男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女が年上でもOK?30代の女性と付き合う時の心構え

      2017/03/07

彼女が年上でもOK?30代の女性と付き合う時の心構え

最近では年下彼氏と年上彼女のカップルも増えてきていて、

年上女性が結婚対象だと思っている男性も多いみたいですね!

でも、年上の女性と付き合う時ってどうすればいいんだろう?

なんて悩んでしまう男性もいるはず!

そこで今回は30代の女性と付き合う時の心構えをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


年上の彼女と結婚する割合は30年前のほぼ2倍

厚生労働省の調査(注3)によると、最近の初婚夫婦の4組中1組は奥さんの方が年上だという事です。

30年前の調査と比べてみるとその割合はなんと約2倍にもなるんだそうですよ。

(注3)平成23年、厚生労働省:人口動態調査による。

30年前の夫婦というと、どちらかといえば旦那さんの方が年上で、年下の奥さんを引っ張っていくタイプのご夫婦が多かったように思います。

年の離れたご夫婦は、年齢差があるからこそ価値観だとかモノのとらえ方を感じても良いでしょう。

そうなってくると、表現の仕方などの違いを楽しむことが出来ますし、色々な発見が夫婦間でもあった事と思います。

現代の夫婦といえば、女性の社会進出によって結婚も晩婚化が進んできており、結婚する意味に対しても求めることが昔とは変わっているのも事実です。

経済的な不安は昔ほど大きくありませんので、自立した女性が増えてくると、いわゆる結婚する年齢だとか、結婚の意味にとらわれない女性も多くなってきますので、年齢や経済的な問題だけで結婚相手を選ぶような必要はなくなります。

男性の方が年下であろうと経済的に自分の方が上回っていようと、そういった事は結婚においてあまり意味のない事へと変化して来ているのです。

30代の彼女と付き合っている20代男性の本音

1.通信会社勤務:27歳の場合
「僕も昔社内恋愛をしていましたし、その結果として今の奥さんがいるんですよ。仕事中はもう完全に上司と部下の関係で、仕事の出来る今の奥さんの事をすごいな、格好良いなと思ってました。仕事の悩みを聞いてもらったりして、頼りになるな、なんて思っていたら・・・(笑)。おかしいかも知れませんけど、年下の方が苦手でしたよ」

2.俳優:26歳の場合
「彼女の方が6つ上なんです。付き合って3年ですけど、昔は金欠が続いてたのでよくご飯誘ってくれて、本音を言うと助かるな〜、という思いの方が強かったですね。最終的には強引に押された感じです。今じゃ完全にコントロールされてます。」

(若い女の子に興味は無いの?)

「もちろんありますけど、浮気心がバレたら殺されちゃいますよ(笑)」

3.建具メーカー勤務:29歳の場合
「以前会社の上司と、皆には内緒でお付き合いを続けていました。部署は違いましたけど飲み会とかで交流があって楽しく過ごせていましたよ。何でも気さくに話してくれましたし、見た目も若かったんです。結局付き合ったのは2年くらいでしたけど、皆に内緒にしていたおかげで別れた後も職場ではそれまで通り働けましたよ」

年上彼女の魅力

年齢を重ねた女性というのは、やはりそれだけ色々な経験を積んでいる為知識も豊富ですし、考え方もしっかりしています。

仕事や私生活においても自己流が完成しているので、そういったところは年下男性からすると大変魅力的に感じるでしょう。

年下や同じ年くらいの年齢の女性と比べてみても、自分の考え方をしっかりと持っている年上女性というのは大変輝いて見えるものです。

年下男性の方も、お付き合いをしていくうちに年上女性の大人な考え方に触れ、人間的によい刺激を受けながら成長していける事でしょう。

一緒に時間を過ごす中で、出かける場所や出会う人というのも自分にとっては新鮮に映るはずですね。

ただ女性として魅力的なだけではなくて、人間的にも尊敬できる部分を持ち合わせている年上女性というのは、年下男性から見れば完ぺきな女性のように思えるかもしれませんね。

そんな年上女性とお付き合いしていく中で、自分が大人の男性としてその差を埋めていく事が出来るという事も、お付き合いする上での大きなメリットとなるでしょう。

年下彼氏に対して引け目を感じてる可能性がある

恋に年の差なんて関係ないとは言いますが、自分の彼氏が年下だった場合にはやっぱり若い女の子に目移りしてしまうんじゃないかな、なんて心配してしまいますよね?

そこで、年下の彼氏とお付き合いをした事があるという経験をお持ちの女性に下記のようなアンケートを実施しました。

「自分が彼氏より年上だからという理由で、心配だったり不安だったり、負い目を感じた事はありませんか?」という質問に対し、その結果は、なんと33%もの方が「感じたことがある」と回答されました。

それでは一体どんなところにそう感じたのかと言うと・・・。

・「彼氏のご両親からしたら、息子よりも年上の彼女だなんて、きっと結婚を焦って相手を選んだんじゃないかと思われるに決まってる。なんて考えていました」(28歳)

・「年下彼氏と一緒に外食に行くと、つい自分が年上だからといって奢ってあげなきゃいけないな、なんて気になってました」(24歳)

・「彼氏の友達に紹介される時には、きっとおばさんと付き合ってるだなんて思われるんだろうな」(32歳)

・「どんな時でも、若い女の子の方が良いんじゃないかっていつも気にしてました」(39歳)

等など、皆さん自分の年齢を考えて若い女の子と比較してしまったり、妙な見栄を張ってしまったりしちゃったようですね。

年上彼女に無理をさせない

1.どうしてもお姉さんの対応を求められるので甘えたい時に甘えられないです

「たまには私だって我侭に頭を『ヨシヨシ』されてみたいんです」(20代女性)

といった意見のように、しっかりしてるように見えてもやはり彼氏には可愛らしく甘えたい女性が多いようですよ。

彼氏として、たまには彼女の頭をなでながら「ポンポン」なんてしてあげると彼女はきっと普段と違う展開に驚きながらも嬉しくなってしまうでしょうね。

2.子供みたいな彼氏の性格を年齢のせいだと思ってしまう

「若いから自己中なのは治らないのかな(苦笑)」(20代女性)

彼氏の駄目なところも年齢のせいだと諦めている彼女も多いみたい。

注意されたら素直に反省しましょうね。

3.カラオケで年齢差を気にして好きな歌を歌えない

「小学生の時に流行ったよね?なんて言われると世代ギャップを感じてしまう」(20代女性)

流行って1年違うだけでも随分違いますものね。

テーマを決めて、お互い割り切って歌えば気にならないかもしれませんね。

4.頼りない彼の分までしっかりしなくては

「いつも頼られてばかりの関係ってちょっと疲れてしまいます」(10代女性)

たまには男性にリードしてもらいたいといった気持ちが出てきますよね。

頼られるだけの存在じゃしんどいですものね。

5.アンチエイジングの為に肌ケアやメイクには努力が不可欠

「年下彼氏と付き合っているんだから、それはもうしょうがないと割り切って頑張るしかないですね(苦笑)」(20代女性)

冗談でも「ちょっと最近老けたよね」なんて言われたらショックですものね。

美への努力はし続けなければいけないんですね。

関連記事はこちら

 - 男性の気持ち

ページ
上部へ