男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

アフターピルの効果って何? 消退出血と次の生理への影響は

   

アフターピルの効果って何? 消退出血と次の生理への影響は

避妊に失敗した――!そんな、いざという時に役立つのが”アフターピル”です。

そもそもアフターピルとはどんな薬なのか、服用することで起きる消退出血とは何なのか

そして次の生理、ひいては未来の妊娠に影響はあるか等、正しい知識を付けましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


アフターピルとはどんなもの?服用後の消退出血って?次の生理に影響はあるの?

女性にとって、望んでいないタイミングでの妊娠は、絶対に避けたいものの一つと言えます。

ですが、夫や恋人とのそういった時間は、スキンシップとしてとても大切なものでもあるので、妊娠を望んでいない時期でもそうした関係を結ばないことも、あまり現実的なこととは言えません。

本来は、自分たちのタイミングで子供を授かるために、望まない時期には避妊具やピルを使って妊娠しないようにするのですが、避妊具が使用中に破れてしまった等の理由から、”行為後の避妊処理”が必要になることがあります。

そうした時に用いられるのが”アフターピル”や”モーニングピル”と呼ばれる薬です。

このアフターピル、正式には”緊急避妊薬”と呼ばれものです。

ピルと聞くと、婦人科疾患の治療や、女性側が主体となって出来る避妊方法の一つである”低用量ピル”を思い浮かべる人も多いことでしょう。

アフターピルも、原理はこのピルと同じです。

ただ、通常のピルが毎日決まった時間に飲むことで効果の得られる避妊薬であるのに対し、アフターピルは妊娠のリスクを緊急で回避する必要がある時に服用するものである、という点が異なります。

では、このアフターピルとは実際どんな作用があるのか、服用後に見られる”消退出血”とは何か、次の生理、そして未来の妊娠への影響はあるのかなど、気になることを見ていきましょう。

そもそもアフターピルってどんな薬?

まず、アフターピルがどんな薬なのかを知っておきましょう。

アフターピルとは、いわゆる女性ホルモンを含有した薬であり、その成分は”卵胞ホルモン”(エストロゲン)と”黄体ホルモン”(プロゲステロン)です。

そもそも2つのホルモンは、”女性ホルモン”と通称されているもので、女性の妊娠に関わる働きをします。

通常、卵胞ホルモンが分泌されると、卵胞という、卵巣にある細胞が成熟します。

成熟した卵胞から卵子が排出され、それが卵管を通り、精子と出会うのが受精であり、これが子宮に着床することが妊娠になるのです。

卵胞ホルモンは、同時に子宮内膜を分厚くし、受精卵が着床しやすい環境を作り上げます。

つまり、女性が”妊娠しやすくなる体”を作るホルモンです。

続いて黄体ホルモンですが、これは排卵後に分泌されるホルモンです。

厚くなった子宮内膜を、更にフカフカにして、着床した受精卵が育ちやすい状態にする他、着床(妊娠)した受精卵が胎盤を形成するまで、子宮内膜を保持する働きを担っています。

こちらは”妊娠を継続させる”ホルモンだと言えます。

この2つのホルモンを含んだピルを服用すると、通常よりも、体内におけるホルモンの濃度が高くなり、脳が「妊娠した」と誤認識します。

誤認識した体は、排卵を抑制・遅らせるといった効果を産み、もし排卵と受精が起きてしまっていた場合にも、その受精卵が着床するのを阻止するのです。

アフターピルの効果とは?種類で違いはあるの?

アフターピルを服用した場合、約80%の確立で妊娠を回避することが出来ますが、いつ飲んでも必ず妊娠を回避できる、というものではありません。

何故なら、これは”排卵を抑制する”、”受精卵の着床を防ぐ”効果があるだけで、服用前に受精卵が着床してしまっていた場合には効果がありません。

アフターピルの効果が見込めるのは、対象となる性行為のあった72時間以内に限られます。

現在、アフターピルとして使われている薬は2種類です。

  • プラノバール(ヤッペ法)
  • 本来は婦人科系の病気の治療に使われる中用量ピルを流用。
    そのため、副作用が起きる可能性も高め。
    性行為後72時間以内に1回、更に1回めから12時間後に1回服用する。

  • ノルレボ
  • 緊急避妊薬として国内で正式に認証されている薬。
    黄体ホルモンのみが含まれているため、副作用が起きる可能性がプラノバールよりも低い。
    性行為後72時間以内に1回の服用。
    現在ではこちらの薬を使用するのが主流。

現在、日本国内でこのアフターピルを入手するには、婦人科やレディースクリニックといった、病院での処方が一般的です。

個人輸入に頼ることも出来ますが、入手までに時間がかかったり、後遺症や副作用のリスクの管理が出来ないこと、何よりその薬が本物でない可能性も含んでいるため、お勧めはできません。

アフターピルで起きる消退出血とは一体どんなもの?

アフターピルを服用後、3日から3週間以内に、生理と同程度か、それよりも少し少ない程度の出血があります。

これが”消退出血”と呼ばれるものです。

この出血があると、避妊は成功したことを意味します。

この消退出血は、体内の女性ホルモンの量が減少した際に起きる出血です。

ピルを飲むことで増えていた黄体ホルモンの濃度が低くなると、それまで「妊娠した」と勘違いしていた脳が、「妊娠の必要がなくなった」と判断し、(実際には存在しないのですが)受精卵のために整えていた子宮内膜を剥がす命令を出します。

こう聞くと、「あれ、これって生理と同じことじゃない?」と気付く方もいるでしょう。

そう、消退出血も、通常の生理も、実は原理は同じです。

ただ、自然に起きるものと、そうでないものを区別するためにピルによる出血の場合のみ、こう呼ばれるのです。

ともあれ、無事に毎月の生理と同程度の消退出血があれば、避妊の成功と言えます。

逆に、消退出血がなかった場合には、妊娠の可能性があると言えるのです。

また、生理程度の出血に至らない、ほんの少しの出血しか認められなかった場合も、着床出血、つまり妊娠した場合に起きることのある出血である可能性があります。

こんな時は、妊娠をしていないかどうか、検査薬、または産婦人科での検査を受けるようにしましょう。

アフターピルを飲んだら、次の生理はどうなるの?

アフターピルを服用することで、次の生理、そして未来の妊娠に何か影響が出るのかどうかも、女性としては気になる話ですね。

無事に消退出血があり、妊娠が回避できた場合は、通常のペースと同じ、予定通りに始まるのが一般的であるとされています。

少し詳しく見てみましょう。

  • アフターピルを飲んだのが排卵の前だった場合
  •  ピルで起きる消退出血(3日後〜3週間以内)と通常の生理:出血が2回

  • アフターピルを飲んだのが排卵後だった場合
  •  消退出血と通常の生理が同時に起きる:出血は1回

アフターピルでの消退出血も通常の生理も、どちらも体内の女性ホルモン(特にこの場合は黄体ホルモン)の増減によって引き起こされるものです。

排卵前の場合は、ピルの作用と通常の作用と2回、黄体ホルモンの増減が起きるため、2回の出血が発生します。

逆に排卵後であった場合は、既に体内にある程度黄体ホルモンが存在するため、ピルの作用に関わらず1回の出血で済むのです。

ですから、多少の日数のズレや量の違いはある可能性がありますが、次の生理に影響を及ぼすことはありません。

日数にズレが生じても、大抵の人は3ヶ月以内に治まると言われています。

また、未来の妊娠についてですが、アフターピルの服用で将来的な妊娠に影響が及ぶことはありません。

中絶と異なり、アフターピルは”着床そのものを防ぐ”ため、体にダメージを負うことがないのです。

アフターピルで起きる副作用にはどんなものがある?

もう一つ気になることといえば、副作用と後遺症の有無ですね。

アフターピルを飲むことによって起きる副作用には、以下の通りです。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • むくみ
  • めまい
  • 乳房の張り

これらの副作用が起きるのは、体内のホルモンの増加に体が付いて行かないことが原因です。

元々、女性の体は女性ホルモンの増減によって様々な変化(生理や妊娠)を起こします。

それを強制的に起こすほどの量のホルモンを追加するのですから、こうした副作用はある意味避けられないものです。

ただ、アフターピルによる副作用は、大抵の場合数日で治まります。

ただ、ピルが体に吸収されるまで、服用から2時間の時間を要します。

この2時間以内に嘔吐してしまった時は、再度ピルを服用する必要がありますから、服用後2時間は、出来るだけ嘔吐をしないよう耐える必要があります。

そしてもう一つ、気になる後遺症の有無に関してですね。

これはピル全体に言えることですが、稀有な例ではありますが、存在します。

その最たるものが”血栓症”です。

これは、血管内に血の塊が生じ、それが血流によって流されて、肺や脳、心臓の血管を詰まらせてしまうという恐ろしい病気です。

ピルに含まれているホルモンには、血液を固まりやすくする作用を持っているため、この血栓症が起きる可能性があるのです。

アフターピルの後遺症は、稀有ではあるが0ではない

アフターピルによって命にかかわる後遺症が出る可能性は、ほとんど0%と言われてはいますが、それでも100%安心だ、というわけでもないことを、先に知っておく必要があります。

そして、後遺症が起きるリスクがあるため、アフターピルを服用してはいけない場合も存在します。

上で見た血栓症の既往(過去に発症したことがある)があったり、、重篤な肝障害を保つ場合、子宮外妊娠をしたことがある人…などは、投与が禁忌、あるいは慎重投与が必要になります。

ですから、個人輸入で手に入れるより、しっかりと医師の問診を受けた上で処方してもらう必要があることを、どうか忘れないで頂きたいと思います。

また、アフターピルを常用することは避けなければなりません。

アフターピルに含まれているホルモン量は、通常、避妊や子宮内膜症の治療に使われる”低用量ピル”よりも数倍多いため、これを飲み続けると強い副作用が出る恐れがあるのです。

あくまで、アフターピルは”緊急避妊薬”である前提を忘れてはなりません。

もしも、パートナーが避妊に非協力的で、自分の身を守りたいと思うのであれば、アフターピルに頼るより、低用量ピルを常用する、何よりパートナーとの関係も、冷静に考えなおす必要があるのではないでしょうか。

望まないタイミングでの妊娠は、女性にとって恐怖でしかありません。

アフターピルはそれを回避するための有効な手段。

もしもの時には頼ることが出来るよう、正しい知識を持ちましょう。

関連記事はこちら

 - 夫婦のコミュニケーション

ページ
上部へ