男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

驚愕!飲み会が苦手という女性は意外と多い?

      2016/03/18

驚愕!飲み会が苦手という女性は意外と多い?

大学のサークルや会社では結構、飲み会ってありますよね?

中にはそういう集まりは苦手っていう人、多いんじゃないですか?

男性の立場ではぜひ女性にも参加してほしいものですが、そもそも女性は飲み会って苦手なものなの?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


飲み会が苦手な女子のホンネ!?

飲み会が嫌いな若者は全体の56%!
忘年会やクリスマスなど、12月といえば1年でもっとも“パーティ”や“飲み会”が多いシーズン。だが昨年「第一三共ヘルスケア」が行った調査によると「会社の飲み会が嫌い」と答えた20代の男性サラリーマンは全体の56%だそう。若い世代における“飲み会離れ”はものすごい勢いで進行しているといえる。

だが、飲み会嫌いが多いのは20代サラリーマンばかりではない。

「気心しれない仕事関係の飲み会が大嫌い。特に最悪なのは立食パーティ!」と語るのは、独女のハナコさん(35歳・出版)だ。

「立食パーティに出ると、周りの輪に上手くは入れず必ずポツンとしちゃうんです…。手持ち無沙汰でやることといえば、料理とお酒をひたすらとって食べるのみ。できることなら参加したくないけれど、この年齢になるといろいろ付き合いもあるしそうもいかない。自分以外の人は一体どうやって上手くやり過ごしているんだろうかと思います」

一方「飲み会で上司にうまく気配りができないのが悩みなんです」と語るのは、若者世代のヨウコさん(25歳)。

「いわゆるお酌や大皿料理の取り分けといったことですね。『やらなきゃ!』という意識ばっかりしてしまい、全然楽しめません。しかもやろうと思ったら、別の気が利く同僚が先にやっていたりする。そもそも私はお酒がほとんど飲めないので、お酌のタイミングとか全然分からないんです。こんな風習、なくなればいいのに」

引用元-−-独女通信

飲み会の雰囲気がイヤという女性に意識してもらいたいこと!

■女子がウザイと思っている女子へ

飲み会で、まわりに男子がいると、必要以上にきゃあきゃあ騒ぐ女子って、

いつの時代にもいます。

それは、普遍的な女性の本能です。

あなたは、そんな集団から一歩下がって、

うんざりって感じで冷たく見ている側の女子ですか?

でも、別の視点から見えるあなたは、どうでしょうか。

「私はあんな風にばかじゃない」という軽蔑した表情が露骨に出ていたら、

やはりそれも、よい印象ではないですよね。

飲み会は、ある意味、男女の出会いの格好の場所です。

アプローチの方法もさまざまでしょう。

争奪戦もなかなか激しいです。

軽蔑せず、自分を省みる鏡としましょう。

飲み会は、社会勉強にもってこいの場所です。

■女子力を発揮する

飲み会の席で、意外と男子は、

女子の言動、立ち居振る舞いを見ているものです。

お酒が強くて、飲み会が大好きで、大トラになっちゃう女子、

あぶないあぶない!一夜明けたら、嫌われ者ですよ。

夜も更けるにつれ、だんだん乱れてくる飲み会、嫌ですよね。

こんな時こそ、女子力を発揮しましょう。

なにげなく料理を取ってあげたり、あいた入れ物を片付けたり、

さりげなく酔っ払いの絡みをかわしたり、

にこにこしているだけで好感度あがります。

注目されてちやほやされるばかりが、飲み会ではありません。

ここでこそ、自分の真価をかがやかせましょう。

引用元-−-Campus Magazine

飲み会が苦手な人の意識を変えてあげてみては?

新しい生活を迎えて
1月に成人式を迎え、お酒を飲めるようになった方たちもたくさんいるかと思います。

社会で仕事をしているとその所属するグループで親睦を深めたり、新しいメンバーの歓迎や異動する人たちを送る送迎会など、いろいろな形で集団でお酒を飲む、いわゆる「飲み会」が催されます。そんななか、お酒はきらいじゃないけど、あまりよく知らない人たちとの集団での飲み会は苦手という方もいるのではないでしょうか?

新生活での自分のあり方
春から新しい生活をはじめる人たちも多いと思いますが、そういう場合の飲み会は自分を歓迎しての飲み会だったりと主役的存在にならざるを得ない場合もあります。

そういう場合はただだまってお酒を飲んでいるのは許されないことも多いのではないでしょうか。たくさんの人の前で自己紹介をしなければならなかったり、グループの雰囲気によっては一発芸をするように求められたりすることもあるかもしれません。そういうノリがもともと大好きで、一発芸のネタもたくさんあるぞ!という方は心配はないでしょうが、もともとおとなしく、知らない人と話すのは苦手というタイプの方にはなかなかつらい場になってしまうことでしょう。
がんばりやさんでサービス精神がある方は無理して自分のテンションをあげて、なんとかその場をそれ風に切り抜けようとするかもしれませんが、あまり無理をして自分をつくると後々のそのグループ内での自分のあり方に無理が生じて疲れてしまうかもしれません。なのでなるべくありのままの自分でいることでいるのもいいのではないかと思います。

もちろん場の空気を冷たくしらけさせない程度の愛想は必要です。

引用元-−-U-NOTE

コミュニケーションが苦手な女性は当然飲み会も苦手と心得て接する!

飾る必要一切なし!ありのままの自分でまずは参加
飲み会というと、コミュニケーション能力が試されている場所と思えてしまいますよね。お酒を片手にいかにジョークを交わすか、女性であればいかに男性に可愛く思ってもらえるか、自分をアピールする場所でもあります。
合コンなどのプライベートならまだしも、職場の飲み会というと、飲み会が苦手な人たちにとっては尚更きつい状態に。

飲み二ケーションに慣れてないと、必死で面白いことを言おうとしたり、その場を盛り上げようとしてしまいますが、そんな努力は一切不要!
たとえお酒の場所であろうと、周りが盛り上がっていても、ありのままのあなたで参加することが何より大切。愛想悪く対応してしまっても、それはそれ、これはこれ。ジョークがいえる人=仕事ができる人とは限りません。
面白いことを言えなくても、優先順位をしっかりと立てながら効率よく仕事を進められる人は大勢います。飲み会にうまく馴染めないからといって、普段の頑張りまで否定してはいけません。
2次会に参加する義務もないので、仕事だと割り切って数時間だけ我慢し、適当に過ごしてしまうのもアリでしょう。仕事の延長だと思えば、我慢できるかもしれません。無愛想ながらも、とりあえず笑っておけば、仕事に支障は出ないでしょう。

引用元-−-TRILL

会社の飲み会で女性がうんざりしてしまうことにはどんなことがあるのか知っておこう!

PAK72_kirainajyousi20140810134221500-thumb-1494x1000-12022

■会社の飲み会でウンザリすることランキング(女性編)
1位 勤務時間外なのに拘束される (27.6%)
2位 強制参加なのに会費が高い (23.6%)
3位 プライベートをしつこく詮索される (17.8%)
4位 酒癖が悪い人が多い (17.6%)
5位 飲み会中なのに仕事の話をされる (16.4%)
6位 無礼講と言いながら、無礼講は許されない (15.6%)
6位 ウンザリすること、憂鬱に感じることは特に無い (15.6%)
8位 お酒が飲めないのに飲み放題料金を徴収される (14.8%)
9位 席を勝手に決められる (12.4%)
10位 セクハラ、パワハラ発言が多い (11.2%)
(※フルーツメール調べ)

「楽しくもないのに高い会費を取られた〜」なんて経験、あるある!
苦手な上司のご機嫌取りなんてまっぴら〜なんて経験、あるある!
でもこれも1年に1〜2回の辛抱だと思えば乗り切れる!?

引用元-−-Woman Insight

飲み会が嫌いな理由ワースト3!

上司にお酌をしなければいけないので、自分が楽しく飲むことができないから
本来、飲み会では、楽しくお酒を飲んで、楽しいお話をするというのが前提のはずです。
しかし、上司なども参加する会社の飲み会に参加すると、上司のお酒がなくなる前にお酌をしたり、食べ物を取り分けたりと、会社の人に気配りしたり、色々とあれこれ世話を焼かねばなりません。
このように気が休まらないということを飲み会が嫌いな理由として挙げる人も少なくありません。
仕事が終ってからも周りを気遣い、まるでお金のもらえない、サービス残業のようでもあると言えるので、会社の飲み会を楽しいイベントだと考えられない人も多いのです。

お酒が飲めないから
お酒を全く飲めない人にとっても会社の飲み会は辛い行事であると言えます。
お酒が飲めないのに、何度もお酒を飲むように言われたりして、その度に、自分は飲めませんと断るのも心苦しいものです。
だからといって、無理にお酒を飲んで具合が悪くなるという事態もさけたいという気持ちで、全く飲み会を楽しむというような気分にはなれません。
中にはお酒の場が好きという人もいますが、その一方で自分以外の人が酔っ払っているのに、自分だけがシラフでいるというのもあまり面白くはないと思っている人もいます。
もしかしたら会社の人間も滑稽に見えてしまって、翌日からの業務に差し障りそうでもあり、その飲み会の場にいる自分が一人浮いているような感じも不愉快に感じたり、つまらないと思ってしまいます。

酔っ払いの上司と話をするのが嫌だから
上司が酔っ払ってしまい、大人の分別などまるで感じられないその姿に失望してしまう人もいるようです。
また、そんな上司ほど酔うとやたらと説教をしたくなるもので、そのような上司の相手をするのも大変です。
よく挙げられるマイナスな点が、普段は真面目そうな上司なのに、お酒が入ると品がなくなり、セクハラまがいの発言や行動をする人が会社の飲み会にいる場合のようです。
そんな酔っ払いと会話したり、付き合うのが嫌で、会社の飲み会が嫌いな人も多いのだとか。

引用元-−-5セカンズ

飲み会嫌いを克服するコツってある?

1.話題を用意するのは必須!
ここで飲み会嫌いを無くすには、3つのポイントがあります。
1つ目は話題を用意するという点です。
飲み会が嫌いな方は「話題を振られたらどうしよう・・・」と不安になっているという特徴があります。
この不安に対処するには「話題を振られても大丈夫」な状態になっておく必要がります。
そのため飲み会や雑談をする機会があるときはあらかじめ3つぐらい話題を用意しておくことをおすすめします。
講師の私(川島)も何か飲み会や喫茶店で雑談することがあったら、あらかじめ3つぐらいは話題を用意しています。
「今日は昨日食べラーメンの話をしよう」
「そういえばYoutubeで面白い動画を見つけたから皆に話してみよう」
「来月旅行に行くからその話をしよう」
こんな感じですね。
話題を用意することで自分自身も余裕を持って飲み会へ出席できるようになるでしょう。

2.近くの4人ぐらいと話せればOK
飲み会嫌いな方は「たくさんの方と話さなくてはならない!」という思いに囚われてしまい、疲れてしまうという特徴があります。
例えば8人の飲み会なら6人としっかり人間関係を築かなきゃ!とプレッシャーに感じてしまっているのです。確かにたくさんの方と
お話することは成長につながるかもしれませんが、毎回このように考えていたら疲れてしまいますね。
飲み会は複数人であるほど自然と、ブロックに分かれるものです。
例えば8人の飲み会だったら、自然と2ブロックぐらいに分かれて、結局は4人ぐらいの会話になるのが普通です。
せいぜい4人ぐらいの飲み会なんだと気楽に考えると良いでしょう。

3.過剰なプレッシャーを自分にかけない
皆さんは飲み会に出ている時に、
「飲み会では会話の中心にいないといけない!」
「会話の中心に居るべき」
「絶えず空気を読まなくてはならない」
「相手をいつもよいしょしなくてはならない」と考えていることはありませんか?
これでは肩に力が入ってしまい、疲れ果ててしまいますね。
これらの考え方は心理療法的に認知の歪みと呼ばれるものです。
コミュニケーションのエラーはこれらの少し行き過ぎた考えによって引き起こされることが多いのです。
そこで飲み会で初対面の人とも楽しく過ごすためには、飲み会に対する「認知の歪み」を治すことが大事になってきます。
具体的には過剰なプレッシャーを自分にかけず、「現実的で柔軟な考え方」に修正していきます。

引用元-−-Direct Communication

関連記事はこちら

 - イベント

ページ
上部へ