男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女との同棲がうまくいかなくて別れる原因とは

      2017/03/24

彼女との同棲がうまくいかなくて別れる原因とは

せっかくラブラブと思ってた彼女と同棲してたのに、別れることになってしまった。

なんて、悲しいことにならないためには、どうしたらいいのでしょうか。

同棲から別れにつながる原因についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

告白の手紙に返事なし・・相手の心理とは?またその後の打開策

告白の手段に手紙を用いる事は、昨今では珍しいかもし...

バイトのシフトが違って好きな人に会えない!恋のきっかけ作り

バイトがきっかけで付き合い始めた人って結構いますよね。 <...

既婚者なのに好きな人ができてしまった時に忘れるための方法

既婚者なのにパートナー以外に好きな人ができてしまっ...

気になる女性への声のかけ方!職場恋愛の成功法教えます

職場に気になる女性がいるがどのようにアプローチをし...

スナックのママが誕生日!喜ばれるプレゼントを選ぶコツ

スナックはクラブよりも立ち寄りやすくて庶民的であり、男性が一...

スーパーの社員は結婚しにくい理由とその対策方法

スーパーの社員として働いていると、周りの社員も未婚の人が多い...

スポンサーリンク


同棲カップルの8割が別れる羽目に!

「交際相手と一緒に住むと別れやすくなってしまう」ということを、よく耳にしませんか?

生活を一緒にしていくことで、交際相手の嫌な部分が見えてきてしまうというのはよくあることじゃないでしょうか?

そういった一面を見てしまったことによって、一気に冷めてしまったという人も。

また、一緒に暮らすようになってから緊張感がなくなってきてしまって、相手のことを異性として見ることが出来なくなってしまったという人もいるでしょう。

一緒に住んで別れるには、こういったさまざまな理由があるとは思います。

先日、「All About」でも、”交際相手と一緒に暮らしたカップルの80パーセントが、幸せな結婚までたどり着いていない”というデータが発表さされました。

とても興味深いですよね。

ですが、そうだとしてもやっぱり「大好きな交際相手と一緒に暮らしたい」、そして、「2人の関係を長続きさせたい!」と思いますよね。

そんなときは、どのようなことに気をつけて暮らしていけばいいのでしょうか?

彼女はこんなことがイヤなんです

頻繁に自宅に友達を呼ぶ
女の人が彼と一緒に住んでいて別れたいと思ってしまった理由は、彼が家に頻繁に友達を呼ぶからです。

一緒に暮らし始めて、ふたりだけの時間がふえると楽しみにしていた女の人に対して、彼が毎週末に友達を呼んで大騒ぎをするなどということがあると、女の人は別れを考えるでしょう。

家は彼の家でもありますが、彼女の家でもあるのです。

なので、彼女の了承もとらずに、自分勝手に振舞ってはいけないのです。

もし友達を呼びたいのであれば、まずは彼女に確認を取ることは絶対です。

そして、毎週友達を呼ぶのもやめたほうがいいでしょう。

友達との付き合いも大事ですが、彼女とふたりの時間も大事です。

友達との付き合いは家ではなくても可能ですが、彼女とふたりで過ごすのは、家があるんですから、家のほうがいいに決まっていますよね。

女の人のほうが気弱で、彼の意見をなんでも取り入れてしまう場合は、友達を呼んでほしくないのにいいよと言ってしまうこともあります。

気弱の女の人と付き合っているならば、そこは彼氏が察して呼ぶ回数を減らしたり呼ぶことを止めるほうがいいでしょう。

同棲の環境に甘えて見落としがちな問題点

その1 ふたりで一緒に出かけることが大幅に減る

蜜月期のときは家の中でふたりで過ごすのも楽しいものですが、一緒に出かけることが減るということは、つねに家の中という同じところでしか顔を合わさないという状態が続くということです。

そうするとマンネリになってしまって、好きという思いが減っていってしまいます。

一緒に住んでいるからこそ、たまにはふたりともおしゃれをして、出かけるようにすることが大切です。

新しい一面を見せ合うことによって、好きな気持ちを長く続かせることができるのです。

その2 家事に協力的ではない

これは別れの元となってしまう、よくあるダメな行為です。

一緒に住んだり結婚をしても、ふたりとも働いているというのが一般的になりつつありますよね。

生活のベースとなる火事は、お互いが積極的に協力し合わなければいい関係を保つことはできないと言ってもいいでしょう。

ですが、家事に協力しないというと、男の人の方に問題があるように思われがちですが、男の人から、一緒に住んでみたら掃除が出来なくてがっかり、ごはんがおいしくない、という意見もたくさんありました。

このように、こんなはずじゃなかった!ということになっては困りますよね。

なので、、一緒に住みはじめる前にそれぞれの得意なこと不得意なことを話し合っておくことが大切です。

彼女と同棲する前に確認しておけば避けられたパターン

これまでの彼とはケンカすることがたくさんありました。ですが今の彼とは全くケンカしたことがなかったので、結婚するならこの人だなって思っていました。

そんな時に、彼から一緒に住まないかと言われたんです。なので私は、このまま結婚するんだろうなと思っていました。

お揃いの食器やルームウェアなど、まるで新婚さんのようにお洋服とか雑貨を買い揃えました。
一緒に暮らしてみると、付き合っている時よりももっとラブラブで、本当に楽しかったです。
なので「この人となら必ず幸せになれる」と確信しました。

ですがそのように感じていたのは私だけだったようです。

TVでプロポーズをする男の人を見て、「結婚は墓場なのにバカな人」などと言うし、私の同級生が結婚したと話せば、「まだ若いのにもったいないね」と言うんです。
とにかく結婚の話には否定的な反応だったので、どうしてか質問したら「話していなかったけど離婚歴があるんだ。結婚はもうこりごり」と言われてしまったのです。

彼には全然結婚したいという思いがないということが判明して、初めはとても悲しかったのです。

ですが、私は結婚をしたかったので彼と話し合いましたが彼の気持ちは変わりそうになかったので、きっぱり諦めて別れました。

相手に求めすぎてもいけないみたいです

「あなたが私に、愛情や優しさ、元気、幸せをちょうだいよ!」という、相手からもらいたい思いばかりで、交際相手に自分の幸せを過度に依存する気持ちのあり方のままではいけません。

それでは一緒に暮らす彼氏または彼女を、別の人に変えても、うまくいかないこともあるかもしれません。

そのため、「大好きな相手に、愛情や優しさや元気、幸せを与えてあげたいな。」という自分発信で、周囲の人に幸せを与えていく”生き方”をできるように、ちょっとづつ精進していきたいものですね。

自身が、「大好きな相手に、愛情や優しさ、元気、幸せを与えてあげたい。」と言う自分発信で周囲に幸せを与えられる生き方をするようになっていけば、引き寄せの法則かはわかりませんが、不思議なもので自然と、「大好きな相手に、愛情や優しさ、元気、幸せを与えてあげたいな。」と言う自分発信で周囲に幸せを与えてあげる生き方をしている異性と惹かれ合うこととなり、「いつもありがとう。」「いいえ、こちらこそいつもありがとう。感謝してるよ。」という、与え合う、感謝し合う男女の関係を持てるようになります。

そうすると、幸せな同棲生活、結婚生活を送ることができるようになるようなのです。

関連記事はこちら

 - 別れ方

ページ
上部へ