オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

二の腕に筋肉痛のような痛み、ありませんか?

2015.8.21

二の腕に筋肉痛のような痛みが起きることってよくありますよね?

運動や打撲が原因なら分かりやすいですが、自覚のない痛みには困ります!

二の腕に起こる筋肉痛のような痛みについてまとめてみました!

身に覚えのない二の腕の筋肉痛のような痛み!実は神経痛かも!?

何もしていないのに、二の腕に筋肉痛のような痛みがあることがあります。

筋肉痛の場合は、筋疲労と筋損傷の2つに分けることができますす。

筋疲労の場合

筋疲労は、激しく筋収縮をしたことによって筋肉に酸素供給が間に合わず、エネルギー源のブドウ糖が不完全燃焼してしまい乳酸が残ってしまいます。

そのことから、必要な栄養が筋肉に届かないので、老廃物は回収されず、疲労感や傷みに悩まされることになってしまいます。

筋損傷の場合

筋損傷は、あまり普段は使わない筋肉を急に使ったり、強い負荷が筋肉にかかった場合に、筋肉の筋繊維が損傷して炎症を起こしてしまいます。

痛み始めには、アイシング等で冷やし血の流れを抑えて、痛みがひいたら、温めて血行をよくすることで筋肉痛も早く治ります。

また、筋肉痛を起こさないためには、運動する前と後のストレッチを十分にしたり、運動後のクールダウンをしっかりと行いましょう。

そして、大切なのは普段から運動をして体をならしておくことですね。

Q:運動もしていないのに左腕が筋肉痛のようにじわじわ痛いのは何か病気でしょうか?

Q:何日か前から、じりじりと左腕が痛みだしました。

市販の湿布薬を貼っていて、今は様子を見ていますが、重い物を持ったり運動もしていないのに、とても不思議でなりません。

前にテレビで、「片側の肩が凝る時は肝臓が悪い場合がある」というのを見て、後で病気だということが分かったら怖いと思い質問をしました。

似たような経験をお持ちの方、このようなことに詳しい方のアドバイス、ご意見をお願い致します。

A.心当たりがないのに左腕が筋肉痛のようにじりじりと痛いのは、病気でしょうか?というご質問ですが、肩こりを放置していると腕にも自然に影響がでてきます。

その症状が酷くなると、腕が痺れたり、力が入り難いということもでてきます。

片側の肩が痛い場合の病気ですが、肝臓に問題がある場合は右の肩こりだと思います。

左側の場合は、心臓あたりですね。

ですので、一応念のために、病院を受診することをおすすめします。

問題がなければ、軽い運動やストレッチをしたり、整骨院でマッサージを受けてもよいですし、保険でできます。

特に何もしていないのに二の腕に筋肉痛のような痛みがあるのはもしかして「繊維筋痛症」かも?

線維筋痛症は、検査では何も異常がないのに、全身の広い範囲に原因不明の痛みがでる病気です。

倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつなどの様々な症状があります。

そして、関節の痛みやこわばりなどリウマチにも似ていますが、リウマチのように関節の変形や腫れはありません。

また、検査で目立つ異常は見つかりません。

名前があまり知られていない病気なので、理解されにくいのですが、なまけ病や詐病ではありません。

命に関わることはないですが、日常生活や社会生活に、痛みで支障がでてしまう場合があります。

認知度がまだ低い病気で、1900年の初めから、欧米では注目されていて、30年くらい前に日本でもこの病気について記述されています。

以前には、結合織炎症候群や結合織炎でしたが、今は線維筋痛症となりました。

ようやく名前が日本でも知られてきていますが、まだ一般向けの書籍も少なくて情報を得にくいです。

また、医療関係者にも認知度が低いので、診断が中々つかなかったり、気のせいやヒステリーで片付けてしまうことも多いようですね。

ただ近頃は、医療関係者の間にも関心が高くなり、研究や治療も少しずつ進められています。

まだまだ不明なことが多い病気で、治療法の確立が待たれます。

中高年の女性が多い病気ですが、最近は若い世代の発症や小児の患者も見つかりました。

欧米ではよくあるリウマチ科の病気で、米国の有病率調査で、人口の約2%ということです。

日本では、厚生労働省が有病率を調査中ということです。

二の腕に生じた筋肉痛のような痛みや筋肉痛、そのメカニズムとは?

筋肉痛は辛いですが、その痛みはどのような仕組みで生じるものなのでしょうか?

筋肉痛は、運動で筋線維が傷ついた時に、修復する痛みです。

ただ、医学的には、筋肉痛の仕組みは、はっきりと分かっていません。

以前は、運動で生じる疲労物質の乳酸が原因とされていましたが、今は、筋線維が運動によって傷つき、それを修復する時の傷みという説が有力です。

使わない筋肉を急に使うとか、同じ筋肉を使い過ぎてしまった場合、筋肉を構成する筋線維や周りの結合組織などに傷がついてしまいます。

傷ついた筋線維の修復のため、白血球などの血液が集まります。

この時に、炎症が起きて、刺激物質のブラジキニン・ヒスタミン・セロトニン・プロスタグランジンなどか生産されて、筋肉を包んでいる膜の筋膜を刺激します。

このことにより、感覚中枢を介して痛みとして感じます。

なので、筋肉痛は、筋線維が傷ついて修復する時に炎症が起き、刺激物質が生成されて筋膜を刺激するので起きるものと考えられます。

二の腕に筋肉痛のような痛みが起きやすいなら日頃のケアで解決できるかも!?

ストレッチで日頃のケアをしましょう。

上腕の前を伸ばすストレッチ

  1. イスなどを身体の後ろに置いて、後ろに片側の腕を伸ばして、イスの上に手のひらを上にしてのせます。
  2. 足の方向に向かって上半身を下に下げたら、上腕の前を伸ばします。
  3. 同様に反対側も行います。

上腕の後ろを伸ばすストレッチ

  1. 片側の腕を上げたら、肘を頭の後ろ側で曲げます。
  2. 反対側の手で肘を持ちながら、身体の下に向けて押して、上腕の後ろを伸ばします。
  3. 同様に反対側も行いましょう。

上腕は肩と肘の間で、二の腕のことです。

女性はこの部分のたぷんたぷんが気になるところです。

筋肉痛になった時は、ストレッチにプラスして、マッサージをやさしくして筋肉をほぐしましょう。

前腕の前を伸ばすストレッチ

  1. 片側の腕を伸ばして、手のひらは上に向けます。
  2. 反対の手で、前に伸ばした手の指を持って、身体の方へ引いて前腕の前を伸ばします。
  3. 同様に反対側も行いましょう。

前腕の後ろを伸ばすストレッチ

  1. 片側の腕を伸ばして、手のひらは下に向けます。
  2. 反対の手で、伸ばした腕の手首を持って、身体の方に押して前腕の後ろを伸ばします。できたら、腕を上に持ち上げましょう。
  3. 同様に反対側も行いましょう。

前腕は、肘から手首までの部分です。

物を持つ時に使う筋肉ですが、よく使う筋肉なので、お風呂に入った時などに、毎日ほぐすようにしてやさしくマッサージをしましょう。

 - モテる男