オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

好きな女性に告白したい!デート2回目では早い?問題ない?

2015.2.24

女性に告白するにはデートの時が最も適してると思いますけど、2回目くらいってどうでしょう?

皆さんは早いと思いますか?問題はないと思いますか?

2回目のデートで告白したい!でも大事なのは1回目のデート!!

そもそもデートを成功させる鍵は、女性のモチベーションなのです。

女性がモチベーションの高い状態でデートに臨んでくれれば、こちらから楽しませようと努力しなくても、彼女は自分で楽しいを見つけてくれます。

だって考えてみてください。

仕事や学校に行くようにデートをする事が義務だと思えば、テンションはかなり低いですよね。

そんな時に、いくら頑張って楽しませようとしても、マイナスから始まってしまっているので、中々「楽しかった」と思うレベルまで達しさせるのは至難の業です。

女性も自分が頑張ってデートに来たわけですから、デートに対するチェックも厳しくなります。

しかし、デート前に彼女のモチベーションをあげておくと「いかに今日を楽しむのか?」で見てきますよね。

この違いが大事なのです。

つまり、デートに誘うのならばデート内容を頑張るよりも、事前の彼女への対策が必要という事です。

もっと言うならばあなたと一緒にいることに対するモチベーションを最大化するほうが大事なのです。

それには、今後どこに行きたいかという予定を彼女と作っておきましょう。

どれか一つに絞りこめないけど、どれにするという風に相談する形がいいでしょう。

1回目が上手く行ったら、2回目以降も誘いやすくなります。

またデート中にもチャンスがあれば、「行きたいね!」「今度行こう!」という予約を軽くとっておけるようにしておきましょう。

彼女とたくさんの約束を取り付けておくのは結構重要なポイントです。

1回目のデートは成功!2回目のデートで付き合えるかどうかが決まる!?

1回目のデートは、詰め込みすぎて一緒にいる時間が長くなると、間延びしてしまう事もあります。

1回目は短期決戦で「食事」をデートの中心にすべきです。

1回目のデートは互いに様子見だと思っておきましょう。

2回目も同じようなデートプランはダメです。

初めてのデートでは食事デートを中心にすることをおすすめしました。

会う時間も割と短めの設定だったかと思います。

しかし、2回目のデートにあっさりしたデートプランはお勧めできません。

なぜなら、2回目は「この人と付き合えそうかどうかを判断する」のが、デートのテーマになっているからです。

2回目のデートで、相手が「う〜ん…」とか、「この人とはないなぁ…」となってしまったら3回目のデートは無いと思ってください。

ではどうすれば、3回目につなげる事が出来るのでしょうか?

それは自分の好意をさりげなく相手に伝えるのです。

あくまでも「さりげなく」ですよ。

人間というのは、相手から好意を寄せられると、その相手に好感を抱きます。

だって好かれて嫌な気持ちになる人というは少ないですよね。

さりげなくというのは、相手の良いところや素敵だと思う部分について誉めたりする事です。

「君に好意がある。」という事を婉曲的に表現するのです。

でも告白は「好きだ!」という直球ストレートがオススメです。

変に言葉を飾ると、回りくどくて告白が伝わりにくくなります。

世間の男性は何回目のデートで告白したいと感じている?

あるアンケート結果によると「3回目で告白されたい」と考えている男性が、半数近い結果となりました。

年齢によっても少々差がありました。

20代男性と30代男性を比較した結果、30代男性の方が告白のタイミングが早いようです。

1回目のデートで告白と答えた30代男性は、10ポイントほど高い結果でした。

とはいえ、やはり多くの男性は3回目と考えているようです。

では何故3回目なのでしょうか?

1回目のデートで告白となると焦っているように相手に印象付けてしまうのかもしれません。

逆に5回以上引き伸ばすと女性のモチベーションが下がってしまう恐れがあります。

結果、その中間の3回目くらい落ち着く人が多いみたいです。

ただ、これは恋のルールではありません。

やはり相手との相性やら、進み具合などで変わってきます。

実際このアンケートの残り半数は、かなりバラつきがありました。

1回目や2回目、4回目や5回以上など、個人差があります。

どれがベストなのかは、やはり相手との相性になるのかもしれません。

初デートで失敗してしまったら2回目はない!気を付けたいポイント!!

男性にとって痛恨の一撃となるのが、「鼻毛」です。

髭もファッションで生やしているのでなければ、すっきりさせたい所ですが、髭はまだギリギリセーフかもしれません。

しかし鼻毛が出ていると、もう彼女の目はずっとあなたのその部分の釘付けです。

デートの印象も「鼻毛が出てた」だけになってしまいますから、お手入れはキチンとしましょう。

とはいえ、剃り残しが気になり、「ちゃんと相手と目を合わせられず、気がつけば目が泳いでいる自分がいる。」なんて人もいます。

これは本末転倒です。

人事を尽くして天命を待ちましょう。

やるだけやったらデートに集中が大事です。

また、大人しめの子とのデート、彼女を楽しませようと必死に話続けその結果、共通の友人から『お前、ずっと喋ってたらしいじゃん。いかんね〜』と言われたそうです。

実際の所、女子が好感を抱くのは、「話が面白い男性」ではなく、「聞き上手な男性」なんですよね。

きちんと話を聞いてもらえると自分が尊重される気がするのです。

初デートで食事をするならば、きちんと予約をして行きましょう。

というのも、行く予定のレストランが定休日になってしまうと、ものすごく気まずいですよ。

付き合いが長ければ、笑い話で済みますが、初めてのデートでこの躓きはかなりの痛手です。

予約が大げさならば、せめて定休日のチェックはしたい所です。

最後はデートにすら至らない悲劇をご紹介します。

ある男性がずっと好きだった相手をようやく2人きりのデートに誘うことができたと喜んでいたら、突然前日にドタキャンメールが来ました。

彼女はグループで遊ぶと思っていたらしい。

しかし、実際は二人でデートとなると彼氏がいるから無理との連絡。

これは非常にせつないですね。

誘う時は、きちんと「二人」で出かける事を明示した方がよいでしょう。

2回目のデートにたどり着けた!告白しても大丈夫?

1回目の場合は、「とりあえず」デートしてくれる女性が多いです。

2回目にたどり着けたという事は、少なくとも1回目のデートは成功したのでしょう。

何故なら、もし1回目のデートが面白くなかったり、この人とは合わないなって思われたら2回目のデートは断ってくるからです。

ならば2回目に告白しても大丈夫!と考えるかもしれませんが、これはよくよく確信が無い限り避けた方が無難です。

というのも1回目は様子見だとすでにご説明しました。

2回目は1回目のデートでのあなたの印象を確認するためですから、また相手の方が心の準備ができていない可能性があります。

精々、初デートも楽しかったし、またデートするのも悪くないな、 って思ってはいるぐらいですから、ここで焦って「告白」すると、相手が「いやまだちょっと…」という風に逃げ越しになってしまうかもしれません。

興味はあるけど、付き合うには早いという感じです。

その時点で告白しても、恐らく付き合うのは保留になる可能性がありますので、焦る気持ちもわかりますが、 告白するのはまだ待ったほうがいいです。

 - 告白・口説き方