オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

元彼って立場なのに、何故元カノの結婚がショックなんだろう

2015.6.10

別れてしばらくして、友人から聞いた元カノの結婚。

俺はあくまで元彼で、かわいい彼女もいるのに、

なぜこんなにショックと思うんだろうか?

元彼に彼女の結婚はショック?

ネットでの繋がりは匿名が基本、一昔前まではそれが常識のような部分もありましたが、本名で登録して利用するfacebookが普及したことでネットでの繋がりとリアルでの繋がりが近くなったように感じます。

友達がコメントをしてたまたま自分のタイムラインに流れてきた投稿が元カノの結婚式の写真だったとき、あなたはどう思いますか?

もう終わったことではありますが「元カノの結婚についてどう思うか」というアンケートを実施したところ、なにも思わないが8割なのに対し、ショックを受けたという回答が2割近くありました。

自分にも元カノにも新しい生活があって当然ですが、なぜショックに感じるという回答があったのでしょうか。

寄せられたコメントの詳細を見てみると、

  • 元カノにまだ未練があるから
  • 先を越されたようで悔しいから
  • なんとなくむかつくから

といったものが多くありました。

一見元カノは元カノ、とすっぱり切り捨てられそうに思いますが、意外と元カノの存在が引っかかっている男性もいるんですね。

元恋人が結婚!ショックな理由

元カノが結婚したことをよく思わない理由なんていくらでも言えますが、おそらく多くの人の心の中には「自分じゃなくても彼女は幸せになれた」という事実が引っかかるのではないでしょうか。

お付き合いをしていた頃は、お互いの存在がお互いの幸せのために欠かせないと信じて疑わなかったはずです。

自分が幸せに過ごせるのは彼女がいるからで、彼女にとってもきっとそれは同じはず。

しかしその彼女が別の男と結婚をしてしまった。

未練がある別れ方をしていればなおさら受け入れがたいことです。

所詮自分じゃなくても彼女には関係なかったんだ、自分以外にも代わりはいたんだ、と自分の存在意義がわからなくなってしまいます。

2人で過ごしたあの楽しかった時間はなんだったんだろうか、思い出の場所やプレゼントは彼女にとってどうでも良かったのだろうか。

大切に思っていたのは自分だけだったのか、そういった感情が溢れ出してしまうのです。

それが何年も前のことであっても、忘れているようで忘れていなかった未練が自分の中にあることを嫌でも自覚してしまいます。

結婚されたショックは酒で…

全ては時間が解決してくれる問題かもしれませんが、辛い気持ちの今を乗り越えなければいけない。

そんなときはいっそ焼け酒をしてしまうのもアリです。

話を聞いてもらう

どんな悩みも人に聞いてもらうことで多少気持ちは軽くなるもの、当時の自分と彼女の関係を知る人や心から信頼のできる友人に付き合ってもらい気持ちを吐き出してみてはいかがでしょうか。

お酒の力を借りると自分でも気づかないようにしていた本音が見えてくるかもしれません。

ひたすら酔う

離れてしまったということは楽しかったことだけではなかったはずです。

しかし、良いところも悪いところも含めてそれが思い出。

結婚をきっかけにすっぱりと想いを断ち切るためにも、最初から最後までの思い出に浸りながら一人過ごす夜もたまには良いのではないでしょうか。

ひたすら泣く

ひたすら飲むとひたすら泣くという泣き上戸は良いストレスの発散方法です。

大人になると理性が働くので普段感情的になることもあまりありませんが、たまには泣いてみるのも大切ですよ。

元彼が語る!ショックの内容

思い出は美化されるといいますが、二人で過ごした楽しかった日々を思い出してショックを受ける人ばかりではありません。

彼女の本性が見えたり、自尊心を傷つけられたような思いからショックを受ける男性も多いのです。

自分よりも不細工な男だった

もしかしたら内面がとても素晴らしい男性なのかもしれませんが、あなたがそれを知る術はありませんよね。

どうしても元カノの今彼や結婚相手の顔は気になるものですが、自分より格好良かったらそれはそれで「結局顔なのか」と落ち込むのに、不細工であれば「あんな奴に取られたのか」となってしまうから男心も分かりませんね。

玉の輿にのった

転職したばかりの自分とは正反対の、安定した公務員や大企業の役員との結婚。

仕事ができるかどうかで男の価値が決められるような世の中ですから劣等感を感じずにはいられません。

そんなことはどこにも書いてないのに、自分と比べられているのではないかと考えてしまいそうです。

二股疑惑

終わったこととはいえ、これは許せないという人は多いのではないでしょうか。

「◯年記念日♪」と書かれた日付が、あれ?自分と付き合っていた時だ・・・そこに気づいてしまった日には夜も眠れなくなりそうです。

別れた彼女に未練を感じた時

直接的に元カノの近状を耳にすることがなくても、普段の生活の中でふと思い出してしまうことってありますよね。

ただの思い出の1つとして頭に残っているだけなのか、それともこれが未練というものなのか自分でも分からなくなったりします。

元カノの好きなものを見つけた時

パッと目に入った時に、これあいつが好きなやつだ、こっちのほうが似合いそうだなと食べ物や洋服、ありとあらゆる物に思い出は付いてまわります。

今の今まですっかり忘れていたのに、それを一目見ただけで元カノの顔が浮かぶ、そんな現象に悩む男性も多いようです。

どこへ出かけても何かしら思い出がある

旅行好きのカップルにはありがちですね。

友達や今の彼女と旅行に行っても、元カノと二人で歩いた記憶が鮮明に蘇ってしまう。

仕方のないことではありますが、全く思い出さないようにするのは難しいでしょう。

今の彼女と比較してしまう

やってはいけないことだと頭で分かってはいてもなかなか止められません。

喧嘩してしまった時はいつもこう言って仲直りしてた、プレゼントをあげると子供みたいに喜んでくれた、必ず一緒にご飯を食べると決めていた。

今の彼女に非があるわけではありませんが、心のどこかで元カノだったら、と考えてしまうことありませんか?

 - 思い出