男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

アスペルガーの夫との離婚。他の選択肢はあるのだろうか

   

アスペルガーの夫との離婚。他の選択肢はあるのだろうか

アスペルガー症候群とは知的な遅れもなく、外見上わかりにくい病気です。本人自身、自分がアスペルガー症候群とは知らずに生活している人が多いと言われています。

しかし、「変わっているな」と思われたり、「生きづらいな」と本人が感じていたり、何かしら感じる部分があるようです。結婚した相手が・夫がアスペルガー症候群だったら…離婚しか道はないのでしょうか。アスペルガー症候群とはなにかを理解し、考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


アスペルガーかもしれない夫との離婚を考える

付き合っている間は「ちょっと変わっているところがある彼」という認識だったのが、結婚を機に夫となり、長くいる時間が増える中で「なんでこんなに話がかみ合わないのだろう」「コミュニケーションがうまくとれない」「頼んでおいたことが出来ない」など、日頃の積み重ねが爆発し、離婚を考える妻が多いようです。

アスペルガー症候群とはどんな症状があるのでしょうか。

  • 対人関係が築けない
  • コミュニケーション能力が低い
  • 想像力が乏しい
  • 注意力が散漫

というのが、基本的な障害であるとされています。もちろん、私達も一人ひとり違うように、彼らも個々によって障害の差や、性格が違うので一概には言えません。

基本的に、人の表情を読むことが苦手なので、相手の感情がわからなかったり、的外れな会話をしてしまったりと、相手を嫌な気持ちにしてしまいます。現代の言葉で簡単に表現すると「KY」と言われてしまう行動や言動をしてしまいます。

これが夫婦となると、どれだけ大変なことなのかは経験しなくてもわかりますよね。離婚を考えてしまうのも、仕方のないことだと思います。専門知識のないアスペルガー症候群とうまく生活できない場合、ストレスから妻が心の病気になってしまうこともあります。まずは、自分を第一に大切にして欲しいと考えます。

アスペルガーの夫との離婚

はじめから夫がアスペルガーだと知っていて結婚したのなら、理解して寄り添うことも、支援することも考えられますが、アスペルガーに気づかないまま、長い間違和感を重ね疲れ切ってしまった妻は、どうしたらよいのでしょうか。

アスペルガー症候群の人は、彼ら独自の世界を持っているため、周りに合わせたり、共感したりする事が難しいんです。なので会社でうまくいかなかったり、仕事ができなかったりとストレスを溜め、うつ状態になってしまう方も少なくありません。その状態になってから病院に行き「アスペルガー症候群」と診断され、周りが認知するケースが多いんです。

夫がうつ状態になり、妻は長年の違和感からストレスでうつ状態になってしまっては、元も子もありませんよね。まずは、妻が元気を取り戻し、心が健康である事が大切です。「アスペルガーの夫と離婚をするのは、薄情なのではないか…」と考えている方。それは間違いです。これからの長い人生、心が健康で楽しく過ごせる道を見つけてください。

それでも「離婚」に踏み切れない方は、アスペルガーの夫を持つ妻の悩みをご紹介しますので、是非アスペルガー症候群を理解して、一緒に歩んでいける道を探してみてください。

アスペルガー夫の苦悩と離婚

アスペルガーの中には

  • 自分の特性がわかり、困ったことを表現できる
  • 自分の特性がわからず、困ったことを表現できない

という、タイプに分かれます。

前者のタイプの場合、はっきりとしているタイプなので、ぶつかってしまうことが多いのですが、妻としては夫が何が嫌なのか、難しいのかがある程度わかります。
問題なのは後者のタイプです。前者のような夫を持つ方からすれば、“本人が困ってないなら、仕事もしてるし問題ないのでは?”と思うかもしれません。しかし、困ったり悩んだりするのは妻や子どもなんです。夫自身が苦手なことを認識していないので、妻や子どもにとってはもっとわからないこと。わからないので、夫が理解できないことも妻は要求してしまい、結局お互いに相手を困らせ心がすり減っていってしまうのです。

子どもも同じく、父親が何を考えているのか、何で怒っているのかを理解することができないので、父親との関わりが希薄になってしまいます。

大切な子どもにまで影響があるとなると、離婚を視野に入れなければならない場面がくるかもしれません。子どもを守れるのは母なのですから。アスペルガーの夫を持つご家庭にお子さんがいるのならば、1番心配なのは子どもへの影響でしょう。どんな影響があるのかを理解した上で、今後を考えてみるのもいいかもしれません。

アスペルガーの夫と子どもへの影響

子どもが大きくなるにつれて、自分の意思を持つようになると

  • うまく叱れない
  • 子どもの心に寄り添えない
  • 年齢にふさわしいものを与えられない

という問題が出てきます。
子どもは成長していく生き物です。普通ならばその度に大人は対応を変えていくものですが、相手の感情を読むことができない彼らには、子どもの気持ちを理解するのは難しいんです。

そしてなによりアスペルガーは、気分や感情で急に怒鳴ったり、意見を押し付けてきたりすることも珍しくありません。子どもの話を聞かずに自分の思いが強く出てしまうので、その不自然な感情に、子どもたちも悩むようになります。

保育園や幼稚園に行けば、友達の父親を見る機会があります。そこではっきりと自分の父親と、友達の父親が全く違うことに気づくのです。その時の子どもの気持ちを考えると、胸が苦しくなります。
思春期を迎える年齢になると、理不尽な父親・理解力のない父親・会話のかみ合わない父親として、違和感は強くなっていきます。最悪、親子の会話が全くなくなるという例も少なくありません。

しかし、妻がアスペルガーを理解し、そのことを子どもに伝えたならば、子どもの感じ方も違ってきます。アスペルガーと知ることで、父親に感じていた違和感の答えが形になり、子どもの方が父親より精神的に大人になって、接してくれる場合もあります。なるべく小さいうちに、カミングアウトしておくのがいいかもしれません。

子どもは吸収力がいいので、どのように接すればいいのか、本能でわかることもあるでしょう。

夫のアスペルガーで妻はカサンドラ症候群

アスペルガーの夫による言動・行動のストレスにより、妻の心が疲れて症状として表れてくることを、「カサンドラ症候群」といいます。どのような症状かというと

  • うつ状態
  • 免疫疾患
  • ホルモン系疾患
  • 生理不順
  • 頭痛
  • 情緒不安定
  • 倦怠感
  • 不眠

など、様々な身体の不調が起こります。

夫への悩みを周りの人が理解してくれないという孤独から、カサンドラ症候群になってしまいます。

カサンドラ症候群になってしまったことに気付くきっかけは「アスペルガーを検索してたらカサンドラ症候群にたどり着き、自分と同じ症状だった」「夫がアスペルガーだとは知らずに、いつの間にかストレスでカサンドラ症候群になっていて、周りに“おかしい”と指摘された」と、すぐに気づく方は少ないようです。

カサンドラ症候群を治すには、一人で気晴らしやマッサージなどで心を落ち着かせたり、一時的に別居をして夫との距離をおいたり、専門家への相談もきちんと行うことが早期解決に繋がります。

そしてなにより「共感」が大事なんです。同じ境遇の方と話をすることが、一番の心のケアになりますよ。誰でもいいからと話してしまっては、共感されずに孤独を感じてしまう状況になってしまいますので、きちんと共感してくれる方に話しましょう。

まとめ

アスペルガー症候群と配偶者の心得を、理解していただけましたでしょうか。

  • アスペルガーはKY言動
  • 行動が多い
  • 相手の感情が読めない
  • 子どもへも少なからず影響がある
  • 妻は悩みを共感してもらう
  • 離婚は悪いことではない

アスペルガー症候群といっても、これが全てではありません。基本的な症状の一部であって、個々の性格や障害の度合いによって、配偶者への負担も全く違うと思います。

そして一番心配なのが、「遺伝する」ということです。夫がアスペルガーかもしれないと感じたら、子どももしっかりと観察してあげましょう。「変わり者」と片付けられ、なかなか世間に馴染めずに苦労するよりも、子どもの頃から障害を知り、周りが受け止めて理解することで、その子にとって住みやすい将来が開けます。

いかがでしたか?離婚を勧めているわけではなく、心のバランスが崩れてしまうのであれば、離婚も悪いことではない。ということが伝われば嬉しいです。もちろん、全てを受け入れて一緒に歩む道もあります。

何が一番いい方法なのかは、その家庭によって違ってきますので、あなたと子どもが幸せになれる道を選んでくださいね。

関連記事はこちら

 - 別居・離婚

ページ
上部へ