男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女が結婚を焦りだした!?あなたならどうしますか?

      2017/03/01

彼女が結婚を焦りだした!?あなたならどうしますか?

結婚を考えてる彼氏なら結婚に踏み切れる時期かも知れませんね。

でも、もしあなた自身がまだ結婚を考えていなかったら?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

スポンサーリンク


彼女が結婚を焦り出しても「結婚しよう」と簡単には言わない男の心理とは?

いかにも結婚したいと言う雰囲気を漂わせたり、「親に会って欲しい」と言い出すなど、彼が重圧を感じかねないような言動を取る女性がいます。

本人としては結婚願望があるにもかかわらず、彼が一向にそんな素振りを見せないことに焦りを感じてしまうからなのでしょう。

そのため彼にも結婚を意識してもらいたいと思って、ついそのような態度に出てしまうのかもしれません。

しかし彼が結婚の話を持ち出さないのは、別に彼女に対して愛情を感じていないからではないのです。

仕事や経済的な問題を抜きに結婚を考えることは出来ないために、今の自分の経済力などから二人の生活を支えていくだけの自信がないと、やはり結婚の話を持ち出すことには躊躇してしまうのです。

むしろこうした男性は信頼できる人物だと言えるでしょう。

たまに結婚後の生活のことまで想像していない男性が結婚を口にするようなケースもありますが、その場合は交際を申し込むときの様な軽い気持ちで言っているだけに過ぎなかったりするのです。

彼女が結婚を焦っても「結婚しよう」とならないのは彼女に問題がある場合がある!?

結婚したいにも拘わらず、それができない女性というのは、自分自身でその原因を作っている可能性があります。

付き合い始めたころは可愛らしく振舞っていたのに、親しくなるにつれタメ口をきくようになったり、言葉遣いも乱れてきたりする女性がいますが、実は男性としてはこうした態度の変化を最も嫌うようです。

このことは喧嘩する時であっても同じです。

男性側の意気地のなさを指摘するつもりであっても、女性が暴言を吐いたり、男言葉で罵ったりすると彼の方はそれだけで嫌になってしまうのだと言います。

付き合い始めたころは喧嘩しても女性らしい口をきいていたのに、後になってべらんめえ口調をきくような女性は要注意です。

言葉だけでなく、身だしなみにも気を遣わなくなってしまう女性への評価も芳しくありません。

デートの際にもメイクもせずスウェットなど着てくるような相手には女性らしさが感じられず、同時に自分のことを男性として見ていないのではないか、と感じてしまうそうです。

女性としては、身だしなみに気を遣わなくなったのも付き合いが長くなって気が緩んだだけなのかもしれません。

しかし同じ女性でも、結婚しても身だしなみは大切でメイクは欠かさないと言う人もいるのですから、結婚前からおしゃれをしなくなるのもどうかと思う男性がいても不思議ではないでしょう。

付き合いが長くなっても身だしなみには気を付けたいものです。

結婚後は専業主婦になりたいと思っている女性の中にはすぐに仕事を辞めてしまう人がいますが、これも男性にとっては不安要因になってしまいます。

転職を繰り返す女性は何事も長続きしない性格で、結婚しても上手くいかないことがあったら仕事を辞めるように、結婚生活も安易に放り出してしまうのではないかという目で見られてしまうのです。

結婚生活というのは常に順調に進む訳ではありませんから、こういうタイプを選ぶのは辞めようということになってしまいます。

また、「専業主婦になるから仕事はすぐに辞めても構わない」と考えている女性に対して、男性側から結婚後にも働いてもらいたいと言っても断られそうだという不安の声も聞かれました。

彼女が結婚を焦り出す理由って?

結婚できないという焦燥感が募ってくると、「もうだめだ」などと、どうしても悲観的な思考回路に陥ってしまいます。

しかし焦ってばかりいても何も解決しないので、まずはその原因を突き止めましょう。

ビジネスマンの間でもよく利用されている用法に「何故か?」という質問を5回繰り返すというやり方があります。

なお、この方法では質問に対する理由は深く掘り下げて答えるようにします。

今「この先、恋愛や結婚の機会がないかもしれない」という不安があるとします。

その理由を深く考えた結果「好意を寄せる異性が見つからない」という答えが出たとします。

次にその答えの理由を考えます。

「そもそも出会いを見つけるのが億劫だから」。

そしてそれに対する理由を次々探ることを5回繰り返すのです。

先ほどの問いの続きであれば「合コンにも何度も顔を出したけど、期待した結果が得られたことは一度もない」「初対面の人と接するのが苦手で、合コンの時は話も弾まない」「自分は友達などの人付き合いは時間をかけて親睦を深めていく方なので、合コンだとそれができない」といった具合になるでしょう。

勿論、何時もすんなりと答えが出てくるわけではありませんが、悩んでばかりいるよりは解決に一歩近づくことができるのではないでしょうか。

又、締め切り間近の仕事には集中できるように、焦りも適度な緊張感をもたらすものであれば、行動を起こすパワーの源になることもあります。

結婚を焦る女性の特徴

結婚すれば二人で生計を維持していかなくてはなりませんから、収入というのは当然、結婚相手選びの大きな判断材料になります。

それが単なる恋愛関係とは違う所でしょう。

かと言って、出会ってすぐに相手の年収を探ろうとすると、ただ結婚を焦っているだけの女性という変な評価を受けてしまいます。

結婚というのは双方が分かり合い、信頼関係を築き上げた上に成り立つものですから、最初から年収を聞き出そうとするのはやはり問題です。

恋愛の対象と人生の伴侶とはやはり別だ、と考える男性は相当多いです。

ですから家事の行き届いた温かい家庭での結婚生活を理想とする男性は、結婚するなら家庭的な女性が良いと考えているのも事実でしょう。

しかし、いくら良妻賢母が良いからと言っても、やたらと家事の上手さや子供好きな側面を強調しすぎたり、結婚を意識した言動を繰り返すのも考え物です。

こうした女性は結婚を焦っているだけと見られてしまうでしょう。

若し、相手の両親に気に入って貰えたのなら、結婚まで一気に話が進展することも期待できます。

結婚すれば相手の家族との関係も重要になるのは確かですが、結婚を急ぐ女性たちの中には、まず相手の家族を取り込もうと、そちらに接近しようとする人もいるようです。

女性が結婚を焦りだす年齢と、平均的な結婚年齢について知っておこう!

厚生労働省の発表によれば女性の結婚年齢は平均しておよそ29歳だとのことです。

傾向としては毎年晩婚化が進む方向に向かっているようですが、その背景には女性の社会進出が広まっていることが指摘されています。

ですから、平均的に見れば20代後半の女性であっても特に結婚を急ぐ必要はないと思われるのですが、実は結婚に対してもっとも焦燥感を持つのがこの29歳という年齢なのだそうです。

20代の前半の頃にはそれほど危機感を抱いていなかった人でも、この年代になってくると周囲には家庭を持つ友達も次々と出てきたりして、自分だけ取り残された気になっている女性も少なくないようです。

しかも29歳にもなると既に子供のいる友達もいたりするので、30歳を目の前に不安を覚えると言う女性もいます。

仲の良い友達でも、結婚すれば独身の自分とは生活スタイルも自ずと異なってきてしまうため、これまで通り付き合いたいと思っても、共通の話題が見つからなかったり、相談なども持ち掛けにくくなったりして落ち着かない気分にさせられることも、彼女たちが焦る原因になっているようです。

関連記事はこちら

 - 不安・後悔

ページ
上部へ