男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女が寂しいと言って泣く時にあなたはどうしますか?

      2017/02/28

彼女が寂しいと言って泣く時にあなたはどうしますか?

彼女を寂しがらせてはいませんか?

彼女が寂しいと言って泣いてしまったらあなたはどうしますか?

男としてどんな態度や言葉を示せばいいんでしょう。調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結局女性は彼氏を顔で選んでいる?男性の顔を重視する理由とは

女性が彼氏を選ぶときのポイントはいろいろありますが、やはり顔...

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

スポンサーリンク


寂しくて彼女が泣きだした!そんな時の対処法とは?

彼女が寂しいといって泣く場合、その原因は「会えない」ことです。

そのため、この場合の対処法は、彼女と会う時間を十分に取ることです。

もし、遠距離恋愛であったり、お互いの仕事を持っていてなかなか時間が合わない場合は、電話やメールで次に合う時の予定を話し合うと良いでしょう。

そうすることで、彼女の心境としては、会えなくて寂しいという現在の気持ちよりも、次に会うことに気持ちが向くので、寂しくて泣くことも少なくなります。

よく会っているのに、寂しいといって泣かれる場合は、一緒にいるだけで彼女に意識が向いていないことが考えられます。

一緒にショッピングに行っても、興味のない態度で彼女だけで買い物をさせたり、彼女に話しかけること無く、聞かれることには生返事ばかりなど、彼女からすれば、一緒にいるのに、自分に興味がないといった態度に寂しさを感じます。

いずれのケースでも、泣いていることを責めてはいけません。

彼女が寂しさを感じないようにコミュニケーションを取ることが大事です。

寂しがりな彼女を泣かせない為の接し方を経験者の声を参考にマスターしよう!

彼女を寂しさで泣かせないように接するにはどうしたらよいのでしょうか。

もし、付き合い始めであれば、女性は毎日でも会いたいと思うでしょうが、多くの場合、週末の1日だけしか会えないということもままあります。

そんな時、男性としては、女性に寂しさを感じさせないためにも、会った時は、精一杯の愛情表現を惜しみなくします。

例えば、「あえてすごく嬉しい」「君といると嫌なことをすべて忘れられる」「この日が待ち遠しくて、昨日から眠れなかったよ」など、思いつく限りの愛情表現をされると良いでしょう。

もちろん、言葉だけでなく、態度で示すのも効果的でしょう。

こうした愛情表現は気恥ずかしく感じるかもしれませんが、女性に限らず、愛情は言葉や態度で表さなくては伝わりません。

逆に、きちんと伝えることができれば女性は安心しますし、女性からの愛情表現もあなたに返されます。

そのやり取りでお互いの仲も深まります。

こうすることで、次に会う時までこうした愛情表現を思い出して寂しさを紛らわすことができるので、寂しくて泣くことは減るでしょう。

寂しがりな彼女がすぐ泣いてしまう?それだけあなたに依存してるんです!

寂しがりな彼女がすぐ泣いてしまう場合、其のようなことが考えられるのでしょうか。

寂しがりというだけあって、少しでも会わないとすぐ寂しくなってしまうということでしょう。

それをもう少し掘り下げて考えると、あなたに依存していると言えます。

この依存しているという感情は自覚がないことも多いです。

おそらく、あなたなりに、彼女を寂しくしないように会う時間を増やしたり、会っている時は出来る限り愛情表現をしていることでしょう。

それでも泣かれる場合は、彼女があなたに依存していることを考えたほうが良いでしょう。

彼女の状態としては、「自分は大事にされていない」「いつか別れを切り出されるのではないか」「この人が居なくなったら、どうなるかわからない」など、あなたがどんなに優しくしようと、こうした意識が払拭できない状態です。

そこで、彼女に3歳児の自分を想像してもらいます。

その3歳児に「大丈夫だよ」「いつもそばにいるよ」「愛しているよ」「大好きだよ」と声をかけてもらい、その表情を想像してもらいます。

可能であれば、抱きしめているシーンを想像してもらいます。

これを2週間、毎日10分程度続けると、女性の意識も変わってきます。

男性は、それを応援する程度で見守ります。

女性の意識が変われば、あなたに依存する気持ちも薄くなり、すぐ泣くことも減るでしょう。

寂しくて泣く彼女に言ってはいけないこと・言ってあげるべきこと!

寂しくて泣く彼女に言うといいことと、言ってはいけないことがあります。

言うといいこと

・会えなくてごめんねと言って、彼女を気遣います。

・今度会う時は、あそこに行って、これを食べて、など会う時のことを話します。

・自分も会えなくて寂しいということを素直に言います。

自分も彼女と同じ気持ちであることをアピールします。

言ってはいけないこと

・仕事で忙しいんだから無理を言うな。

というように頭ごなしに言ってはいけません。

・泣いてもしょうがないだろう。

というように、つっぱねるような物言いをしてはいけません。

・迷惑そうにしてはいけません。

寂しくて泣いているので、優しい言葉をかけてあげましょう。

また、泣かれるのが鬱陶しいと思う男性は、少し見方を変えてみましょう。

寂しくて泣くということは、それだけあなたのことが好きでたまらないということです。

そう思うと彼女のことが愛おしくなるでしょう。

会った時は、出来る限りの愛情表現をします。

ハグするのもいいでしょう。

そうすることで、寂しかった彼女の気持ちに最大限報いることになります。

遠距離恋愛で寂しさ倍増!もしかして寂しさのあまり浮気なんてことも?

女性は寂しさを埋める方法を、他の男性との浮気に求めることがあります。

例えば、遠距離恋愛で月に1回会うだけで、メールや電話も間が空きがちな場合や、例え同じ地域に居たとしても、お互いの仕事が忙しくて予定が全然合わない場合など、多くの女性は寂しさを感じます。

加えて、多くの女性は「構って欲しい」「大事にして欲しい」と思っています。

こうした感情を満たすために、他の男性を求めることがあります。

もちろん、あなたのことは、結婚まで考えていて、一番大事な人なのかもしれません。

しかし、寂しさや構って欲しいという感情を満たすには、会う時間が短すぎるあなたでは間に合わないと思う女性がいることも事実です。

そのため、女性は、自分が欲しい愛情を他の男性からもらうことで埋め合わせをしようとしてしまいます。

その結果が浮気となります。

彼女に寂しさを感じさせていると思う男性は、彼女が浮気に走らなくてもいいように、出来る限り会う時間を増やしたり、メールや電話を使ってコミュニケーションを取ると良いですね。

関連記事はこちら

 - 悩み・相談

ページ
上部へ