男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

遠距離恋愛から結婚となると不安になるのはあなただけじゃない!

      2017/03/02

遠距離恋愛から結婚となると不安になるのはあなただけじゃない!

遠距離恋愛から結婚となると、誰しも一抹の不安を覚えるものです。

二人いつも一緒にいたわけじゃなく、限られた時間を使ってデートを重ねてきただけですから、それは当然の事なのです。

それをどう克服するか、考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

失恋した経験のない人が付き合った時にしている事とは

今まで失恋経験がまったくない人は恋愛に対しても自信を持つこと...

結局女性は彼氏を顔で選んでいる?男性の顔を重視する理由とは

女性が彼氏を選ぶときのポイントはいろいろありますが、やはり顔...

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

スポンサーリンク


遠距離恋愛から結婚まで。女性がどんな不安を抱えてるかを理解しよう。

普通の恋愛と比べ遠距離恋愛は毎日会うこともできず、交通費に宿泊費に通信費にとお金もかなりかかります。

距離が離れて直接会えない分悩むことも多くなると思いますが、相手を思う気持ちがあれば距離なんて関係ない。

そんなカップルもたくさんいるでしょう。

しかし彼からの連絡が来ない、メールの返信が遅くなるだけでもとても心配になったりしますよね。

でもそんな時こそ焦らず落ち着いて行動する必要があります。

単に忙しいだけかもしれませんし、携帯電話を忘れてしまったり、故障しているだけかもしれませんよね。

浮気を疑ったり私のことを嫌いになったのかも・・・なんて、あまりマイナスなことは考えず開き直るのも大事。

毎日毎日連絡を気にして携帯の画面ばかり見ていても疲れるだけ、次のデートを楽しみに英気を養いましょう。

またメールの内容を工夫してみる必要があるかもしれません。

あなたが一方的に話したいことをダラダラ、人の愚痴ばかり書いていたら疲れている彼だって返信したくなくなるかもしれません。

それでも心配でいてもたってもいられなくなったら行動にでましょう。

女の感が当たってひょっとしたら浮気相手とバトルになるかもしれませんし、考えすぎで会いに来てくれたあなたを見て、彼は喜んでくれるかもしれません。

遠距離恋愛の不安を解消する3つのポイント!?

不安な遠距離恋愛を続けていくにはいくつかポイントがあります。

将来の計画を立てる

ここでいう将来とは結婚ということ、2人の共通の目標が結婚であるという確信が持てれば「ゴールが見えないからこそ不安になる」という点を解消します。

そのためには遠距離の期間を決める、親に紹介してしまうというのも方法として効果的なようですね。

遠距離恋愛を長続きさせる方法は遠距離を早く終わらせることでもあります。

より具体的に実現可能な計画を立てていきましょう。

コミュニケーションを怠らない

忙しい・疲れているという自分の都合だけでは距離が離れている分すれ違いも起きます。

できれば毎月1回は会う時間を作る、まめに連絡を取り合う、2人だけのルールを作るなど考えられますが、中でも必ず必要なのは会う時間です。

そして会えない時間も連絡は忘れずに、離れていてもつながっている実感を持つことが大切なポイントです。

相手を信じる

相手を束縛しない、疑わずに信じていく。

口で言うのは簡単ですが、実際遠距離恋愛において難しく、破綻させてしまう大きな原因でもあります。

遠距離恋愛から結婚を迎えたカップルは相手のことを信頼し合っています。

相手を不安にさせる異性の話は避けますし、いつでも配慮を忘れません。

彼女を不安にさせない将来設計は男の大事な役割!

遠距離において、ただだらだらと彼との関係を続けていても距離を縮めることはできません。

将来はどうしたいのか、今後の二人について彼と細かく考えてみると、しっかりと現実的に考えられるようになります。

そこで重要なのは彼と共有すること。

自分だけで考えていても先に進むことはできないでしょう。

これからの道のりや明確な目標、それに向かって努力すべきことが見えてくると、多少寂しさを感じても我慢できるようになったりするはずです。

遠距離恋愛でもわたしたちなら乗り越えられる! と思えるようにするためには、あなたと彼と同じ気持ちで目標へ向かっていることが大切だと思います。

遠距離恋愛中で辛い思いをしている人もいる多いはず。

でも考えを切り替えて遠距離を楽しむくらいの気持ちでいたほうが心に余裕も生まれます。

心に余裕が生まれれば自分一人の時間も楽しめるようになりますし、今まで以上に彼と良い付き合い方ができるようになるはずです。

遠距離恋愛は不安!だからこそ彼女はあなたとの結婚を夢見て努力していることを知ろう!

遠距離恋愛とは何かと不安が付きものですが、長く一緒にいても彼に飽きられないように、彼に相応しい女性になれるように努力をしている女性はたくさんいます。

男性の中で交際と結婚は別、と考える人も多いのでお料理を頑張るようになったという人も多いのではないでしょうか。

週に何回か夕飯を担当するようにしてみたり、母のお手伝いをしながら台所に一緒に立ってみたり、習い事に通ってみたりと方法はさまざま。

彼が転勤があるお仕事なのであれば、女性は結婚したら会社を辞めることになるでしょう。

しかしそれでもどこに転勤してもちょっとしたお小遣い分位は自分で稼げるようにと、手に職をつけるための勉強をしている人もいます。

一から学ぶための出費は正直痛くても、彼も結婚に向けて頑張ってくれているんだ!と考えたら頑張れますよね。

将来を考えながら、二人で目標に向かいながらであれば、寂しさを感じつつも「彼と一緒に暮らせる日が早くこないかなぁ」と楽しみながら頑張れそうです。

離れている時が多いからお互いにしっかりした心構えと考え方も持とう!

物理的に離れている距離は仕方ありませんが、メールの返信が遅い・連絡がないというのも心の距離を感じてしまい、近距離で恋愛をしているカップルよりもマイナスに影響を受けてしまいます。

近距離だから幸せが確約されているというわけではありませんが、遠距離のほうが破局しやすいのは事実でもあります。

とはいっても環境は簡単に変えられませんから、そのマイナスと思える状況をどうプラスの方向に持っていくか、という工夫が必要になってきます。

辛い環境を乗り越えてきたカップルほど幸せな家庭を築いていますし、固い絆で結ばれています。

今の状態ではマイナスに思えるかもしれませんが、マイナスが大きければ大きいほど、乗り越えたときには大きなプラスと転じます。

ひたすら我慢してきた日々の先には幸せな生活が待っています。

遠距離だから後ろ向きに考えず、乗り越えることが楽しく思えるように視点を変えるのです。

それはこれからのあなたと彼にとって強みと自信になるはずです。

関連記事はこちら

 - 不安・後悔

ページ
上部へ