男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

何故?彼女が電話やメールをしない理由と対処法

      2017/02/28

何故?彼女が電話やメールをしない理由と対処法

付き合ってる彼女が電話やメールを全くしてくれなくて寂しいと思ったことはありませんか?

いつも連絡は自分からだし、たまには向こうから連絡くれればいいのに・・・

もしかして嫌われてるのかな?なんて不安になってしまう事も。

今回は彼女が電話やメールをしない理由と対処法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


電話やメールをしなくても平気な人は意外と多い

現代人の価値観は多様で、恋愛の形も一つではありません。

相手を束縛することや、お互いに干渉することを嫌う人は男性にも女性にもいますし、そういう人同士がカップルになった場合、他人から見るとクールすぎて仲が冷えきっているようでいて、実は本人たちはうまくいっていたりします。

お互いにドライな恋人関係を求めている場合にはそれでいいのですが、片方が濃密な関係を求めていたり、常にベタベタしたり、毎日電話やメールをしたいタイプだった場合は大変ですよね。

ドライ志向の方は相手の愛情が重く感じてストレスになるし、ベタベタ志向の方は相手が構ってくれないことで寂しさを感じてストレスになってしまいます。

お互いに歩み寄れればいいのですが、あまりにも価値観が違う者同士だと理解し合うのが難しい部分もあるでしょう。

ただし大前提として知っておきたいのは、ドライな態度を取る人も、愛情の薄さゆえにそんな態度を取っているわけではないのだということです。

どんなに好きな相手とでも、月1回や週1回会えれば十分くらいに思っている人というのは意外と存在するものなのです。

彼女が電話をしない理由3つ

あなたの彼女は電話があまり好きではないタイプですか?

自分からばかり電話をかけることが多くて、時には電話をかけても出てくれないこともある、なんてパターンだと、嫌われているのかと不安にもなりますよね。

ですが、電話をしたがらない女性の心理は、意外と単純なものが多いのです。

考えられるものとしては、「気分が乗らないから」「緊張するから」「駆け引きをしているから」の3つでしょうか。

「気分が乗らないから」というのは、そのままの意味です。

相手にも相手の生活がありますから、学校や職場で嫌なことがあったり、親や友達とケンカ中だったり、いろいろなタイミングがあると思います。

今はちょっとそんな気分じゃないな、という理由で電話に出たくないことはあるでしょう。

「緊張するから」の場合は、むしろあなたのことが好きだから、あなたからの電話に緊張してしまうということもあるのではないでしょうか。

恋人からの電話ということを抜きにしても、電話で話すのが緊張して苦手という人は多いですよね。

声だけで、相手の顔が見えないのもハードルが高く感じる理由ですよね。

「駆け引きをしているから」の場合は、相手がかなりの恋愛上級者か、逆に経験が少ないために恋愛マニュアルに従って行動しているかのどちらかです。

性格的な問題で電話やメールをしない

自分の方は毎日でもLINEや電話で連絡をし合いたいと思っているのに、彼女はなんだか乗り気じゃない、むしろ面倒臭そうですらある、そんなふうに感じることがあるかもしれません。

ただそれは、彼女があなたのことを好きではないからということではなくて、頻繁に連絡を取り合わなくても不安を感じない性格だったり、面倒なのではなく何を話題にしたらいいのか困っているせいかもしれません。

単純に電話が苦手で、顔を見て話さないと表情などが分からないので緊張するというタイプだったりする可能性もありますよね。

そういう人は、あなたに対してだけではなく、親や友達に対しても同じような態度を取っているのだと思います。

電話がかかってこないから、メールが返ってこないからと、あまり深く考えることはないでしょう。

そもそも、あなたはそんなドライな性格も含めて彼女のことを好きになったのではありませんか?
可能なら、それとなくどうして連絡をくれないの?と直球で聞いてみるのもアリです。

女性は愛されたい願望が強い

いろいろなタイプの女性がいますし、肉食系の積極的な女性も増えてきています。

とはいえ、基本的には女性は受け身で男性からのアプローチを待っているところがあり、実際にガンガン積極的にアプローチを仕掛けていく男性の方がよくモテている印象があります。

アクションを起こすのがいつも自分から、という状況はつらいものがあるかもしれませんが、自分がリードしているんだと考え方を変えてみるのもいいかもしれませんよ。

なんだかんだ、女性というのは愛されたい願望が強く、時には強引に迫ってきてくれるような男性に惹かれるものです。

相手にはっきりと拒絶されているわけではないのなら、自分からどんどんアクションを起こして、たくさん連絡してみるのもいいのではないでしょうか。

彼女にはあなたのその一途で一生懸命なところが、意外と心に響いているのかもしれません。

自分からばかり電話やメールをするのがシャクだからといって、無理に駆け引きなどはしない方が無難です。

彼女の方は本当に悪気も無く無意識に対応しているのかもしれませんし、お互いに連絡を取り合わなくなっていけば自然消滅してしまいかねません。

まめに連絡を取りたいと思うのもあなたの性分ですから、無理はしない方がいいです。

駆け引きであえて連絡をしていない

彼女がなかなか連絡をくれないという場合、単純に会って話す以外の連絡手段が苦手なのか、その時のノリ次第で連絡をし返さない気分屋さんなのか、そうすることであなたの気を引こうとしているのか、本当のところはどうなのか気になるところですね。

自分ばかりが追いかけているような気がして不安でしょうし、彼女の気持ちを確かめたいという思いにもなりますよね。

あなたが日頃、まめに電話やメールをしているなら、一度自分から連絡するのをやめてみるというのも一つの方法です。

いつも頻繁に連絡をくれるあなたが、急に電話やメールをくれなくなれば、彼女から「どうしたの?」と連絡を入れてくれるかもしれません。

駆け引きとしては初歩的な戦法ですが、「押してダメなら引いてみろ」というわけです。

実はこれは、女性がよく使う駆け引きの手段でもあります。

自分に気があると思っていた女性が急に素っ気なくなると、男性はつい気になって、その女性を追いかけてしまうらしいのです。

その作戦を、あなたが使ってみるというのはどうでしょうか?

関連記事はこちら

 - 会話・連絡・話題

ページ
上部へ