男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

遠距離恋愛を経て結婚へ!親にどう話す?

      2016/03/18

遠距離恋愛を経て結婚へ!親にどう話す?

今まで辛く切なかったことも多かった遠距離恋愛。

でも頑張った末に結婚が決まった!

‥と喜んでいたけれど親にはどう話したらいいのでしょうか?

今回はそんなカップルのためにまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


辛かった遠距離恋愛

遠距離恋愛は、距離が離れている分、時間もかかるのでお互いなかなか会いたいときに会えなかったりしますよね。

遠距離恋愛を経験したカップルの辛かったこと、嬉しかったことまとめました。

まずは辛かったことですが

1.「すぐに会えないこと」‥お互いに会いたいなぁと思っても距離と時間が邪魔をしてすぐに傍に行けないということがやっぱり辛いですよね。

2.「会えないから不安になる」‥相手がなにをしているのか浮気を疑ってしまうことも‥。

3.「交通費がかかる」‥仕方のないことですが、遠距離していなかったらかからない費用です。

4.「相手の異変に気付けない」‥例えば元気がないときや悩んでいるとき。傍に居れればそんなちょっとの異変にも気付けるかもしれないですが、会えないとなかなか気づけないものです。

5.「自然消滅しやすい」‥会う頻度がどんどん減り、お互い連絡もとらなくなり‥。自然に終わってしまうカップル結構いるんです。

では逆に良かったこと・嬉しかったことは

1.「いつでも新鮮な気持ち」‥なかなか会えないからこそ、会えたときは嬉しいしいつでもホヤホヤのカップルみたいな気持ちです。

2.「サプライズが嬉しい」‥急に会いに来てくれるなどの予告なしのサプライズ!

3.「遠距離なので旅行気分」‥電車や新幹線、飛行機を乗って相手に会いに行くときは旅行気分になれますね。

4.「連絡をマメにとる」‥お互いがお互いをできるだけ寂しくさせないように連絡をマメにとるカップルが多いです。

5.「結婚を真剣に考えられる」‥いかに自分を大切にしてくれているのか、そういったことを考える機会が増えるそうです。

遠距離恋愛を終えて結婚したくなるには

いつまで遠距離恋愛をしていればいいんだろう‥、と彼からのプロポーズを待っている方に実践してみてほしいことがいくつかあります。

まずは、毎日適度に連絡をとることです。最低でも朝の「おはよう」寝る前の「おやすみ」を習慣化させましょう。そうすることによってお互い安心感が生まれます。

もう一つは自分自身頑張れることを一生懸命頑張ることです。

趣味や仕事など、頑張っている姿をさりげなく彼に伝えましょう。
仕事を頑張って経済的にも余裕ができ、自立していくと彼も自然とアナタのことを認めてくれます。頑張っている姿は素敵です。

更には彼のところへ会いにいったときには家事を頑張ることです。
さりげなく家事をすることで彼が結婚生活をしているような感覚になり現実味を帯びて
「結婚っていいなぁ」と感じてくれるはずです。

そして帰る際は少しはやめにするなど彼に「もう少し一緒にいたい」と思わせることも大切です。

ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの休暇のときはずっと会うのではなく数日間一緒にいて、ささっと帰ってしまうのも手です。

こういったことの積み重ねから、きっと彼は結婚を意識し始めてくれると思います。

結婚する際にぶち当たる壁

いざ結婚に踏み込んだけど、早速ぶち当たる壁がいくつも・・・

これは誰しも乗り越えなければいけません。

まずは金銭関係。今までは彼氏・彼女の関係でしたが結婚すると夫婦の関係になります。
今まで違った環境で育ってきた二人。ライフスタイルも違って当然です。
お金の使い道も考えなければならないのです。

そしてもう一つはお互いの親・親戚です。

自分たち自身は結婚について前向きに考えているのに、親・親戚が承諾してくれないことが多くあります。

自分たちがよければそれでよい!というのが結婚では通用しません。

親は自分の子がかわいいのは当たり前です。自分の子が幸せになってほしい‥自分の元から離れてほしくないから‥などといった理由で結婚について賛成してくれないケースもあります。

また、親戚が結婚する相手の悪い噂を聞いていて反対していることもあります。

ですが、自暴自棄にならず、時間をかけお互いの親・親戚に理解してもらいましょう。
こういった壁を乗り越えてこそ、絆が深まります。

親にどう説得するのか?

では親にはどう説得したら納得してくれるのでしょうか?

説得せず親の反対を押し切り結婚してしまうのは後々後悔してしまうことも多いです。

初めから結婚を反対されている場合は、話し合いの途中でイライラしてしまい、自分を見失い、親と衝突してしまうこともありますがそれは逆効果です。

「こんなことでまともに話ができないなんて結婚するには早い」など言われる可能性もありますよね・・・

そうならないように冷静になり親が何故反対するのかその意見をしっかり聞きましょう。

まずは聞く姿勢をとることです。きっとそれなりの理由があるのだと思います。

それを聞いた上で自分の意見を話しましょう。

そして焦らないことです。なかなか賛成してくれないからといって焦るのはよくないです。

じっくり話し合ったらきっと理解してくれるはずです。

自分がこの人と一緒になりたい、この人と一緒になると幸せになれる、など自分の気持ちをしっかり伝えましょう。何回でも伝えましょう。

「なんとしてでも説得する」という気持ちを常に持つことが大切です。

親に祝福してもらうには?

結婚するからには親や親戚など周りの人から祝福されたいですよね。

気持ちよく祝福されるために交際しているときから気を付けることがあります。

まずは段取りをきっちり踏むことです。

相手を紹介するときも、いきなり家に呼ばず親に話して心の準備をしてもらってから紹介しましょう。

いきなり遊びに来て適当に挨拶して‥という感じだと、いざ結婚の話になったときに、そのときの悪い印象が残っていてよく思えない、ということもあります。

また、お互いの印象をよくするために親の前では相手の悪口を言わないことです。

交際しているときに彼(彼女)の愚痴を親の前で話していると、その悪い印象が残っていることもあります。

ですが逆に日頃から彼(彼女)のいいところをさりげなく話しておくと、いい印象になり、結婚するとなったときも、気持ちよく賛成してもらいやすくなります。

交際しているときからいい印象をつけておくことは大切なので彼(彼女)の家へ行ったときも、相手の親とコミュニケーションをとっておくことは重要なことです。

関連記事はこちら

 - 結婚準備

ページ
上部へ