきた色白の少女に一目惚れ」
「小学校3年生のとき、3つ年上のお下げの彼女の三つ編みが好きだった」
これも“一目惚れあるある”ネタ。小中学校という多感な時期だからこそ一目惚れしやすいようです。

■4:妻や恋人以外の女性
「結婚直前に新しく入ってきたバイトの子がとてもかわいくて一目惚れした」
「妻と一緒に買い物でデパートのエスカレーターに乗っていた際、反対側から綺麗な女性が来たので見とれていると降り口で転びそうになった」
この浮気者! 彼女や妻がいてもふとした拍子に別の女性に一目惚れしてしまう男性もいるようです。幸いにも、「そのまま一目惚れした相手に乗り換えた」という体験談はありませんでしたが、全く油断がなりませんね!

引用元-−-Menjoy!

一目惚れはどうして起きるのか?

「一目惚れ」は、どうして起こるのでしょうか?
“意識して”できるものならばぜひ、ここ一番でやってみたい! と思いませんか?
そこで、「ここ一番! 確実に一目惚れさせる方法!」をご紹介したいところですが、残念ながら、まだ確実な方法は存在しないようです。現状では仮説になってしまいますが、仮説として有力なものをご紹介しましょう。

1)自分の中にある「理想像」や「タイプ」と合致
「妄想大好き! いつも頭の中ではステキな恋人と愛し合ってる」こういう方は一目惚れしやすいと言われています。頭の中に描く理想の相手が現実として現れた時に「運命」を感じてしまうのだとか。

2)顔の特徴・趣味が似ている
「人生で1番多く見てきた顔」、それは自分の顔です。自分の顔が好きとか嫌い。ではなく、一番親しみを抱いている顔だからこそ、何も会話していなくとも「親近感」を覚えるのです。(外見)
これは「類似性」の法則も深く係わっているようです。
「類似性」の法則は第一印象を良く思わせたい時の方法とも言えますが、会話の中で相手との共通点を沢山見つけて「似てるな」と思わせることでも、相手との距離を縮め、親近感を与えることができます。(内面)

3)遺伝子の違いが大きい人
人と人とが親しくなる場合、「類似性」のみならず、「相補性」の2つの心理が働くと言われています。
簡単に言えば「似ている」か「正反対(足りないものを補ってくれる)」かということ。
遺伝子について言えば、より優位な種を残すために本能で相手を選ぶのだとか。つまり、相手が自分にないものを持っているということが、結婚における相手選びに少なからず影響を与えているというものです。人も動物であるということですね(背の低い男性が背の高い女性を好む傾向があるのは遺伝子の問題かもしれません)。

このように仮説を見ていくと、「一目惚れ」はやっぱり存在するのでは!?

ただ、この「一目ぼれ」を“意識的に”できないのは、残念としか言いようがありませんが、瞬間にではないにせよ、最初の出会いの印象を良く見せるには3つの仮説を応用できますね

引用元-−-LAURIER

一目惚れは科学的にも証明されている!?

たとえば、「フェロモン」ですね。もとは蛾を使った実験で、メスの放つフェロモンを頼りに、何キロも離れていたオスがやってくることからフェロモンが発見されました。哺乳(ほにゅう)類ではまだ研究途上ですが、フェロモンのためのセンサーが鼻の中にあることが分かっています。

人間の場合、昆虫のような強烈なフェロモンは機能していないのですが、「広い意味で言えば、人間もフェロモンを感じているのでは?」と思われる現象もあり、とても興味深いんですよ。

有名なのは、Tシャツの実験。男子学生44人にふた晩同じTシャツを着させて、そのTシャツを、見ず知らずのおよそ50人の女子学生に嗅(か)がせました。10段階評価で嗅(か)いだ感触の好き嫌いを評価させると、女子学生が「これ、いい」といったTシャツを着ていた男子学生は、ある遺伝子の型が嗅(か)いだ女子学生とはまるで違うタイプだったんです。

――つまり、遺伝子のタイプが遠いほどひかれると!

そうです。さらに、そのとき着目したのは、MHCというひとかたまりの遺伝子だったんですが、これはタイプの違う者同士がカップルになって子をもうけると、その子はバイタリティーが豊かで免疫力が上がる、と言われています。

――すごい! より丈夫な子孫を残せる相手を、本能的に選んでいるんですね。

「直感」とか「第一印象」というのは、進化の中で磨かれてきたものですから、意外と「一目ぼれ」というのは信頼してもいいのかもしれません。

また、フェロモンを感じるのは、扁桃(へんとう)体といって、脳のとても古い部分にあたります。恋をする気持ちというのは、先ほどあげた「理性」の大脳皮質と、「本能」の扁桃(へんとう)体、両者の兼ね合いと言っていいでしょう。

どうしようもなくひかれていたけど、相手が浮気性だということを知って冷めた、とか。これは、本能的に好きでも理性がNGを出した場合ですね。
あるいは逆に、趣味が合うはずなのに生理的に受け付けない、とか。

どちらかだけではなかなかうまくいきません。「理性」的にも「本能」的にも、相手を好きになれたら一番いいですね。

引用元-−-マイナビニュース

一目惚れ結婚はどうして夫婦円満なのか

ブライダル界隈では有名な話ですが、恋愛心理学、結婚に関するアメリカの実験で、 一目惚れで結婚したカップルを対象に調査では離婚率は約10%前後というアンケート結果が出ている。 結婚した夫婦の離婚率が50%のアメリカでは この数字は一目惚れとそうでない場合に非常に顕著な差があるといえる。 日本では総合的な離婚率は30%と言われているので、一目惚れ結婚をしている 夫婦で離婚するのは5%程度と見る事もできる。 これは驚異的な統計データです。一目惚れで交際をスタートさせた男女は 、基本的にいつまでも仲良く相思相愛、長続きして仲睦まじくラブラブ、 結婚に後悔している気配すらなく、熱々で幸せな付き合いを 続けられるのですね。

一目惚れからスタートした交際の場合、顔や容姿、ルックス、体型やスタイルなどの見た目や外見を視界に入れて認識した上で 、合格点を瞬時に叩き出す。だから、内面、中身によっぽどの減点や悪い点が なければ冷めないし、振られたり別れることは早々無い。 むしろ相手の短所や欠点すらもあばたもえくぼ、恋は盲目状態で可愛く映ってしまうかもしれない。 また、人間心理には「所有効果」が備わっていて、 一度好きになったり手に入ったものは価値が高いと思い込み、手放したくないと考える。 この心理状態は非常に強固で、他人の評価や批判をまったく受け付けず、 自分の主張や考え方、持ち物やパートナーを好意的に捉える。

例えば、周囲から見れば、体も弛んでいて髪もボサボサ、トドみたいな外見で 何の変哲も無いダメ男の彼氏でも、一度付き合いを始めた彼女にとっては瞳が輝く魅力的な白馬の王子様に見えている。 一度掴んだ彼氏や彼女は、なんとしてでも必至で離れないようになんでも 努力するし優しくしたりお金を援助したり食事デートでは驕ったり、誕生日プレゼントを 豪華なものにしたり、奉仕やサービス精神を発揮してとにかく尽くす。 また、付き合う前も一方通行の片思いで様々な障害が立ち塞がる中、口説いたりメールや電話でアプローチしたりなど、 両思いになるためにアタックも欠かさない。 人は苦労して手に入れたものにはより愛着が湧き、絶対に捨てたくないものになる。 一生一緒にいて欲しいと大切にされる相思相愛の一目惚れ結婚は、 一番ロマンチックでうまくいく、成功する形態の男女と言えます。

引用元-−-恋愛tanu.com

残念ながら、一目惚れが成就する確率は3割未満

6557777703_af7aeaafd9_o

まず一目惚れ経験者に「一目惚れの恋が実ったことありますか?」と質問したところ、「あり」は(27%)、「なし」は212名(73%)という結果に。男性からの一目惚れの恋が実る確率は3割弱といったところのようです。
それでは、一目惚れした相手とはその後どうなっていったのか?
一目惚れの恋が実った人、実らなかった人に具体的なエピソードを教えてもらいました。4パターンについてチェックしていきましょう。

■1:何もできず自然消滅
「何事もなくフェードアウト」
「緊張しすぎてとても告白できずに終わった」
「電車で向かい側の席の女性に一目惚れしましたが、結局は降車駅が異なったために、その後2度と会うことはありませんでした」
一目見た瞬間、恋に落ちたものの、何もできずに自然消滅するというパターン。それでも「今でも好きです。忘れられません」というせつないコメントも。

■2:アプローチするも玉砕
「海外で一目惚れした美女をデートに誘ったが、言葉が通じなかった」
「告白してみごとにふられました。今でも仲良い友達です」
「嫌われました。その後大変でした」
果敢にアタックするもあえなく玉砕……。“その後大変”だったという彼は詳細については語っていませんが、もしかしてストーカー扱いでもされてしまったのでしょうか?

■3:みごと両思いに!
「お互いの性格とかもわからなかったけど、“まずはお付き合いしてみませんか”って猛アタック。その後7年付き合いました」
「数回デートに誘い告白したところOKをもらいました」
玉砕も覚悟のうえで、まずは行動を起こさなければ恋は始まりませんね。ただし、「実際に付き合ってみるとイメージと違う部分が多くて結局別れる羽目になった」という残念なコメントもありました。

■4:一目惚れの末に結婚!
「嫁さんに一目惚れ」
「最高の一目惚れの相手は妻」
なんと! 一目惚れの相手と両思いになった末、結婚したというコメントも寄せられました。これこそ“運命の出会い”ってやつではないでしょうか?

男性からの一目惚れの恋が実る確率は3割弱。相手の名前すらわからないまま終わることもある一方、一目惚れの恋が結婚につながることもあるようです。

引用元-−-Menjoy!

恐れずに自分から声をかけ、自分の気持ちを確かめる

一目惚れ、そこでまず本当に自分の運命の相手なのか、確かめると肝に銘じます。

一目惚れしてしまうと、頭も心もいっぱいになってしまいます。

でも、一目惚れという状態は、夢を見ているような感覚に陥ってしまうわけですから、どこか冷静な目を持つこと、冷静に行動することも大切です。

なぜなら、その一目惚れの相手が、本当に自分にとっての運命の相手なのか、見極めることも大事なのですから。

出逢った時のシチュエーションに流されているだけではないか、または、外見の好みだけに心を奪われていないか、そんなことも一つの恋心ですから良いと言ってしまえばそうなのですが、一目惚れだからこそのアプローチ方法で、自分にとって最高の出会いに持って行けることだって可能なのです。

まずは、一目惚れの相手と知り合いになることが第一ですが、その方法は偶然の、いわゆる行きづりであっても、合コンでの出会いであっても、自分から声をかける」というのが、おすすめ、鉄則です。

その時点で、自分が優先権を持ちます。自分からどのようにでも持っていけます。

逆にいうと、一目惚れした相手に、相手から声をかけられてしまうと、こちらの気持ちは持って行かれてしまい、もう思うがままにされてしまいます。

そうすると、本当の相手が見えてこないこともあるからです。

引用元-−-こいぴた

 - 出会い・印象