男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女大好きな男性必見!好きすぎて辛いと感じてる時の解消法

      2017/02/28

彼女大好きな男性必見!好きすぎて辛いと感じてる時の解消法

彼女が大好きだと毎日が幸せに感じると思いますが、中には好きすぎて辛いと感じている人体もいると思います。

そこで今回は彼女の事が好きすぎて辛いと感じている時の解消法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


女性が「彼女大好きな男」に対して思うこと

男性が自分の彼女を大切にしているというのが伝わってくる言動というのは、多くの女性にとって好意的に見られます。

それが自分ならばさらにいいですけど、見知らぬ女性でも大切にされているなあと感じられると嬉しくなってしまうのです。

例えば、ちょっとした会話に、彼女と出かけた話などをサラリとされると、惚気ているというよりも、なんか「楽しかったんだね〜」と和んでしまうといいます。

また例えばこんな話も。

「グループで出かけたときに、コソコソとピアスを購入していた男友だち。

どうするのか聞いたら、『彼女に似合いそうだったから』って……。」実際、男性がこっそり買うところを見た女性はその恥ずかしそうにしている姿になんだかキュンとしたと言っています。

どこに行っても常に頭の端っこに彼女の存在があるということがわかる話ですが、実際それをこっそり恥ずかしそうにしていたというのがこの話のポイントです。

これがこれ見よがしだったりすると、結構イラっとさせられるのです。

うわーこの人、彼女大好きだねというエピソードがあります。

「飲み会の途中で中座した男友だち。

どうしたのかと聞いたら、『今日、彼女が体調が悪いって言ってたし、雨が降ってるから駅から家まで送りに行こうと思って』。

これは多くの女性が、私もそんな彼氏がほしかったと思っているのに間違いありません。

自分の彼女を大切にする男性というのは、やはり素敵ですね。

彼女が大好きで辛いと感じている人は意外と多い

辛いのは自分と彼女の気持ちが釣り合っていないと感じる時ですよね。

ある男性は、付き合って3ヶ月。

告白したのも男性からで、どうも女性は受け身一方のようです。

女性自身もあまり愛情表現が得意な方ではないらしく、 そのためすべてにおいて控えめだそうです。

そのため、男性はどうしても彼女が本当に自分のことを好いてくれてるのかいつも不安になってしまうそうです。

例えばLINE。

男性との会話は早々に切り上げてしまう割に、 友人とのグループLINEは続いてるみたいです。

会いたいって言うのもキスするのも抱きしめるのも夜誘うのも 全部僕からという状態だそうです。

もしかしたら彼女は断れないだけではと不安になると言います。

確かに自分の愛情を同じくらい、相手が返してくれないと感ずると人はとても不安を感じるのです。

しかし、愛情の表現も愛情の量もやはり個人差があります。

そのためどちらかに偏る事はどうしてもあるのですが、相手が自分の事を好いていない証拠ではないのです。

大好きな気持ちを出しすぎると別れを招く危険性もある

大好きという気持ちはうれしい。

連絡をしてくれるのもうれしい。

でもモノには限度があります。

一線を超えると、彼女は離れていくので注意が必要です。

大好き過ぎて彼女がドン引きしてしまう彼氏の特徴をご紹介します。

まず、LINEは既読がないとイライラしていませんか?

また、既読スルーされると、もっとイライラしませんか?

返信が来るまで、只管連絡を取り続けていませんか?

男性は男性の気持ちがあるでしょう。

「彼女に何かあったのか?」の心配から、「まさか浮気してるのか?」という疑惑。

もう考え出すともう止まりません。

心配で心配でたまらなくなります。

心配が高じてそれが怒りに代わるともう大変です。

パニックを起こして、無数に連絡を入れてしまう。

はい、「束縛彼氏」の道まっしぐらです。

もしかしたら、

さて彼女の気持ちになってみましょう。

忙しい仕事の合間を見て、内容的にはすぐ返信は不要、時間のある時にと思って放っておいたら、鬼のような着信や、メール、LINEの通知。

やっと手の空いた彼女が携帯を見て愕然とするのは言うまでもありません。

むしろ、彼女は若干の恐怖も覚えるはず。

彼女が彼を好きでいるうちは大丈夫ですが、このような重たい行為が別れを招く可能性は大きいですね。

彼女の事が大好きだという気持ちを言葉にしてみる

束縛彼氏は、自分が彼女を大好きであるという自覚はありますが、彼女のそれを上手に伝えてない事があります。

もちろん日本人は、感覚的に常に「好きだ」や「愛している」というのを日常使う人種ではありませんが、やはり言わないと彼女に気持ちは伝わらないのです。

「好きだ」や「愛している」という言葉、確かに対面だと気持ちが伝わりやすい気もしますが、間接的手段であっても気持ちはきっと伝わります。

急にそんなことを目の前で言われても、日本人の感覚的にかなりの違和感があり、面喰ってしまう女の子がほとんどです。

そこで、電話です。

毎日メールやLINEをしている人は電話をすることはどんどん少なくなりますよね。

だからこそimpactがあるのです。

電話をかける理由なんていりません。

「好きだから電話した」「声が聞きたかった」これだけでいいのです。

そこで好きという気持ちを伝えてみましょう。

自分の中に好きを閉じ込めないで、「好きという気持ちを言葉にしてみる」ことから始めましょう。

好きすぎて辛い時は気分転換をする

クレーマーと、ストーカーの共通点は、「ただ一つの事に異常に執着する」です。

どんなにあなたが相手の事を思っても、24時間365日一緒にいるのは不可能ですし、人間として自分の時間は必要です。

それを相手に求めても、その恋は上手く行きません。

もし、相手を好きになり過ぎて辛い時というのは、相手・そして恋愛のことしか頭にないという時です。

これはとても危険です。

主観のみの世界に生きていると、どんどん世界と乖離します。

残念ながら彼女も世界に属していますから、あなたのとの距離は開く一方です。

挙句の果てには警察沙汰になり兼ねません。

そうなると、あなたの人生も、大好きな彼女の人生も台無しです。

相手を大切におもうのであれば、まずは、好きな相手や、恋愛から少し距離を置きましょう。

ちょっと散歩に出たり、お茶をしたりといった小さなことで構わないので、彼女以外の事を考えるようにして、気分転換をしましょう。

特に部屋に1人でこもりっきりになって相手のことを考えると、その思考はどん詰まりです。

少しでも外へ出てみることが大切です。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ