男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

重たい女子必見!好きな気持ちを抑える方法

      2016/03/18

重たい女子必見!好きな気持ちを抑える方法

彼氏が好き過ぎて、その気持ちを素直に表現していたら、彼氏に引かれてしまった、振られてしまったなんて経験のある女子に送ります。

脱重い女子!

彼氏が引く理由や彼氏が大好き過ぎる気持ちを抑える方法を解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


好きな気持ちを抑える必要のある女子の特徴

あなたは、自分が生活していて思いついた事があるとすぐに彼氏に伝えたい、共有したいと思いませんか?

その結果朝から晩までメールや電話の絨毯爆撃になっていませんか?

あなたは彼が「私がいないとだめな人」と思っていませんか?休みの日は彼の家に行って掃除や洗濯、食事をしてあげていませんか?

まだ付き合って間もない彼に自分の結婚観について語っていませんか?結婚式の内容や、子供の数、新居など自分の夢について一方的に話していませんか?

あなたは悲劇のヒロインになっていませんか?何か起こると全てが悪い方に解釈して、落ち込んだり、彼に愚痴ったりしていませんか?

あなたは彼に期待しすぎていませんか?クリスマスには洒落たレストランで食事にサプライズプレゼント、記念日は絶対忘れない事を相手に強いていませんか?

心当たりのある人は、彼氏に「重いなあ」と思われているかもしれません。

別れに発展する前に、少し自分を抑える事を学びましょう。

好きな気持ちを抑える必要はあるの?

人を好きになるというのは重要なことです。

その人のことで頭がいっぱいになったり、その人に喜んでもらいたくて、色々尽くしたり、それは決して悪いことではありません。

人としてとても大切な感情です。

それを人より多く持っていることは、誇るべきことです。

でもその気持ちを誰もが全部受け止めきれるかというとそうではないのです。

どんなにあなたが大切でも、毎日のように鬼のように来るメールを読んで返信するのは大変です。

というか読むだけでも大変です。

付き合って間もないのに、結婚の話をされてもまだそこまで気持ちがついていけない人が多いでしょう。

世話をしてくれるのはうれしいですが、恩着せがましいと息苦しくなります。

愚痴を聞くことは出来ますが、話の内容がそればかりだとさすがにうんざりしてくるでしょう。

人間ですから忘れることもあります。

あなたの記念日を人生の最優先にすることが出来ません。

あなたにとって彼は優先順位の1番であったとしても、彼の中ではいくつかあるうちの一つに過ぎないこともあります。

自分と同じことを相手に求めても返してくれるとは限りません。

彼を好きな気持ちを抑えるには?

彼以外にも何か夢中になれることを見つけましょう。

人間は暇だと碌なことになりません。

四六時中彼の事しか考えていなければ、同じ容量の思いを彼に求めて、返ってこないことが不満につながります。

しかし彼氏に言わせれば、人生の重要事あなただけではないのです。

だから何か見つけましょう。

もし何の趣味もなければ、海外ドラマは映画観賞などおススメです。

何の技量もなく、面白いものはあっという間に時間が過ぎます。

あちこちで名作映画100選のリストもありますので、名作映画を制覇するなんてするのもいいでしょう。

もっと実用的なものでしたら、料理なんていいと思います。

やはり料理が上手だと、女子力が高いとみられますし、男を捕まえるには胃袋からと言うように別の意味でも実用的です。

もう少しアクティブだったらヨガやエクササイズなど体を動かしてみるのもおススメです。

体を動かすとその分だけ、変な事を考える時間がなくなり、頭がすっきりして悩んでいるのが馬鹿らしく感じる事もあります。

自分に自信を持とう

彼氏を束縛したり、連絡を頻繁に取ったりするのは、自分に自信がないことの裏返しかもしれません。

自分に自信がないので、彼氏が自分から離れていかないか心配で束縛したり、彼にいつでも注目して欲しいからメールや電話の絨毯爆撃を行ったりするのです。

昔からよく言われていますが、男は逃げれば追うもの、追えば逃げるものといいます。

追えば追うほど逃げたくなるのも一つの心理です。

だから、まずは自分に自信を持ちましょう。

少し連絡がなくても、心にゆとりがあれば気になりません。

これぐらいでは別れないと判っているからです。

相手の連絡が出来ない状況を受け入れる余裕が出来ます。

とはいえ、いきなり自信をつけるのは難しいので、まずはできる事からやっていきます。

まず歩いている時は下を向かない。

前を見つめましょう。

そして胸を張ります。

たったこれだけですが、それだけでも気分は変わります。

次は笑顔を増やしましょう。

何か少しうれしいことがあれば、笑うことを心掛けてください。

少なくとも1日10回は笑えるようにうれしいことを探しましょう。

自分の気持ちをコントロールする

例えば夜中に寂しくなって、突然彼に会いたくなっても、いきなり家をたずねないでください。

相手は寝ています。

突然来られたらびっくりするでしょう。

明日もしかしたら朝早くミーティングがあり、出勤が早いかもしれません。

あなたが来たことで寝不足になったり、寝坊するかもしれません。

恋愛は一人ではできません。

常に相手が必要です。

そしてその相手は自分の生活があり、考えがあるのです。

それは恋人でも共有できる部分と共有できない部分がある事を学びましょう。

そして、自分の行動が相手にどう伝わるかを考えましょう。

多くの場合、あなたは自分の気持ちばかり相手に主張して、相手がどう思っているのか、どう感じているかに鈍感になっているようです。

自分の心をコントロールしましょう。

好きと言われて嫌な気持ちの人はいません。

ただそれも時と場合によるのです。

このタイミングでただ「好き」という気持ちを理解してといっても、あなたが相手の気持ちを理解していないのに、相手にそれだけ求めてもそれは無理というものです。

お互いを大切にするというのは決して思いを伝えるだけではないのです。

人に好意を持つというのは素晴らしい感情です。

その素敵な思いが「重い」に変わらないようにしましょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ