オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

初デート!どんな食事?メニューは何を?成功の秘訣

2015.7.1

彼女との初デート。食事をしながら会話を楽しむためにはどんなお店?どんな雰囲気?

彼女はどんなメニューが好きなのかな?なんて考え出すとキリがないですよね。

女の子の喜ぶ、デートでの食事についてまとめてみました。

初デート!お店選びのポイントは?

お店を選ばずに行き当たりばったりで、初デートをしようとしてる人はいませんか?

女性によっては行き当たりばったりでも大丈夫な人もいますが、初デートは、事前にお店を選んだり、お店の予約をするくらいの気持ちを持つ方がよいですね。

女性側の心理としては、初デートでレストランの予約もしていない場合、雑に扱われている心境になります。

そして、計画性のなさから将来の不安を感じてしまいます。

また、一番してはいけないのが、お店を選ぶために街中をうろうろとしてしまうことです。

このとで、女性をイライラさせてしまい、好印象を持ってもらいたい初デートを台無しにしてしまいます。

ですから、初デートでは、行くお店を決めて、デートの流れを計画したほうが賢明です。

初デートもスムーズに進んで、女性もイライラさせません。

初デートのお店を選ぶ時は、できれば相手の女性に好みを聞いておくとよいですね。

事前にどのようなお店がよいかを聞くことで、女性も安心できますし、楽しませることにもつながります。

また、食べ物の好みを聞くきっかけになりますし、嫌いな食べ物や苦手な食べ物も聞くことができます。

肉が苦手な女性を焼肉に連れて行っても喜ばないですし、好みを聞いておけば、失敗もありません。

また、肉が苦手とか、お刺身が食べられないとか、アレルギーがある場合もあるので、そのようなことを配慮できる男性は好印象を与えることができますね。

仲良くなったら居酒屋で〜気をつけたいメニューあれこれ

初めに頼むドリンクは、その人の印象を決めるといってもよいですね。

最初にビールを頼むと、男性に強烈にインパクトを与えます。

ですから、初めは、飲みたいドリンクよりも相手に合わせることが大切です。

相手が初めにビールを頼んだ時に、カルーアミルクなどにしてしまうと、気持ちに温度差が生じてしまいますし、焼酎ではお酒を飲みに来たと思われる可能性があります。

ですので、初めのドリンクの時には「私もビールで」という一言でその場もスムーズですし、いい女も演出できます。

その他にも、食事などでドリンクを決める時に、あれにしようか、これにしようか、どうしようか、などと迷っていると、男性を待たせることになるので、あらかじめドリンクを決めておくと、スマートな女性を演出できます。

女性らしい印象を与えたい時は、かわいらしいカクテルを選びましょう。

カクテルの印象は、「甘い味で爽やか」、「色がカラフルでキレイ」という感じです。

カクテルは、お酒とか飲みものということだけではなく、かわいくてキレイなアイテムとしても女性を飾る物です。

そのようなことから、男性に、「女性らしくてかわいい」と思われて、好印象になります。

また、反対にウイスキーや日本酒などは、お酒が好きな印象が強いので、ワイルドな印象になるかもしれませんね。

食べ物を選ぶ時に、意外とウケがよいのは、お店のおすすめメニューや期間限定メニューです。

定番物のから揚げやサラダなどから一歩進んだ、ご当地食材のアレンジメニューを注文しましょう。

おすすめメニューや期間限定品を頼むことで、男性から「ベストなチョイス」とウケもよくなります。

そして、店側のおすすめ品だけあり、例え、一般的にはウケのよくない冒険メニューだとしても、話のネタに使えるということで、会話も盛り上がります。

デートの食事の席で失敗!気をつけたいポイントとは

食事の席での注意点です。

当たり前のことですが、食べる時に音をたてて食べるのは、マナーとしてよくありません。

そして、場に応じた食べ方をできない人は、空気を読むことができない人という評価になります。

食べる時に音を立ててよい物とよくない物があるので、見極めるようにしましょう。

また、口に物を入れる時に、思いっきり舌をだす人もいますが、とても不快な食べ方なので注意しましょう。

急に舌をだして食べると、相手も驚きますね。

食べ方を相手に指摘されないように、自分の食べ方を確認しておくことも大事です。

見苦しい食べ方はそれだけで、人の品性を落としてしまいます。

食事中に携帯電話を気にしたり、いじったりするのもよいマナーではありません。

相手に失礼ですし、携帯電話にはたくさんの細菌がついているので衛生的にもよくないですね。

ただ、携帯電話をどうしても使用しなくてはいけない場合は、相手に一言断りを入れましょう。

食べ物の好き嫌いが多い場合は、無理に食べる必要はありませんが、アレルギーがある場合を除いて、あれもダメ、これもダメ、となるのは、子供っぽい印象を与えます。

「出された料理は全て食べることがマナー」とまで考える必要もないですが、出された料理を全て食べる人の方が好まれます。

ダイエットをしている場合でも、食事も大切なデートですので、その時くらいは気にしないで食事を楽しみましょう。

食事中に限らず姿勢が悪い人がたくさんいます。

姿勢が悪いのは目立ちますし、人の姿勢が気になる人もたくさんいます。

ある程度の姿勢は許容範囲かもしれませんが、だらしない姿勢での食事はみっともないですね。

ですので、普段から、誰に見られても恥ずかしくないように、よい姿勢を意識しましょう。

最近はたばこのマナーが問われていますが、一緒にいる相手だけではなく、周りにいる人にも気を使えるたばこのマナーが必要ですね。

他には、髪の毛を食事の最中に触ったりとか、食事をするテーブルで、鏡を出して顔を覗くのは絶対にやってはいけません。

身だしなみを整える場合は、お手洗いに行きましょう。

メニューに書かれてある文字が読めない!そんな時は?

メニューの文字が読めない時は、どうしたらよいのでしようか?

そんな時はコース料理でしたら、失敗することは基本的にないでしょう。

コース料理の文字が読めなくても、メニューの雰囲気で何となくわかる場合も多いです。

メニューの文字が大きく書かれていたり、少し値段が高めだったり、筒状書きだったりします。

雰囲気からもコース料理だと分かることも多いですね。

不安な場合は、給仕に念のため、コース料理か尋ねてみるとよいですね。

「コース」という言葉はどこでも共通で、世界で通用します。

コース料理は、前菜からデザートまで一通り楽しめて、失敗はないと思います。

また、自分の好みを給仕に伝えて任せる方法もあります。

例えば、「お腹がすいている」、「肉料理を希望」、「予算金額でお任せ」などこちらの希望だけを伝えましょう。

給仕がその希望にかなうメニューを決めてくれるでしょう。

場合によっては、ランチやディナーと簡単な単語で通じます。

その時も、給仕とメニューを一緒に見ながら決めましょう。

なぜかというと、金額のチェックのためで、予算と合っているか確かめてから注文ができます。

そして、メニューの文字が読めない時にも、読める文字があります。

それは、世界共通のアラビア数字の値段です。

数字が大きい小さいで、前菜かメインかを推測することができるでしょう。

食事をもりあげる話題いろいろ

食事の席では話題を盛り上げることが大切です。

まず女性のその日のファッションを褒めましょう。

女性はデートということで、ファッションやヘアースタイルなどに気合が入っているので、そこを褒められると、とても嬉しいものです。

そして、買った場所などを聞いたりすると話を広げることができます。

話題が広がると、食事の店を選ぶ時の参考にもなりますし、好きな食べ物や嫌いな食べ物など、好みも知ることができますね。

食べ物の話題は会話をつなげやすいだけではなく、店選びにも役立ちますし、パスタ好きならば、「今日はイタリアンレストランに行こう」ということになります。

血液型の話などは、相手や自分の相性も語れますし、血液型で性格判断もできます。

女性の多くは、相性占いなどの話題には興味がありますし、信じるかは別としても、話のネタとして血液型トリビアを事前に覚えておくと役に立つかもしれませんね。

また、兄弟の話など家族の話は、自分のことをより知ってもらえたり、面白いエピソードもいくつかあるので、女性も安心して話せるようですね。

女性が長女の場合、「実際はどのタイプなの?」と聞いたりして、話を引きだして広げてもよいでしょう。

「休日の過ごし方」を話すことでお互いの暮らしを知ることができますし、そこから話題を広げることができます。

彼女の趣味の話を聞きながら、日頃の行動範囲や友達関係など、そこから話を掘り下げることもできます。

「休日の過ごし方」はフリーテーマ的な話題といえますね。

 - デートの場所