オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

既婚者で子持ちの男性は恋愛対象?何故かモテる既婚男性の謎

2015.6.30

既婚者で子持ちなのにモテる人。

何だか判らないが女性の視線は熱い。

何故彼は恋愛対象となるのか?

その一方で密かに発展していく不倫という関係。

不倫は当たり前か否か

既婚者の男性も恋愛対象

既婚男性ならみんなが持っている願望、独身女子からモテたい…ずうずうしい願いかな、とあきらめてしまいがちですが、20〜30代の独身女性100名にアンケートを取ったところ、32名が不倫をしたことがあると回答した。

しかも、不倫をしたことがないと回答した68名中18名が
既婚男性でも恋愛対象に入ると答えた。

要するに、約5割の独身女性は、既婚男性でも恋愛対象という結果となった。

とはいえ、誰でも良いというわけではない。

経済力があり、仕事ができる男がモテるのである。

しかし男前でもない、人並みの年収、仕事も普通、なのに、独身女子と遊び倒している男がまわりにいないだろうか?

そういう、不思議とモテる男。

なぜ彼らはモテるのか、実は、彼らには共通点があったのだ。

まず、自分に魅力を感じてくれる独身女子の系統、既婚男性でも口説きやすい独身女子の系統を把握していること。

マメで性格、数を打てる能力。

そして、自身の身の程を理解した上で、自己演出を使い、逆転を狙える客観性を持っていること。

この3点を解説するので、モテる秘密を知ってほしい。

既婚男性でもいける女子、最高の相手を独占させている場合ではない!

既婚者との恋愛は長続きする?

未婚率が上がり続ける昨今、離婚率は上がり、恋愛の形も変化しつつある。

未婚のまま交際を続けるカップル、バツの付いた異性との恋愛、既婚者との恋愛もあってもおかしくない。

そこで、編集部では、20〜60代の男女1103名に対し、恋愛をした経験のある相手に関するアンケートを実施。

職場の上司・部下、不倫、バツ付き•子持ちの異性との恋愛、この3点に注目した。

8割が職場恋愛を体験済!

6割の女性が持つ、不倫の過去?

上司・部下の関係での恋愛、これが最も多い結果となった。

男性の約8割、女性の7割という数字である。

不倫をしたことがあるのは、男性が4割、女性で6割弱。

不倫経験のない女性の方が少ないという、予想外の結果が出た。

離婚後、子育てしている異性との恋愛に関しては、男女に目立った差はなかった。

結婚に結びつく相手とは?

恋愛をする上で、結婚のことは多少は考えておきたい。

この3タイプの中で、どのタイプが結婚に繋がりやすいのか。

上司・部下が相手の場合、5人中1人は結婚に繋がる結果に。

これはかなり確率が高いようである。

一方、不倫の場合、こちらはかなり厳しい確率となる。

不倫関係は長続きする

結婚に至るかどうかは別とし、長く続く、という点で考えると、ランキングは大きく変わる。

既婚者が相手の場合、約5割が長続きした・していると答えた。

シングルマザー、ファザーとの恋愛も、長続きする確率が約4割、目立って低い数字ではないが、上司・部下との恋愛は、4人に1人しか続かないという結果だ。

結婚を考えるか否かで、恋愛対象が変わるかもしれない。

既婚者で恋愛対象になる人とは?

マイナビニュース会員、独身の男女300人に、異性として魅力を感じる既婚者がいるかどうか、アンケートを取った。

結果、はい 男性:19.3%/女性:25.3%
いいえ 男性:80.7%/女性:74.7%

という結果となった。

さらに質問を続け、Q.「はい」と答えた方への質問

相手との間柄は?魅力を感じる部分は?

紳士的で大人

「紳士的、優しさ」(24歳女性/教育関連)
「頼りがいがあるところ」(27歳女性/商社)
「社内の先輩、余裕のある大人という印象が素敵」(31歳女性/金融)
「上司、包容力がある」(27歳女性/広告)
「 落ち着きがあり、穏やかな印象」(33歳女性/クリエイティブ)
「余裕を感じる」(24歳女性/営業)

気配りができる

「上司、気配り、優しさを感じる」(27歳女性/官公庁)
「仕事の能力が高く、雰囲気を良くしてくれる」(35歳女性/秘書)
「職場の上司、気遣いが素敵」(24歳女性/技術職)
「人当たりが良くて魅力的」(30歳女性/技術職)

家庭があるからこその魅力

「仕事絡みの人、一生懸命さ、奥さんとのエピソードが好き」(23歳女性/食品)
「プライベートが充実している人」(27歳女性/その他)
「包容力、仕事が素敵で、家庭を大切にしている」(41歳女性/教育関連)

既婚者・子持ち男性に惹かれる女

既婚男性には、精神的に余裕がある。

独身者のようにガムシャラな印象がなく、仕事に一直線。

子どもがいると、家族思いなところがにじみ出ていたり、子どもの話をするときのハッピーな空気に触れると、聞いている側まで幸せな気分になる。

既婚男性の持つ余裕、それが大きな違いなのだ。

その余裕に魅力を感じる独身女性は多い。

だが、そこには気を付けなければならない。

既婚男性は、法律の上では手を出してはならない。

その余裕に魅力を感じ、愛人という立場になってしまうと、相手は独身時代の気持ちをよみがえらせ、オオカミに変身してしまうのである。

しかも、愛人という立場を選んでしまった女性にも、法律上の責任がある。

妻という立場になることはおろか、金銭まで請求され、悲劇のヒロインになる可能性があるのだ。

既婚男性に魅力を感じてしまう女性は、寂しがりやであることが多く、自分の話相手になってくれるひとが好き、他人のモノを欲しがってしまう人が多い。

既婚者の恋愛がばれた場合は?

不倫がバレてしまった場合、まず、仕事場での立場が悪くなります。

地位、名誉を失い、退職を余儀なくされることもあり得るでしょう。

離婚となると、子どもと会えなくなるだけでなく、妻、不倫相手の旦那の慰謝料請求の結果、大きな借金を負うこともあります。

一度失ったものを取り戻す、それは簡単ではありません。

新たな職を見つけること、また再婚もできず、悲しい人生となるかもしれません。

受けるであろう制裁はこれだけではなく、不倫中の方、妻以外を好きになった方は、問題が大きくなる前の対処を勧めます。

女性の不倫が公になると?

相手の女性が負うリスクも考えてましょう。

男性と比べると、世間の風当たりが強いのは女性です。

男性の場合、火遊び、男の甲斐性として終わってしまう場合もあります。

女性の場合、それは許される行為ではなく、大きな罰を受けることになります。

仕事がある場合、異動、解雇となることもあるでしょう。

家族、友人からもバッシングされ、実家にも帰ることができず、発覚後の生活が厳しくなることは間違いないでしょう。

また、慰謝料を請求された場合、ふつうの生活をする事は厳しい状況になります。

 - モテる男