オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

手遅れになる前に!彼女に寂しい思いをさせないメールの送り方

2015.5.8

男性はメールが苦手だったり、彼女よりも仕事や友人を優先してしまいがち。

だからって彼女に寂しい思いばかりさせていると、手遅れになって別れを切り出されてしまうかも!

そこで今回は彼女に寂しい思いをさせないメールの送り方をまとめました。

女性にとってはメールに返事をすることは常識

女性達の多くは自分の所にメールが来たら、それに返信するのは当たり前だと考えています。

メールをもらったのにそのまま放っておくということは彼女達にとっては考えられないことなのです。

ですから女友達との間で、時間を忘れてメールのやり取りをしているうちに夜遅くになってしまったとか、10通も20通も際限なくメールの送受信を繰り返すことなどは、彼女たちにとっては日常茶飯事のことになっています。

向こうから問いかけられたら、それにはきちんと返事をするのが普通のことだと思っているので、メールのやり取りを終わらせる機会さえ逃してしまうことだって珍しくはないようです。

それほどまでにメールというのは、女性たちにとって重要なコミュニケーションツールとして欠かせないものとなっているのです。

しかしこうしたメールに対する意識は、男性達は持ち合わせていないようで、メールに返信しないでいたら、彼女が機嫌を損ねてしまったなどという話もあります。

メールを送信なかったというだけで理由を問い質してくる彼女に対して、理解に苦しむ男性もいるかもしれませんが、それこそがメールに対する男女での考え方の違いなのだと言えるのです。

彼女に寂しい思いをさせていると浮気される危険性もある

彼女から話を持ち掛けられた時には、きちんと耳を傾けるなど、普段から二人の間の意思疎通を大事にするように心がけているでしょうか?

いくら「彼女に浮気なんてさせないぞ」と思っていても、どんな話でも打ち明けられるような関係を築き上げていなければ、彼女の方では寂しい思いに突き動かされて、他の男性に心を移してしまうことだってありうるのです。

女性達を対象に行ったある調査では、71%もの人が「浮気をしてみたいと思うことがある」と答えており、実際に浮気の経験をしたことがあると答えた人も64%いたそうです。

この結果からも分かる通り、最近は彼氏がいるにも拘らず、他の男性に接近してしまう女性も目立って増加しているのです。

しかも女性が浮気する時は、男性のように簡単に馬脚を露すことはしないので、「俺の彼女は大丈夫」などと男性としてもうかうかしていられないはずです。

彼女に対する気配りを忘れ、扱いを疎かにしていると、彼女の方では寂しい思いをすることになり、それが浮気に結び付くことがあります。

ですから現に交際しているからといって、それだけで安心してしまうのは早すぎると言えます。

彼女へのメールの回数や内容をチェック

メールの数と相手への親近感とは正比例するものだと思います。

「そう言えば、このところ自分から彼女にメールを送っていないよな」と感じたら、是非こちらから送信してみましょう。

それがたった一通のメールであっても、普段あまりメールを送ってこない彼の方から連絡があれば、彼女の気持ちを明るくさせることができると思います。

又、メールの内容も相手のテンションを低下させないように気を配りましょう。

そのためにはこちらから相手の様子を尋ねたりして、自分の彼女に対する興味を失っていないことを分かってもらえるような文面にするのがポイントです。

「色々と慌ただしかったみたいだね」「それはハードだったんじゃないのか」などといった言葉を時々でも良いので、かけてあげれば彼女も自分に興味を持ってくれていると受け止めるでしょう。

逆に返信をしても「そうなんだ」「ふーん」などと一言だけで片付けてしまっては、向こうも拍子抜けしてしまうでしょう。

手抜きとしか思われないようなメールを送信することは控えて下さい。

彼女に寂しい思いをさせない第一歩

よく女性たちの間から「自分からメールを出さなければ、何時まで経っても彼の方から送信してこない」というぼやきが聞かれます。

そのため何時もこちらから連絡を取っているという女性も多いようですが、男性としては彼女を安心させるためにも、せめて週に一度くらいは自分からメールを送ってあげるべきです。

彼女のことが思い浮かんだ時に「頑張って働いているよ」とでも送信してあげるようにして下さい。

たとえ、それがすぐに変換できるように予め辞書登録しておいたものであって構わないし、その後のやり取りだって必ずしも続けなくても良いのです。

とにかくメールが来れば、彼女だってきっと元気づけられると思います。

もっとも仕事で疲れているのなら、無理をする必要はないでしょう。

男性の中にも仕事が暇な時には盛んにメールを送信する人もいます。

しかし、今は時間的に余裕があっても仕事の量が増えれば、そんなにメールを送ることもできなくなるはずですし、女性の方でも仕事が暇でメールするくらいなら直接会いたいと思うでしょう。

彼女を安心させるために、仕事の後で電話するという方法もありますが、それも毎日続けるのは大変ですし、若し続けられなかった場合には彼女はがっかりしてしまうでしょう。

「どうして電話してくれなかったの?」「続けるなんて無理だったのだよ」と詰め寄られてしまうかもしれません。

彼女が胸キュンするメール

暫くの間彼氏と会う機会がなく落ち着かない気持ちでいた時に、彼の方から「会えなくても気持ちは繋がっているから」というメールが届くと、彼女の側ではそれまで心配していた想いも一気に晴れると言います。

もっとも、この手を何度も使うと彼女を安心させる効果も薄れてくるので、小出しにして使うのが良いでしょう。

ずっと会えなくても今度会うことが決まっているのなら、カウントダウンをするように「あと何日したら会えるね」といったメールを送るのも、彼女の心を掴むのに有効な方法です。

そんなメールを受け取ると女性は「会えなくても私のことをずっと気にしていてくれたんだ」「彼の方でも会うのを心待ちにしてくれているんだ」と感じるのだと言います。

尚、カウントダウンのメールを送信するなら、その日の1週間くらい前から始めるのがベターです。

それよりも前、例えば1か月くらい前から始めると、受け取る方もワクワク感が薄れてしまうからです。

又、たった一言であっても、それが率直な思いの伝わる言葉であれば、女性の心を強く突き動かす力があります。

「寂しいよ」「顔を見たい」と言った言葉は、簡潔ですが、それだからこそ受け取った女性の方は本人がそこに込めた様々な思いを読み取ることが出来るのでしょう。

ただ、簡潔な言葉で思いを伝えたい時に顔文字や絵文字を使うと、それが邪魔になるのか気持ちが伝わりにくくなるそうです。

 - 会話・連絡・話題