オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

LINEで好きな人に告白!!成功させるにはどうすべきか?

2015.5.14

今やLINEは日常生活の一般的なコミュニケーションツールになりました。

そのLINEでいざ好きな人に告白する時はどのように伝えるべきなのでしょうか?

好きな人とLINEする頻度

好きな人とは毎日でも連絡していたい、そう思ってもメールを送る頻度は週1日〜3日くらいにしておきましょう。

なぜならメールはたくさん送り続けても好感度が上がるわけではないから。

多く送って好きになってもらえるなら誰も苦労しませんよね。

相手だって忙しいかもしれませんし、迷惑にもならない無難な数といえるでしょう。

画像を送ったりラインではスタンプを送ったりできますが、メールは基本的に文字でのやりとりしかできませんから、たくさんやりとりをすることで妙な誤解を生む場合もあります。

当然互いの顔や表情も見えませんし、声を聞くこともできませんよね。

つまりメールやラインといった文字のやりとりだけで好きな人の気をひくのは難しいと思っていたほうが良さそうです。

文字だけで相手を惹きつけるには相当の努力と工夫が必要になります。

日頃からなんでもないメールを送りあえる間柄ならまだしも、まだそれほど親しくはない特定の異性であればなおさら難しいんです。

好きな人に送るLINEの内容

好きな人へのメールは慎重に送るはず、しかし堅苦しすぎてもぎこちなくなってしまいますし、返信しやすいようにする工夫も必要です。

疲れをねぎらうメール

仕事でくたくたの日に届いた「今日も1日お疲れ様!」という癒しメールに弱い女の子は多いようです。

気になる女の子がいつも遅くまで勉強や仕事に励んでいるのであれば、終わる頃の時間に合わせて送ってみると喜んでもらえるかもしれません。

楽しい時間を約束するメール

「また明日ね!」また次がある、そう思われせるメールの切り上げ方をしておけば、翌日もまたメールを送る口実にもなります。

カップルではないけど、なんだかテンションがあがる!というように、こうしたニュアンスのメールが届くとうれしいという女の子も。

女の子を気遣うメール

踏み込み過ぎは厳禁ですが、「今日調子悪そうだったけど無理しないようにね」そんな気遣いにやさしく見守ってくれてる感じがする、と好感を持たれやすいようです。

勉強や仕事、アルバイトや習い事など、いろんなことをかけ持ちしている女の子に刺さりそうですね。

好きな人からの脈アリLINE!!

特に送らなければいけない理由もないただの挨拶や、何気ない日常の報告など、そんなゆるいLINEが女性から来たら脈ありとみていいのではないでしょうか。

一旦やりとりが終わったLINEの翌日に、そんな何気ない内容がきたら間違いなさそうです。

前日寝落ちした流れでくる場合は、なんとなく連絡を返してくれているだけの可能性もあるので時期尚早かもしれません。

そんな場合は慎重に判断したいところですね。

彼女が自分をどう思っているのか、日頃から連絡を取りたい相手だと思われているのか、脈ありかどうかの判断が難しい場合は一度やりとりを終了させてみるのも一つの手です。

LINEで連絡を取っていればら、グループLINEと個人LINEが同時進行することもあります。

そんな時に自分とのLINEの方を優先して返信してきたら、その時は脈ありの可能性が高いかもしれません。

みんなで話すよりもあなたと会話している方が楽しいと感じている証拠ですよね。

そもそもLINEで告白はアリなのか?

LINEでの告白について女性の意見は賛否両論。

まずは肯定派女子の理由から見ていきましょう。

LINEを介した告白はあり、そう答える方に多い意見としては「そういう時代だから」というもの。

確かに現代ではLINEによるコミュニケーションがほとんどかもしれません。

手紙やメールと同変わらず、言葉で伝えてくれということが大事なので形ではなく想いを確かめたいというものです。

ロマンチックな夜景の見えるところでとか、素敵なレストランのディナーで、なんて演出よりも正直な気持ちをまっすぐに伝えてほしい。

そんなさっぱりした女性が多いのかもしれませんね。

しかしそれでも8割近くの女性はなしだと答えています。

なし派の中でも「LINEなんてありえない」という真っ向から否定する女性が多いのも注目です。

やはり告白のような大事な話しはきちんと相手の顔を見て話すべきと考える女性が多いようです。

せっかくの意を決した告白で間違った捉え方をされたらショックですし、ここは腹をくくって直接伝えたほうが良さそうです。

LINEで告白を成功させるには…

例えばどうしても時間が合わない、簡単には会えない離れた場所にいる、そんな時にはLINEのメッセージのみで告白を成功させるしかありません。

1つ目の告白方法としてはLINEのメッセージ機能だけを用いる方法、つまりLINEでラブレターを書くということ。

しかし話す言葉に比べて書き出すというのは結構難易度が高く、重すぎず軽すぎずの絶妙なバランスが求められます。

2つ目の告白の方法として挙げられるのは、連絡手段のレベルを上げること。

文字だけを送るメッセージの次の段階は電話ですよね。

最大が直接対面だとしたら、このレベルが上がれば上がるほど告白の成功率は上がります。

つまり告白の成否を握るカギは、いかに難易度の高い告白方法で思いを伝えられるかということです。

メッセージに比べて声で告白する方が勇気がいる分、相手に誠意が伝わります。

「本気で好きなんだ」という気持ちもより伝わりやすくなるので、LINEの告白はNGという女性でも無料通話機能を使えば嫌がられないはずです。

 - 告白・口説き方