男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

遠距離恋愛の彼女と喧嘩したら仲直りは早くしましょう!

      2017/03/06

遠距離恋愛の彼女と喧嘩したら仲直りは早くしましょう!

遠距離恋愛している皆さん!

相手が近くにいないだけに何かと心配ですよね!

そんな彼女と喧嘩してしまったら、出来るだけ早く仲直りした方がいいと思いませんか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


遠距離恋愛のカップルには上手な喧嘩の仕方があります!

遠距離恋愛は気軽に会うことができなきぶん、2人の中でのルールを明確に決めておくことが必要です。

そんなに堅苦しくルールを決めるとよくないと思うかもしれませんが、遠距離恋愛では普通の恋愛のルールは通用しないのです。

近距離恋愛なら喧嘩して数日お互い連絡しなくとも会いに行って言葉も交わさずに仲直りできますが、遠距離恋愛では不可能な場合が多いですよね。

そのため喧嘩をしても必ず毎日生存確認のメールだけは送る、そんなしっかり取り決めをすることができて、ルールを守れるカップルが遠距離恋愛を乗り越えて結婚できているようです。

遠距離恋愛では些細なことが喧嘩の原因になることも珍しくありませんよね。

アンケートによれば、喧嘩の原因の上位にメールが発端という理由が挙げられました。

どうしても遠距離恋愛において主な連絡手段がメールという文字のやりとりになってしまうので、例えば彼がとても悩んでいたり、忙しくしていることに気づかなかったりします。

文字だと言葉のニュアンスや真意が伝わりにくく、誤解が生じてしまうことから喧嘩になりやすいんですね。

対面して話すときと比べると、文字での情報伝達は3割しか相手に伝わらないという結果が報告されていますし、遠距離恋愛を成功させるためには、文字で大事な話をすべきでないと思います。

遠距離恋愛では喧嘩は付き物!?じゃあ喧嘩になりにくくしてみよう!

ケンカになりにくくする、ケンカをしないようにするには相手の話を覚えておくことで、ケンカをする確率は格段に下がります。

どんなに些細なことでも相手の言ったことを 覚えておくようにしましょう。

相手の言ったことを覚えておくのは大事、とよく言われますが、同じケンカを繰り返さないようにするためにもケンカの内容を頭の片隅に入れるようになって実際に回数が減ったという声もあります。

遠距離恋愛においてそうした衝突は取り返しのつかない大きな出来事にも繋がります。

どうしてケンカになってしまったのか、どうして彼女が怒っているのかなどをしっかりと覚えておけば、自然と良好な関係が築けるはずです。

どうしてもケンカしてしまうと仲直りする方法を覚える、という方向に考えがちですが、そうではなく相手とケンカしないことを第一に考えて生活出来ると良いですよね。

ケンカしたほうが仲が良い証拠ともいいますが、ケンカしないに越したことはない・・・というのが本音ではないでしょうか。

遠距離恋愛で喧嘩しないでハッピーにお付き合いするコツ、トップ3!

週に一度はスカイプで

遠距離恋愛カップルにとって現代のテクノロジーはかかせませんね。

声が聞きたくなったらボタンひとつで会話できますし、相手の顔をみたくなったらスカイプを利用しましょう。

たとえ遠い場所で生活していたとしても、画面越しに顔を見るだけで寂しさは多少和らぎます。

メールや電話だけでは伝わらない気持ちも素直に言えそうですね。

メールで欲求不満解消

遠距離恋愛の難しさは直接お互いに触れられないことにもあります。

また恐ろしいことに遠距離恋愛中の浮気率は約5割というアンケート結果も・・・。

そんな寂しさと不安に打ち勝つのは至難の業ですよね。

恥ずかしい気持ちがあってもたまには本音をこぼし、会えない寂しさを二人で共有すれば二人の絆もより一層深まります。

喧嘩のときは10分ルール

喧嘩をしないカップルはいませんが、顔を合わせられない電話越しの喧嘩は仲直りが大変です。

そのため遠距離カップルに大喧嘩は禁物、もし喧嘩になりそうだと思ったら、まず会話を止めてお互い冷静になりましょう。

10分後にまた電話をかけ、落ち着いて自分の気持ちを伝えます。

話し合いで解決するしか方法がない遠距離カップルは、ケンカした時こそ冷静さを保つことがポイントです。

遠距離恋愛でよくある喧嘩の原因について知っておきましょう!

なかなか会うこともできず、 少しも喧嘩したいとは思っていないのに・・・それでも起きてしまう喧嘩の原因は、ずばり嫉妬と不安でしょう。

文字のやりとり、電話で顔を見ていない分、余計に相手の気持ちが分からず心配になる事もあると思います。

一緒に過ごしていれば、喧嘩のネタはたくさんありますが、一緒にいなければ喧嘩の回数も少ないだろう、そんなこともありませんよね。

会ってないのになぜ喧嘩になるのか。

それは「嫉妬」と「不安」が主な原因といえます。

約束していた時間に連絡をくれなかった、これが原因で喧嘩になったとします。

しかしここでの怒りポイントは「電話をくれなかった事」ではなく「私との電話以上に大切な用事って何?」という嫉妬なのです。

私よりも優先して何をしてたの?誰といたの?

と、どんどんネガティヴな思考になり不安に襲われます。

遠距離恋愛では電話や連絡の約束がデートのようなものですから、腹が立つのも仕方ありません。

ついに喧嘩別れ!?遠距離だからこそ一刻も早く仲直りして復縁しよう!

さまざまな要因で別れを選択するカップルがいますが、そのなかでもケンカ別れほど後悔の残る別れ方はありません。

ケンカした時はお互いが感情的になっていふため、売り言葉に買い言葉で後に引けず「先に謝ったほうが負け」という気持ちもありますよね。

しかしケンカ別れしちゃったけどやっぱりまだ未練がある、仲直りしたいと思ったら即行動するべきです。

ケンカの時はお互いに相手が悪いと思ってるから起こることですが、そのままの気持ちでは復縁はできません。

復縁したいのであれば、自分にも非があるかもしれないという事実をきちんと受け止めることから始めましょう。

心の中で相手が悪いと決め付けているうちは復縁したところで上手くはいきません。

こんなこと言われたと根に持っていても、案外自分もひどいこと言ってたりするものです。

言わなきゃ良かったと後悔することもありますが、感情的に高ぶってしまったからだと思って冷静になりましょう。

本当にやり直したいのなら意地を張ってる場合ではありません。

つまらないプライドなんて捨てて相手の気持ちが少し落ち着いたのを感じてから、ケンカのきっかけとなったことについて謝りましょう。

関連記事はこちら

 - 遠距離恋愛

ページ
上部へ