男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

遠距離恋愛から同棲・結婚を機に、勤めを退職する人はどれくらいいる?

      2016/03/18

遠距離恋愛から同棲・結婚を機に、勤めを退職する人はどれくらいいる?

遠距離恋愛から同棲を始める、結婚をする。

男性はそうでもないでしょうけど、女性は違いますよね?遠距離に住む彼の本所に越してくるわけですから。

そうなると勤めを退職しなければならなくなる場合が出てきます。

では実際どれくらいの人が退職しているんでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


遠距離恋愛から同棲、結婚に踏み切るタイミングがある?

転勤または転職で引っ越し
転勤でどちらかの住む地域へ行くとなれば、そのタイミングで同棲しても経済的に不安は少ないです。転職も、新しい仕事が決まっていれば、そんなに不安はないでしょう。
仕事をしない場合、日中を1人で過ごさなければならず、知り合いのいない土地へ引っ越すとなれば、孤独感は募るばかりです。
仕事が決まっていなくて同棲に踏み切るなら、早めに仕事を見つけたほうがいいかもしれません。経済的に自立することは、結婚していないカップルに必要なことです。

結婚を意識する年齢になった
女性は30代が近づくと、家族からの結婚のプレッシャーを感じ始めます。周りの友だちも結婚して子どもができ始める年頃です。
同棲を始めるタイミングで結婚の約束をしていれば、両親の納得も得られやすいと思います。その際は必ずお互いの両親へ挨拶をしておき、期間を決めることが大切です。
いつまでも同棲を続けてしまい、結婚のタイミングを逃してしまうと、年齢的に取り返しがつかなくなる可能性を頭に入れておきましょう。

彼が昇進または仕事で大きな成果を出した
遠距離恋愛から同棲するということは、大半の場合で女性が仕事を辞めなければなりません。そこで、一時的であっても女性は無職の状態になります。
仕事をしないでも生活していけるだけの貯金があったとしても、結婚資金や将来のための貯金なら生活費のために切り崩すわけにはいきません。
そこで、彼のお給料で2人生活ができるようになれば、同棲を考えるタイミングになるかもしれません。
男性は、彼女や奥さんを養っていく覚悟ができるまでに時間がかかります。仕事や収入に相応の余裕を持てなければ、彼女が仕事を辞めても大丈夫だと言えません。

引用元-−-遠距離恋愛LOVE 彼との結婚に向けてコツや秘訣を伝授!

遠距離恋愛の末、どんなことをきっかけに結婚に踏み切るのか?

・どちらかの転勤
これがきっかけで
結婚を考えるカップルが多いみたいです。
どちらかの転勤が決まって、
距離が近くなったり
あるいは、さらに遠くなったりする事で
「一緒に住もう」
という話題が出てくるので
それをきっかけに結婚へ踏み切るカップルが多いようです。

・妊娠
これは遠距離に限らず
カップルにとっては結婚に踏み切るきっかけになりますね。
お互いの同意無しでの妊娠は
良くないと思いますが、
お互いが結婚のきっかけが掴めずに
ずるずると遠距離恋愛が続いているのであれば、
流れに任せて妊娠を視野に入れてみるのも
良いかもしれません。

・男性の経済的な安定
遠距離恋愛のカップルが結婚をする際に、
最も多いのは女性が仕事を辞める事なんだそう。
そのため、
彼が仕事で昇進したり、
仕事が安定してきたりして
結婚を考えはじめるカップルもいるそうです。
彼の仕事がどのくらいで安定するのか、
昇進していくのかを
視野に入れて考えていくと良いですね。

引用元-−-調べる納得解決サイト

遠距離恋愛から結婚へ。女性が会社をたいしょくしたら雇用保険はどうなる?

■一部の退職者にあてはまるもの
会社都合の退職時に失業給付が優遇されるのは有名な話ですが(特定受給資格者)、自己都合退職でも優遇されるケースがあります(特定理由離職者)。
会社都合の退職の場合は離職票に記載があるので問題ないと思いますが、特定理由離職の場合、離職票には「自己都合退職」としか書かれておりません。そのため、離職票提出時にハローワークで自己申告する必要があります。
事前に自分が特定理由離職者に該当するかを調べておき、該当する場合は忘れずに申告しましょう。
<例>
配偶者と同居するための退職(遠距離恋愛から結婚した、配偶者が転勤になった、等)

引用元-−-AllAbout

彼女に仕事を退職してもらうタイミングにも心を配る!

仕事を辞めるタイミングについては、貴方が挙式直前まで仕事を続けたいのか、挙式前に余裕を持って仕事を辞めたいのかによって違ってきます。
また抱えている仕事や職場によっても、辞めやすいタイミングは異なります。

貴方が仕事を辞めてから挙式や引越しの準備に取り掛かる予定ならば、挙式日の半年〜1年ぐらい前に退職すれば余裕を持って準備に専念できると思います。
職場のことを考えた上で退職時期を決めるなら、やはり比較的忙しくない時期が好ましいと思います。いつ辞めてもたいして変わらないなら、ボーナス貰ってから辞めるのが得策でしょうね。退職日を決めたら、早目に職場に申し出て下さい。後任者の採用や仕事の引継ぎがありますからね。

入籍日はいつでも構いませんが、引越し日と近い日にした方が転入届の手続きも同時に出来るので楽だと思います。

引用元-−-まぐまぐ!Q&A

遠距離でも恋愛を成就させてゴールインする為に心掛けたいこと

1.こまめに「電話」をする
「何度も電話するのは迷惑」ということで、彼と全然連絡を取らなくなること、ありますよね。しかし、声を聞けないと、寂しさが募るいっぽう。お互い浮気に走ってしまうかもしれません。
2年間の遠距離恋愛を乗り越え、結婚したAさん(26歳・エステティシャン)によると、「電話は毎日したほうがいい。文字より、声のコミュニケーションは大切。彼が毎日『愛してる』と言ってくれたから、頑張ることができた」とのこと。
毎日は難しいかもしれませんが、こまめに電話するようにしましょう。

2.「写真のやり取り」をする
「愛してる」と伝え合うことは大切。しかし、会えない日が続けば続くほど、文字だけの「愛してる」は重みがなくなってしまいますよね。いずれマンネリ化し、破局してしまうかもしれません。
1年間の遠距離恋愛を乗り越え、結婚したHさん(25歳・ライター)によると、「文章だけでなく、写真のやり取りをしたほうがいい。自分の顔写真はもちろん、料理やペットの写真もグッド。マンネリ化しなくなる」とのこと。
「彼を喜ばせよう」という気持ちを持ち、写真を送り続けましょう。きっと、彼も、とっておきの写真を送ってくれるはずですよ。

3.「彼」を信じる
しばらく会えないと、「浮気してるんじゃないか」や「他の女と一晩を共にしたんじゃないか」という、悪い妄想が広がってしまいます。そうなると、なかなか長続きできないもの。
3年間の遠距離恋愛を乗り越え、結婚したNさん(28歳・看護師)によると、「相手を疑うより、相手を信じることが大切。『彼は私を愛してくれている』と、呪文のように唱えたほうがいい」とのこと。
彼を信じることができれば、遠距離恋愛が楽しくなることでしょう。

引用元-−-exciteニュース

仕事に限らずメンタル面でも女性にはかなり負担が掛かることを理解しよう!

HIRO92_kouyoutohutari500-thumb-1200x800-5918

ところで、遠距離恋愛をしているカップルが全てそうだというわけではないのですが、心の中の「異性との距離」が遠い人は、遠距離恋愛をしやすい傾向にあります。また、自分の幸せを禁止しやすく、自分を責めやすいタイプの人同士がカップルになると、お互いに疎遠な関係を作りやすいです。

このような場合、メンタル面からの対策をした方が問題解決が早いことが多いです。

心の中で男性との距離が遠い人は、子供時代に父親と心の距離が遠かったことが原因になっていたりします。すると、恋人を選ぶときも、忙しくてなかなか会えない人や、押しが弱い人(近づいてこない人)を選んでしまったりします。

自分の幸せを禁止しやすい人は、素直に「寂しい」「私に近づいて」という気持ちを表現できません。そして、相手が遠慮がちな場合には、お互いに遠慮し合って距離を詰めることができないんですね。遠距離恋愛の場合、お互いの強い意志で「近づこう」と決めていないと、近い距離感が維持できないですから、距離が遠いままなんとなく時間だけ過ぎてしまう、ということになりやすいのです。

メンタル面の課題がある場合は、上に書いたような工夫よりもむしろ、恋愛セラピーなどを活用して、メンタル面の課題の方をしっかりと解決した方が、問題解決への近道だと思います。

引用元-−-女と男の心のヘルス 癒しの心理学

遠距離恋愛から結婚に踏み切る為に一番大切なこと!

・一番大切なこと

しかし最も重要なことは「相手がどう思っているか」です。

例えば、女性が職場での異動が決まって退職しやすい状況になり、かつ男性の昇格が決まって、来週には学生時代の共通の友人の結婚式がある、という究極のタイミングがあったとします。

周囲からは「チャンスじゃん」と言われるでしょう。

しかし、そこで二人の気持ちが結婚に向いていなければどうしようもありません。

結婚はしなくてはいけないからするのではなく、したいからするものなのです。

それを絶対に忘れてはいけません。

引用元-−-恋愛と復縁について考えるブログ

関連記事はこちら

 - 結婚準備

ページ
上部へ