男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

合言葉は”平常心”!告白の返事を待つ間の過ごし方

      2017/03/06

合言葉は”平常心”!告白の返事を待つ間の過ごし方

一世一代の告白!なのに、答えは「少し考えさせて」

そうなった時、ひどく落ち込んで「もうこの恋はダメなんだろうな…」「生殺しだから、ダメならさっさと振ってくれよ」と悲観的になっていませんか?

それは大きな間違いです!

「考えさせて」の言葉の裏にある彼女の気持ちを知って、男らしく返事を待ちましょう!

合言葉は”平常心”ですよ!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


「返事は考えさせて」にこめられた意味とは?

やっとの思いでずっと秘めていた胸のうちを告白したのに、相手から返ってきた答えが「考えさせて欲しい」だとしたら、がっかりするのも無理はありません。

しかし相手も本当に交際をする気がないのなら、告白された時点ではっきり断っていたのではないでしょうか。

むしろ「考えさせて欲しい」という返事は、告白してくれた人を憎からず思っていることの表れとも受け止められます。

すぐに返事ができないのは、相手の頭の中で色々な思いが交錯しているためでしょう。

例えば、今はまだ異性と交際することは考えていなかった、他に想いを寄せている人がいる、友達として付き合っていた人から告白されて戸惑っている、突然の告白だったので驚いた、といった事情が考えられると思います。

告白された側とすれば、その人と付き合うのか、それとも次の機会を待つのか、どちらが自分にとってよりプラスになるのか考える時間が必要なのです。

相手は付き合うことで得られるメリットがあるのか、告白してくれた人のことを見極めようとしている、という言い方をしてしまうと、打算的な感じになってしまうかもしれません。

しかし「考えさせて欲しい」という言葉には、この思いがけないチャンスが自分の人生を実り多いものにするためにどういう方向に導いてくれるのか、落ち着いて見定めたいという気持ちがあることを理解してあげましょう。

告白に対して、すぐに返事ができない彼女の理由は?

告白されたのに女性がすぐに返事をしようとしない背景には、主に次のような事情があると思われます。

まず、その告白が本当に予想外であった場合です。

それまで男性から告白されたことのない女性や、友達としてしか見ていなかった男性から思いを告げられたケースがこれにあたるでしょう。

そうした時はどのように返事して良いのか戸惑っているので、とにかく冷静になってから対応するためにも返事を保留しようとしているのです。

又、実際にはその女性には既に交際している男性がいるとか、今の彼との間で別れ話が出て関係が泥沼化しているということも考えられます。

それを知らずに告白してくる男性が現れたら、彼女としても困惑するでしょう。

一方で、現在付き合っている彼氏はいないけれど、好きな人が他にいるということもあり得ます。

しかし、その人と交際できる可能性が薄かったり、告白してくれた男性のことも悪くないと感じていたら、どちらを選ぶべきか悩んでしまうことになるでしょう。

更に、仲の良い友達が思いを寄せている男性が、友達でなく自分に告白してきた場合もそうでしょう。

友達が憧れていても、自分は特にその男性に好意を持っている訳ではないというのなら悩むことはないと思いますが、自分でも気になっている男性であれば、友達と彼のどちらを取るかの苦しい選択を強いられることになってしまいます。

最後に、男性としては脈があると見込んで告白したのに、意外にも相手が即答を避けたといったこともあります。

こうした場合には、すぐに交際を承諾してしまうと軽率な女性だと思われそうで、それを避けたいがために少しじらしておこうという気持ちが働いているのかもしれません。

告白の返事をすぐに返せない他の理由にはどんなものがある?

全然知らない人から交際を申し込まれれば、誰であれ普通はお断りするに違いありませんが、知り合いでも友達でもなくそれまであまり交流のなかった人から告白されるということがあります。

その際に返事は暫く待って貰いたいと答えたら、それは告白してくれた人についてもっと知るための時間が欲しいのかもしれません。

あまりよく知らない人に対してこうした返事をする場合には、現在他に好きな人がいる訳でもなく、交際相手もいないところへ、思いがけず自分を好きだと言ってくれる人が現れたことを好意的に受け止めてくれている可能性があります。

返事を待って欲しいというのも、その人のことを調べるための準備をしたいからだと思われます。

又、それまで付き合っていた人と別れた直後に告白された時にも、こうした返事をするケースが多いようです。

若し別れた直後に別の人との交際を始めれば、周りが自分をどう思うか気になるし、そもそも想いを新しい人へと切り替えるのは、そう簡単なことではないはずです。

そんな人でも自分への思いを告げられたらやはり嬉しいに違いないのですが、余程したたかな人でもない限り、気持ちの整理がつくまでの時間が必要となるでしょう。

かと言って、告白した人にもチャンスがない訳ではないので、そうした事情を理解して待ってあげることが大切です。

返事待ちの状態で、成功率を上げるためにできることがあった!?

告白してから相手の返事を待っている間にも、良い結果を得るために何かすべきことはないのでしょうか?

結論から言えば、

  • 告白したことやそれに対する返事の話には触れないでおく
  • それまで通りの態度を貫く
  • できるかだけ笑顔で接するようにする

という3つの点を守ることが一番良いと思われます。

告白された側からすれば、どうしても返事のことが頭から離れなくなってしまいますが、告白した側までぎこちなくする必要はないのです。

告白前と同じような自然な様子を貫くべきで、むしろ向こうが拍子抜けするのではないかと思えるくらい何事もなったようにしている方が良いのです。

そして、相手が返事をするまでは連絡もこれまで通りのペースで取り合うようにしましょう。

又、告白前からよく一緒に出掛けるような間柄であったのなら、好きなコンサートやイベントなどに誘ってあげるのも一案です。

ただ、相手はこれまで以上に告白してくれた人のことを意識して見るようになるため、なるべく笑顔を絶やさないようにして、明るい雰囲気作りに努めるのが良いでしょう。

笑顔というのはそれだけで人を引き付ける力があるからです。

同時にそれまでに引き続き、自分の長所を知ってもらうための努力も忘れないようにして下さい。

若し、この人と交際を始めたら楽しく過ごせるのではないかと相手に評価してもらえれば、承諾の返事が貰える可能性も高くなると思います。

逆に、返事の話を持ち出すことは避けて下さい。

急ぐようにと催促するのは勿論、それとなく仄めかすのもいけません。

どういう返事をするかは相手に任せ、結論を出すまで時間が欲しいという気持ちを大事にしてあげるべきです。

告白した側としては自分の度量の大きさを示すためにも、落ち着いた態度で知ることが大切なのです。

反対に、返事待ちの間に絶対にしてはいけないこと4つとは?

相手からの返事を待っている間に、告白した側が次のような行動をとってしまうと、良い返事を貰える可能性が格段に低くなってしまうので、注意すべきです。

1.告白後に相手への態度を変えてしまう

自分の気持ちを伝えてしまうと、気恥ずかしくなってしまうのは分かりますが、妙に意識しすぎてぎこちない態度でいると、相手を不安な気持ちにさせてしまいます。

特に会社や学校が同じ場合には会う機会も非常に多くなるはずですが、それでも会った時にはこれまで通りの態度で接し、できるだけそれ以前と変わらない関係を装うべきです。

2.早く返事をくれるように催促してしまう

相手は考える時間が必要なので返事を待って欲しいと言っているのですから、待つべき時期に返事を執拗に促したり急がせたりすれば、却って鬱陶しい人と見られてしまいます。

返事を知りたい気持ちが抑えきれなかったためであっても、こうした催促をすれば嫌がられる可能性の方が高くなってしまいます。

持ちきれないかもしれませんが、良い結果を得るためにもここは我慢のしどころです。

3.やたらと連絡を入れてくる

これは②と関連しますが、相手の様子が気になって何かと連絡を取りたがる人がいます。

連絡してくる回数がそれまでにも増して多くなって来れば、相手も返事の催促をしているのと同じだと感じてしまうはずです。

告白を受けて、自分の気持ちと真面目に向き合ってから返事を出したい相手には時間が必要なのです。

ですから、告白した側としては時間を与えるためにも連絡の回数を減らすくらいの配慮が欲しいところです。

むしろ自分からは連絡しないくらいの気持ちでいた方が良いかもしれません。

4.周囲に聞き取りなどして探りを入れる

たとえ返事が遅れても、相手の動向を探り出そうとするのは禁物です。

相手が自分についてどう語っていたのかを周囲の人から聞き出そうとするのは、陰で噂をしているのと大差ありません。

相手としては不快に思うはずですから、こうした行動は返事を催促するよりも問題だと言えます。

落ち着かない気持ちを抑えられなくても、探りなど入れずに静かに返事を待つべきでしょう。

関連記事はこちら

 - 告白・口説き方

ページ
上部へ