男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

「彼氏が電話で無言になるのが嫌!」と思わせないための電話法

      2017/03/06

「彼氏が電話で無言になるのが嫌!」と思わせないための電話法

彼女との電話で、無言になることはありませんか?

話題も尽きてしまって、何を話せばいいのかわからなくなった挙句、「私と電話するの嫌…?」と悲しそうに言われてしまった、なんていう経験はありませんか?
 
せっかくの彼女との電話、お互い楽しめるものにしたいですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


Q.恋人同士の電話 無言になる彼氏に困る彼女は多い

彼との交際を始めてから8か月ほど経ちます。

毎日のように顔を会わせていますが、それでも会えない時には電話をしています。

しかし電話をしていると、時折話題に行き詰まってお互い黙り込んでしまうこともあるのです。

私にはその沈黙がバツが悪いように感じるので、そうしたときには電話も切りたくなってしまいます。

勿論、その前に何とか話題を探そうと一応努力していますが、なにも思い当たらなかったり、他に用事があったりすると、やはりそこで電話を切った方が良いと思ってしまいます。

でも「今日はこの辺りで」と言うと、彼は「俺と話していているのがそんなに退屈なのか?」と機嫌を損ねてしまいます。

用事がある時に電話を切っても責められる理由はないし、退屈で話を止めたい時だってあります。

何時も会っているのだから目新しい話題など見つからないので、そういう意味で「特に話題もないし…」と伝えたら、彼は「こっちが何も話せないのは、お前が退屈そうにしているからだよ」と不満を口にするのです。

他にも似たような体験をしている人は結構多いと思うのですが、こういう時皆さんはどう切り抜けているのか教えて下さい。

A.無言になることを恐れるのは女性ならでは?

男性と女性とでは「沈黙していること」に対する捉え方が全く異なります。

ストレスや感情のもつれがあった場合、男性であればそうした感情を整理するのに外部との交わりを遮断して一人でいる時間を持とうとします。

それに対し女性の場合には、人との対話によって心に溜ったモヤモヤした気持ちを晴らそうとするからです。

ですから女性同士では、会話のような言語による意思疎通が非常に大きな意味を持つので、仮に黙り込んだり黙殺するようなことでもあれば、彼女達はそれを重大なルール違反として受け止めるのです。

しかしその無言も、男性にとっては却って信用があることの証拠として捉えられたりするのです。

男性同士の場合、余計な世話を焼かれると迷惑に感じることの方が多く、良好な関係を築くには相手に頼り切ったり、むしろ過剰な口出しをしないでいた方が好ましいとされている位なのです。

ですから、女性から見ると黙殺や放ったらかしとしか思えない行為も、男性にとっては有難かったりします。

気持ちの整理や心配事の解消のために黙っている時に、彼女から「何か言ったらどうなの?」「何で黙っているのよ」などと口出しされるのは、誰にも邪魔されずに考える時間が欲しい男性としては、鬱陶しいだけなのです。

従って急に彼が口を閉ざすようになっても、何かしゃべるよう催促するべきではありません。

こうした時には本人が口を開くようになるまで、そのままにしておくのが一番賢い方法なのです。

黙っているだけのように見えても、心の中で整理がつけば男性も笑って次の行動に移るようになります。

何も話さない彼に苛立つことなく交際を続けていくには、男性と女性との間にこうした心理構造の差異があることを頭に入れておく必要があります。

そうは言っても、女性の話は面倒臭いことが多い…

男性にとって女性の話し相手になるのは、常に楽しいことばかりではなく、面倒に感じることも少なからずあるようです。

自分から話をする際にも、相手が女性だとまず言葉を選ばなくてはなりません。

男性同士で使っているような少々乱暴な言葉遣いを避けた上で、セクハラと誤解されないように発言するなど、何かと気を付けなくてはならないことも出てきます。

又、女性というのは一旦気分を害すると、それを取り戻すのまでの時間が長くなりがちで、根本的に考え方の異なる相手でも機嫌を悪くさせないように話の歩調を合わせざるを得ないと言います。

つまり、男性にとって終始気を遣わなくてはならないことが、結構な負担となっていることだけは間違いないようです。

話を聞くだけでも億劫に感じる男性も多く、自分にとっては関係がなく意味のないことや、噂話の相手をさせられるとうんざりしてしまうと言います。

女性が自信に関する話ばかりを延々と続けたり、中身の伴わない話に付き合わされることになれば、どうしても面倒に感じてしまうのでしょう。

話題に困るなら、会う頻度にあわせて電話の回数を調節してみる?

日頃からしょっちゅう顔を会わせていて、言葉を交わしている間柄であれば、電話をしてもすぐに飽きがきてしまうし、話題も底をついてしまうでしょう。

遠距離恋愛の人達とは違い、お互いの日常的なコミュニケーションなら十分に尚且つ確実にとれているはずですから、その上に何度も電話を掛ける必要はないと言えます。

こうした人達が電話で話すなら、ひと月に1回位の頻度で良いと思われます。

又、勤務先や学校は同じだけれどプライベートで一緒になる機会が少ないため、上記の人達ほど顔を合わせないという間柄なら、電話をするのは週に1回位のペースが適切かと思います。

同じ勤務先や学校に通っていても、そこにいる間の殆どは別々に活動している訳ですから、週に1度の電話で職場や学校での話題を話すのが丁度よいのではないでしょうか。

一方で遠距離恋愛などで普段会う機会が少ない人達もいます。

その中には忙しい人もいれば時間的に余裕のある人もいるでしょう。

このうち、それほど忙しくない人達がお互いの負担にならずにコミュニケーションを図れる電話の頻度は3日に1回くらいだと思います。

それ以上頻繁で電話をしてしまうと話題も徐々に減ってきますし、連日のように電話していたらその時間は束縛されることになるので、却ってストレスになってしまうからです。

又、スケジュール的にもハードな毎日で、思うように電話ができない人達なら、週に1回10分程度でも連絡を取り合うようにして下さい。

週に10分であっても、相手の声を聴ければやはり嬉しくなりますし、電話をしない日でもそれを励みに毎日を過ごすことができるようになります。

これが二人の間でコミュニケーションが全くないと、交際しているという実感が薄れてしまうでしょうし、そのうちフェードアウトしてしまう可能性すらあるかもしれません。

ですから週に一回、10分で良いので電話をするようにしましょう。

彼女が好きなもの・興味のあることを調べておいて、無言を乗り切る

彼女との会話で行き詰らないためには、自分が彼女のことをもっと知りたいのだという様子を見せることです。

そうすることで、彼女は彼が自分に関心を持っていることを嬉しく感じるようになります。

それがちょっとした話題でも、彼女が興味を持っている話題が出た時には、そのことについてもう少し詳しく尋ねてみたりすると良いでしょう。

更に一歩踏み込んで、彼女の好きな芸能人や音楽、ドラマなどについてこちらでも少し調べておいて感想を話してあげると、向こうも話に乗ってくるはずです。

家族など近親者への詮索をすることはやり過ぎですが、それ以外のことであれば、会話を盛り上げるためにも彼女が関心のありそうな話題を調べておくのです。

そして会話の中で「この前こんなこと言っていたけれど」と切り出してその感想を言えば、彼女も楽しそうに話をしてくれるでしょう。

しかし、感想を言うと言っても否定的な意見は禁物です。

好きなものを悪く言われれば彼女も気分を悪くして、「勝手にチェックして自分勝手にケチを付けている」と受け止められるのが落ちです。

彼女の好きなものには肯定的な感想を伝えてあげなくては、話も盛り上がりません。

とは言え、いくら彼女が関心を持っていると言っても男性には全く興味の涌かないことや意味のないことを話題にするのは、結構負担に感じてしまうものです。

それでも自分で調べておけば、話題の材料は大方揃えることができるし、何よりも聞き上手になることが二人の関係を更にステップアップさせることに繋がるのです。

関連記事はこちら

 - 会話・連絡・話題

ページ
上部へ