男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女大好きな男性必見!好きすぎて辛いと感じてる時の解消法

      2017/02/28

彼女大好きな男性必見!好きすぎて辛いと感じてる時の解消法

彼女が大好きだと毎日が幸せに感じると思いますが、中には好きすぎて辛いと感じている人体もいると思います。

そこで今回は彼女の事が好きすぎて辛いと感じている時の解消法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


女性が「彼女大好きな男」に対して思うこと

男性が自分の彼女を大切にしているというのが伝わってくる言動というのは、多くの女性にとって好意的に見られます。

それが自分ならばさらにいいですけど、見知らぬ女性でも大切にされているなあと感じられると嬉しくなってしまうのです。

例えば、ちょっとした会話に、彼女と出かけた話などをサラリとされると、惚気ているというよりも、なんか「楽しかったんだね〜」と和んでしまうといいます。

また例えばこんな話も。

「グループで出かけたときに、コソコソとピアスを購入していた男友だち。

どうするのか聞いたら、『彼女に似合いそうだったから』って……。」実際、男性がこっそり買うところを見た女性はその恥ずかしそうにしている姿になんだかキュンとしたと言っています。

どこに行っても常に頭の端っこに彼女の存在があるということがわかる話ですが、実際それをこっそり恥ずかしそうにしていたというのがこの話のポイントです。

これがこれ見よがしだったりすると、結構イラっとさせられるのです。

うわーこの人、彼女大好きだねというエピソードがあります。

「飲み会の途中で中座した男友だち。

どうしたのかと聞いたら、『今日、彼女が体調が悪いって言ってたし、雨が降ってるから駅から家まで送りに行こうと思って』。

これは多くの女性が、私もそんな彼氏がほしかったと思っているのに間違いありません。

自分の彼女を大切にする男性というのは、やはり素敵ですね。

彼女が大好きで辛いと感じている人は意外と多い

辛いのは自分と彼女の気持ちが釣り合っていないと感じる時ですよね。

ある男性は、付き合って3ヶ月。

告白したのも男性からで、どうも女性は受け身一方のようです。

女性自身もあまり愛情表現が得意な方ではないらしく、 そのためすべてにおいて控えめだそうです。

そのため、男性はどうしても彼女が本当に自分のことを好いてくれてるのかいつも不安になってしまうそうです。

例えばLINE。

男性との会話は早々に切り上げてしまう割に、 友人とのグループLINEは続いてるみたいです。

会いたいって言うのもキスするのも抱きしめるのも夜誘うのも 全部僕からという状態だそうです。

もしかしたら彼女は断れないだけではと不安になると言います。

確かに自分の愛情を同じくらい、相手が返してくれないと感ずると人はとても不安を感じるのです。

しかし、愛情の表現も愛情の量もやはり個人差があります。

そのためどちらかに偏る事はどうしてもあるのですが、相手が自分の事を好いていない証拠ではないのです。

大好きな気持ちを出しすぎると別れを招く危険性もある

大好きという気持ちはうれしい。

連絡をしてくれるのもうれしい。

でもモノには限度があります。

一線を超えると、彼女は離れていくので注意が必要です。

大好き過ぎて彼女がドン引きしてしまう彼氏の特徴をご紹介します。

まず、LINEは既読がないとイライラしていませんか?

また、既読スルーされると、もっとイライラしませんか?

返信が来るまで、只管連絡を取り続けていませんか?

男性は男性の気持ちがあるでしょう。

「彼女に何かあったのか?」の心配から、「まさか浮気してるのか?」という疑惑。

もう考え出すともう止まりません。

心配で心配でたまらなくなります。

心配が高じてそれが怒りに代わるともう大変です。

パニックを起こして、無数に連絡を入れてしまう。

はい、「束縛彼氏」の道まっしぐらです。

もしかしたら、

さて彼女の気持ちになってみましょう。

忙しい仕事の合間を見て、内容的にはすぐ返信は不要、時間のある時にと思って放っておいたら、鬼のような着信や、メール、LINEの通知。

やっと手の空いた彼女が携帯を見て愕然とするのは言うまでもありません。

むしろ、彼女は若干の恐怖も覚えるはず。

彼女が彼を好きでいるうちは大丈夫ですが、このような重たい行為が別れを招く可能性は大きいですね。

彼女の事が大好きだという気持ちを言葉にしてみる

束縛彼氏は、自分が彼女を大好きであるという自覚はありますが、彼女のそれを上手に伝えてない事があります。

もちろん日本人は、感覚的に常に「好きだ」や「愛している」というのを日常使う人種ではありませんが、やはり言わないと彼女に気持ちは伝わらないのです。

「好きだ」や「愛している」という言葉、確かに対面だと気持ちが伝わりやすい気もしますが、間接的手段であっても気持ちはきっと伝わります。

急にそんなことを目の前で言われても、日本人の感覚的にかなりの違和感があり、面喰ってしまう女の子がほとんどです。

そこで、電話です。

毎日メールやLINEをしている人は電話をすることはどんどん少なくなりますよね。

だからこそimpactがあるのです。

電話をかける理由なんていりません。

「好きだから電話した」「声が聞きたかった」これだけでいいのです。

そこで好きという気持ちを伝えてみましょう。

自分の中に好きを閉じ込めないで、「好きという気持ちを言葉にしてみる」ことから始めましょう。

好きすぎて辛い時は気分転換をする

クレーマーと、ストーカーの共通点は、「ただ一つの事に異常に執着する」です。

どんなにあなたが相手の事を思っても、24時間365日一緒にいるのは不可能ですし、人間として自分の時間は必要です。

それを相手に求めても、その恋は上手く行きません。

もし、相手を好きになり過ぎて辛い時というのは、相手・そして恋愛のことしか頭にないという時です。

これはとても危険です。

主観のみの世界に生きていると、どんどん世界と乖離します。

残念ながら彼女も世界に属していますから、あなたのとの距離は開く一方です。

挙句の果てには警察沙汰になり兼ねません。

そうなると、あなたの人生も、大好きな彼女の人生も台無しです。

相手を大切におもうのであれば、まずは、好きな相手や、恋愛から少し距離を置きましょう。

ちょっと散歩に出たり、お茶をしたりといった小さなことで構わないので、彼女以外の事を考えるようにして、気分転換をしましょう。

特に部屋に1人でこもりっきりになって相手のことを考えると、その思考はどん詰まりです。

少しでも外へ出てみることが大切です。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ