男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

25歳くらいで結婚したいけど貯金がゼロ…どうすれば?

      2016/03/18

25歳くらいで結婚したいけど貯金がゼロ…どうすれば?

25歳を目標に結婚したいけど貯金が・・。

いざ結婚となっても今いくら貯金があるのか、あるいはどれくらいの費用がかかるのかまったく先の見えない状況では不安しかありませんね。

一般的に結婚に関してかかる諸費用はいくら必要なのか考えていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


25歳くらいで結婚するとなると貯金はいくら必要?

日本の独身女性が思う結婚適齢期は30歳前後だそうです。

少し前だと25歳くらいで結婚して30歳までに子どもを授かりたいというのが一般的でしたが、食文化や女性の社会進出などで日本も海外の先進国並みになってきたことで変化してるようです。

目標をもって婚活を進めていくにあたって大事なことは、やはり貯金がある程度必要ということですね。

たとえば25歳で結婚したいということであれば最終学歴が四年大学ですと3年間しか貯金する期間がありません。

お金持ちの人ならともかく普通のOLなどで生計をたてる限り働きながら貯金もしていくというのはそんなに安易なことではありませんよね。

やはり目標を掲げたのであればそれに向かって進むしかありませんから、貯金は生計の一部と考えて残ったお金を貯めるのではなく貯金したあとの残ったお金で生活をしていくというのがポイントになります。

でも、いろいろと無理な生計をたてると途中で挫折したりそれこそ病で倒れたりしたら元も興もありませんので、やはりできる範囲でということになります。

貯金して25歳までに結婚したい

女性が考える結婚時期は男が30歳で女が27歳、男性が考える時期は男女とも30歳だそうです。

25歳という年齢は人生のターニングポイントと考える方は多いと思います。

20代はいろいろな意味で今後の人生を考えたり計画を立てたり、自分の進むべき道を試行錯誤しながら決めていく人が多いですね。

若いときは貯金のことなど考えずにやりたいことをやる、みたいな日々を送る傾向があるのが普通です。

なかにはしっかり者もいて、もうそれこそ学生の時から貯金をして将来の結婚だとか、あるいは起業する方もいることでしょう。

いずれにしても貯金というのは財産であり、人生の保険でもあると言ってもいいかもしれません。

結婚したい年齢というのは男女で違いはあるにしても冒頭の結婚時期は現実のものとは違ってる気がします。

一般的に女性は精神年齢が男性より高いと言われていますが男性よりも女性の方が結婚に対する考え方は25歳でしたいというような意見が多いようです。

結婚が先か貯金が先か悩んでしまう・・

働き始めたときから結婚を目標に貯金をするという人は普通に考えればそんなに多くはいないと思います。

ある程度仕事をしていく過程でそろそろ結婚をしたいとか、なかには必要にせまられて結婚せざるを得ないという方もいらっしゃるでしょう。

若いうちにカップルとなった場合は結婚が前提であれば二人で協力しながら貯金を考えていけばいいわけで計画もたてやすいですね。

自分で結婚という目標をめざすのであれば、ある程度の貯金はあったほうがだんぜんいろいろな部分で有利になります。

男性が結婚前に貯金しておきたい金額は300〜500万が最も多く、これに対して女性が男性に求める貯金は500〜600万が一番多いそうです。

結婚願望は平均すると女性より男性のほうが高いようですので、女性が求める貯金額を男性が貯金するためにはやはりそれなりの年数がかかると思われますので男性の婚期も後ろになるのが理解できます。

できちゃった婚などは貯金をするヒマはないと思いますので、夫婦でよく話し合いをしながら可能であれば親から援助してもらうのも方法のひとつだと思います。

結婚は焦ってもなかなかいい結果はでないと思いますので、まずは経済的な余裕も考えてできる範囲で貯金をしてからというのが良策と言えるでしょう。

20代で結婚したい

未婚者の50〜70%は男女とも20代で結婚したいという願望があるそうです。

女性のほうが男性に比べると結婚に対する意識が強いということですが、20代と言っても約10年の開きがあるわけで、当然その中でも結婚願望の率は違いがあります。

早い時期に安定的な家庭を築きたいという意見が多いようですが、はたして若い時期の結婚で安定など手に入れることができるのでしょぷか。

経済的な部分はやはり重要な分野ではありますが、精神面では若いうちから安定している、という人はそんなに多くないはずです。

とは言ってもお互いお付き合いをして盛り上がってくれば必然的に結婚という二文字が浮かんでくるのはしかたのないことです。

最近はできちゃった婚がかなりメジャーとなって、なんか自慢げに公表している方も多いようですが、昔の人でもないですが厳格な方からみれば素直に受け入れられるものではないようです。

ともあれ、できちゃった婚は別として結婚を前提に付き合いをしているのであれば、後のことを考えて十分お互い話し合って悔いのない結婚生活を送るようにしていきたいものですね。

きたら徐々に重さを増やしていきましょう。

貯金が先か結婚が先か?

そろそろ結婚したいと思ったときに、まず頭を過ぎるのが結婚資金はいくら必要なのかということを考えてしまいますよね。

勢いで結婚する人もなかにはいるでしょうが、それはそれでそれなりに考えていけばいいわけで結果からということになるのでしょうか。

女性のほうが男性に比べ、結婚願望は早い時期を望んでるようです。

しかし、普通のOLやサラリーマンをしている限り若いうちから多くの貯金があるという人はまれなわけで、やはり結婚を目的に考えるならばある程度お金がたったら結婚というのが普通ですね。

結婚前の貯金はいくら必要なのかということを考えたときに一番多い意見は100万〜300万だそうです。

これは人によっていろいろ考え方が違うのでいちがいには言えないところもあると思うのですが、もちろん貯金はいくらでも多くあったほうがいいに決まってます。

結婚を目的で貯金を考えるならば余ったお金を貯金するのではなく、結婚貯金を決めて貯金をして残ったお金で生活をするというのがポイントです。

計画的な結婚を考えるならば若いうちは多少人生のリスクもあると思いますが、貯金があればやっぱりしててよかったと必ずなりますのでできる範囲でやっていきましょう。

関連記事はこちら

 - 結婚準備

ページ
上部へ