男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

高校時代に戻れたら…!過去の恋愛で後悔していることがある?

      2016/03/18

高校時代に戻れたら…!過去の恋愛で後悔していることがある?

片思いを含め、高校時代の恋愛に思いを馳せた時、甘酸っぱい思いと共に

「あの時ああしていればよかった!」と後悔を感じるのは何故でしょうか。

実はこの思い、あまり女性は感じていないようです。

昔の恋愛を振り返り、懐かしみ、後悔してしまうのは一体何故でしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


高校時代の恋愛を振り返って感じることは?

Q.高校生時代の恋愛を振り返って「幼かったなあ」と思うことはありますか?
はい……174人(30.5%)
いいえ……396人(69.5%)

社会人男女570人に聞いたところ、約3割の人が高校時代の恋愛を「幼かったなあ」と振り返るようです。
では、どんな点を幼なかったと思うのでしょうか。
上記174人に「どんな点が幼かったと思うのか、そのエピソードなど」を聞きました。
回答をご紹介します。

●冬でもミニスカートで過ごしていたこと。(群馬県/女性/30歳)
「ミニスカは乙女の意地」などと言うそうです。

●好きな人に彼女がいることを知っていて、直球勝負で挑んで負けた。戦略がなさすぎた。(岐阜県/女性/25歳)
戦略を考えるようになると「大人」なんでしょうねえ。

●見た目重視。この考え方が幼すぎた。(東京都/女性/25歳)
見た目も大事ですよ(笑)!

●下校時に一緒に帰るのが恥ずかしくて、告白されたのに返答を保留していたら、フラれた。(千葉県/男性/32歳)
「恥ずかしい」という気持ちになるから幼いのでしょうね。

●自分のプライドが高く、彼に甘えられなかった。(東京都/女性/28歳)
上手に相手に甘えられるというのも、大人の恋愛テクニックのひとつ。

●どこでも自転車で行っていた。今では、絶対そんなことはしない。(岐阜県/女性/31歳)
健康的でいいと思います。自転車で30分や1時間の移動はラクラクでしたよね。

引用元-−-マイナビスチューデント

高校生の時、こんな恋愛がしたかった…!

■1:制服デート
「土曜授業が終わった後の制服デート
カフェ行ってプリクラ撮って
彼女の家まで自転車二人乗り」

「どんなに社会的に成功しても
ましてやたとえ世界征服したとしても
手を繋いで制服デートや、チャリ二人乗り下校は絶対にできない
100億積んでもできない」

制服デートは学生時代だからできること。現在の年齢次第ですが、今になってやろうとしても、見た目に無理がありますよね。下手をすれば周りに白い目で見られます。やりたくても、もうできないんです!
また、自転車ふたり乗りというシチュエーションに憧れている人も多数。夕暮れ時の坂道を、ふたりで他愛のない話しをしながら登っていく……、もちろん女子は横乗りで! ドラマでありそうなシーンです。

■2:友達に隠れて付き合う
「なんつーかクラスのみんなに隠して付き合う、つーシチュに憧れる
目で合図しあったり、机の下で足で合図しあったり・・・・
あああああああああhhdjjfjfjfgjkgjkgjg」
クラスのみんなに隠しているのは、知られるとみんなに冷やかされるし、なんだか恥ずかしいから。ふたりでヒミツを共有しているドキドキ感もいいですね。
大人になっても、オフィスラブなどで交際を隠さなくてはならないシチュエーションはありますが、なぜだかあの甘酸っぱい感覚はもう決して味わえません。

引用元-−-Menjoy!

男は学生時代の恋愛を引きずるもの?

「『100年に1度の恋』と思えたのはいつの頃の恋愛ですか?」と聞いたところ、男性では「中学生」が21%、「高校生」と「大学・専門学校生」がそれぞれ18%となり、学生時代に早々と「100年に1度の恋」を経験したと考えている人が多く、「小学生」と答えた人も11%いた。「社会人になってから」は18%、「現在の恋人・妻」は11%にとどまった。「叶いそうで叶わないような、不安ながらも期待してしまう緊張感たっぷりの恋」(高校生/16歳)とあるように、学生時代の純粋な恋に、今も酔いしれている男性は多いようだ。

女性でもっとも多かったのは「社会人になってから」の24%。次は「現在の恋人・夫」の22%で、男性の11%を大きく上回った。41歳の女性は「相手を思いやれる恋。ともに嬉しくなるような恋。お互い高めあっている恋…」と回答している。逆に「小学生」(7%)、「中学生」(13%)、「高校生」(10%)、「大学・専門学校生」(10%)ではいずれも男性の割合を下回っている。

調査結果から見えてきたのは、学生時代に経験した「100年に1度の恋」をなかなか”更新”できずにいる男性の姿と、常に”最高の恋”を楽しもうとする女性の姿だった。

引用元-−-マイナビニュース

高校時代にやり残したと後悔するのは何故だろう

JK92_aiaigasaegao20150208154720500-thumb-1799x1000-12151

・やり残したことがある
心理学には達成してしまったことより中断したことをよく覚えているツァイガルニク効果 というものがある。「夫婦関係が冷め切っている高収入の現在の夫よりも、貧乏だけど相性が良かった昔の彼氏と結婚していたら もっと幸せになっていたかもしれないな」 という過去を引きずってしまう妄想もこの無意識の心理で説明できる部分がある。 特に「友達として仲が良いけどあと一押しの恋のアプローチができなかった」 など、もう少し努力していたらうまくいっていたというパターンだとより強く印象に残る。 ギャンブルであと少しで大金が手に入った、宝くじで一番違いで外れたなども似たようなものでしょう。 「もっと頻繁にコミュニケーションをとっていれば恋人と長続きしていたかもしれない」 などもよくある思い込みです。 一度会ったきり、一回デートしてそれっきり次の約束は断られるなど、 人はできなかったこと、手に入らなかったものなどの過去を極端に美化したり、反対に酸っぱいブドウのキツネのように極端に貶めたりするのです。

・未来に希望が持てない
現状がうまくいってない人は将来に対して夢を抱けず、「あの頃は良かった」と過去を美化して後ろばかり振り返り立ち止まってしまいがちです。 不幸になるか幸せになるか、未来の事は誰にもわからないのですが、 過去の栄光があまりに輝かしいと、それが無くなった時のギャップで精神的にダウンしてしまいます。 自分の顔や見た目、能力や収入に自信が無い人や、年齢的に次の恋愛の難易度が高くなりそうな人はこの状態に陥りやすい。 この点は何も考えず頭すっからからんで、自由奔放、自分の思うままに生きている人の方が悩みも少なく幸福になれそうです。

引用元-−-恋愛tanu.com

昔の恋愛を引きずるのは男性脳のせい?

■男性脳は、昔の彼女の名前を忘れない
みなさんは、初恋の人の名前を覚えていますか? では、元彼の名前は? この質問をすると女性の多くは「なんだっけ?」とか「覚えていない」と答えます。
それにひきかえ、男性は「覚えている」と答える人が大半です。片思いだった彼女のことまで覚えているのですから、驚きですよね。

女性脳は、気にかけている人のことは、何年でも覚えていますが、気持ちが他へ移ると、きれいさっぱり忘れてしまいます。その一方で、男性脳は、気にかけた人の存在はずっと記憶に留めておく傾向があります。たとえば高校時代の憧れの彼女は、当時のまま記憶に残ります。

ですから同窓会で久々に会っても、彼女は高校時代の印象のまま。目の前をつぶさに見ない男性脳は、交際中の彼女の髪型が変わるような変化はあまり気になりません。むしろ、イリュージョンともいえる記憶の中の印象のほうが、実物よりも勝るのです。そのため、なんとなく昔の印象が残っていれば、若い頃の印象も蘇るというわけです。男性脳って、ありがたいですね」

最近、「別れて何年もたつ昔の彼から、ある日突然 facebookで友達申請がきた」という話をときどき耳にします。おそらく、昔のよかった頃の記憶に “思い出補正” がプラスされてノスタルジックになったがゆえの、男性脳ならではの行動なのかもしれませんね。

引用元-−-Menjoy!

男は昔の恋愛を”名前をつけて保存”する!?

女性は「昔の恋は上書き保存する」、男性は「昔の恋は名前をつけて保存する」とよく言われます。女性は今の彼や前の彼、誰か一人を強く思っていることが多いですが、男性は昔の恋愛のどれもが強い思い出になっているのです。
女性は子どもを産むこともあり、できる限り自分に尽くしてくれ、生きていく力の強い男性を選ぶ性質があります。そのため、彼氏ができた女性が元彼を嫌いになることが多いのも、一人で充分だからです。
しかし、男性は子孫を残せる可能性を上げるため、複数の女性に目がいくようになっています。元カノのことが気になるのは、男性の性質として仕方がないことなのです。
とは言え、昔の女性に未練タラタラな男性ばかりかというと、そうでもありません。「元カノのことはいい思い出だけど、今の彼女がもっと好き」という感覚の男性が多いです。

引用元-−-アメーバニュース

過去を振り返ってしまうのは、癒やしを求めているからなのかも

まず、男性がどんなときに昔の彼女に会いたくなるのかというと、それはズバリ現在の彼女とうまくいっていないか、もしくは振られたときです。

冒頭でも述べたように、恋愛に関して女性は未来志向。男性は懐古主義的なところがあります。たとえば昔の恋人と今の恋人を比較する場合も、女性は「あぁ、今の彼氏でよかった」と捉えるのに対し、男性は昔の彼女を美化する傾向にあるのです。

とにかく男性は昔を懐かしむことが大好きな生き物。その証拠に、歴史小説が好きなのは男性のほうが多いですし、「今の若者はけしからん。自分の若い頃は……」なんて説教するのも、おばさんよりおじさんのほうが多いのではないでしょうか。

また、名越氏によれば、男性は現実で何か問題に直面したときに、過去に癒しを求める傾向があるとのこと。

つまり、今の恋人とうまくいっていないとき、女性ならば彼ととことん向き合うか、もしくは新しい恋人に乗り換えるかという手段に出るのに対し、男性は「あぁ、こんなとき昔の彼女だったらなぁ……」などと思い出に浸りがちなのです。

引用元-−-ニコニコニュース

関連記事はこちら

 - 思い出

ページ
上部へ