男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

職場は閉鎖空間。恋愛になるのは既婚者同士でもありえます。

      2017/03/05

職場は閉鎖空間。恋愛になるのは既婚者同士でもありえます。

社会人だと、一日の大半を職場で過ごします。

つまり家族よりも過ごす時間が多いということ。

そのため、独身だろうと既婚者だろうと既婚者同士だろうと恋愛に発展することがあるんです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


Q. 既婚者同士の恋愛は、どこからが不倫

既婚者同士の恋は、どのラインからが不倫と呼ばれるものになるんでしょう?

お互い相手に気持ちを伝えることなくひそかに思っているだけならば、それは不倫ではなく友人ですよね?

「信頼できる友人」が「異性」へと自分の中で変わった瞬間を体験された方、いらっしゃいますか?

そんな時どう対処されましたか?

現状私は、相手に対して自分の恋愛感情が明確に伝わるような言葉は極力控えつつ、毎日メッセージのやりとりを重ねています。

関係を進展させてしまいたい気持ちと、何とか抑えなくてはいけないという理性との間で日々揺れています。

一線を越えていない今の状態を保ってさえいれば、いつでも引き返して来られる、そう言い聞かせて何とかこらえている状態です。

メッセージで話していてもギリギリのところで踏み止まっている感覚ですから会ってしまったら自分がどうなるかわからないので、顔を合わせることはないように気を付けています。

でも今度一目顔を見てしまったなら、歯止めが効かなくなりそうです。

どなたか似た境遇の方、お話を伺いたいです。

A. こんな回答がありました

全く同じではないですが、非常に似通った境遇におり、非常に共感しました。

私の場合、お互いに異性として好意を持っていることも知っていながら、友達のような兄妹のような微妙な関係が長く続いています。

「関係を進展させてしまいたい気持ちと、何とか抑えなくてはいけないという理性との間で日々揺れています。」ってところわかり過ぎて、胸が苦しくなりました。

確かに今ならまだ戻れるには違いないんですよね。

私は二人きりで会ってしまったら告白するかもしれないしそれ以上の行動を取るかもしれないと思うので、絶対に二人きりでは会いませんし、これからも避け続けるつもりでいます。

つらいですけど相手のことを本当に好きならなおさら、既婚者同士外で会うのは絶対に控えておくべきだと思います。

会ってしまったらどうなるかわからない状態なら、なおのことですよ。

偉そうに言える立場ではないですが、人生の中で心から好きだと思える相手ってそんなに何人もいないと思ってます。

そういう方とせっかく出会えたのに無茶して二度と会えなくなったりしたら、それこそ取り返しがつかないことだと思いませんか。

今、友人として信頼し合えているのなら、そのまま末永く一緒にいられる方がいいんではないですか。

たった一度の人生だからこそ後先考えず突っ走っるって考えもあるとは思いますが、きっといい結果にはならないですよ。

自分にも言い聞かせながら、書いてますが…。

既婚者であっても恋愛OK?

マッチアラーム株式会社が20代、30代の独身男女2,965名を対象に行った「恋愛、婚活に関する調査」の結果を紹介しておきます。

恋愛相手に「既婚者」を選んでもいい!?

「既婚者と恋愛関係になったことがありますか?」という質問に対し「はい」と答えた人は男性で20.9%、女性で24.4%いました。

男性は5人に1人、女性は4人に1人は既婚者との恋愛経験アリという計算になります。

男女とも年齢を重ねるほど既婚者との恋愛経験アリの割合が増加しています。

長く生きればやはりその分恋愛体験が増えるもの、既婚者との恋愛経験に関しても同様のようです。

特筆すべきは30代後半の独身女性です。

実に43.8%もの人が既婚者との恋愛経験アリと回答しています。

恋に落ちる以前に既婚の事実を知らなかった人が多い!?

「はい」と回答した人たちのコメントを見ると、男女とも「相手が既婚者だなんて知らなかった」という声が多いです。

また、女性のお相手として多かったのが、職場の上司でした。

あとから既婚者だと知らされることは非常に多いようで

「相手が既婚者とは知らずに付き合ってしまい、気づいたら泥沼状態でした」(男性/30代前半/広島県)

なんてコメントも寄せられました。

気持ちの上での泥沼だけならまだしも、慰謝料や裁判という話に発展する場合もありますね。

愛は既婚も乗り越える!?

「既婚者と知らなかった」「教えてもらえなかった」などの声がある一方で、特に男性側から、既婚者と知っていて付き合っていたとの声も多く挙がりました。

「離婚を考えている相手の相談を受けているうち、男女の仲になってしまっていた」(男性/30代半ば/東京都)
「四十代の人妻と2年間交際を続け、相手側が離婚してくれました」(男性/30代後半/兵庫県)

などです。

既婚者でも本物の愛に巡り合ってしまえば、家庭を捨てて新しい人生を歩み出すこともあるということですね。

妻は職場で恋愛をする

また、既婚女性400名を対象としたアンケートの結果も非常に興味深いものになっています。

400名のうち200名が現在就労中の既婚女性、残りの200名が専業主婦です。

まず就労中の200名に「浮気・不倫経験がありますか」と尋ねたところ、「経験アリ」が約2割を超えました。一方、専業主婦200名のうち「経験アリ」は約1.5割でした。

さらに専業主婦の経験のほとんどが「専業主婦になる前」、つまり就労中の経験だということもわかりました。同じアンケートで「不倫相手との出逢いの場所はどこでしたか」と尋ねました。

回答上位は以下の通りです(回答者74名)。

1位:職場やバイト先など・・・50名
2位:元彼や友人など・・・11人
3位:飲み会やコンパなど・・・7人
4位:その他(ネット、ジムなど)・・・6人

やはり職場関係が圧倒的多数を占めました。

働くということは家庭以外に一つ継続する「社会」を持つことですから、どうしても出逢いの数が増えてしまいますね。

中には「取引先」、「お店に来る常連のお客さん」との回答もありましたので、同性だけの職場ならそういうことは起きにくいとも言えないですね。

また、元彼や友人関係から発展するケースは思いのほか少ないという結果となりました。

既婚者同士の職場恋愛攻略法

職場で出逢ってしまうパターンは多いようですが、社内不倫がいかにリスクの高い行為かは少し想像すればイメージしやすいですよね。

しかしながら社内に限らず、既婚者と付き合うことそのものが常にリスクと隣り合わせだと認識しておきましょう。

紛れもなくそれは浮気ですからね。

特に社内不倫においてはお互いの夫・妻にバレないようにするだけでなく、周囲にバレないよう十分に注意を払いましょう。

コンプライアンス全盛の時代です。

バレれば左遷や罰則もあり得ます。

目に見える罰がなくとも、周囲の目が厳しく、居心地が最悪になることは間違いありません。

バレないためには相手と「自然」に接することです。

イチャイチャするのは当然駄目ですが、よそよそしくしてもそれはそれで勘の良い人にはすぐバレます。

職場から少し離れた、隠れ家的なお店でデートを重ねることです。

照明の少し暗いお店、個室付きのお店がベストです。

ラブホテルへ入る時も油断大敵です。

車で行くなら集合駐車場でフロントのあるタイプは避け、車庫一体式でナンバープレートが隠れるホテルに行くことです。

自然でいることと、現場を目撃されないことが重要です。

既婚者同士の恋愛は、ひとたび発覚すれば周りの人たちへ大きな影響を及ぼします。

お互いの夫・妻、いれば子供、共通の知り合いや同僚にも影響があります。

既婚者同士の恋愛は、いくら気持ちが本気でも行動は控えめにしましょう。

プラトニックなお付き合いにとどめるのが理想です。

これならいくらでも言い訳が効きます。

万が一誰かがどちらかの配偶者に「おたくの、別の人とデートしてたよ」なんて教えても「買い物を手伝った」とか、「世話になってるお礼でご飯奢った」とか言い訳も自由自在です。

肉体関係がないからこそ、余計に燃え上がることもあります。

一線を越えない上、いけないことをしている背徳感もあり、心の燃え方は凄いですが、一方で終わる時は肉体関係がない分綺麗に別れられるメリットがあります。

デメリットとしては、もちろん肉体関係を持てないことそのものがまずあります。

特に男性は、恋した女性に強い性欲を持ちますから、もどかしくてしょうがないでしょう。

さらに一方が先に覚めてしまった場合に、他方が通常の恋愛より一層燃え上がってしまっているがゆえ、一筋縄では別れられないことが多いのもデメリットです。

関連記事はこちら

 - 不倫

ページ
上部へ