オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

離婚?!一人っ子の女との結婚は問題だらけ!!

2016.10.3

大好きな女性といざ結婚を意識し始め、彼女から家族になる覚悟をすることは、男性にとって大変な決意ですよね。

一人っ子の彼女となると、両親の愛情もひとしおで、そのプレッシャーは想像以上かもしれません。婿に入るの?同居?老後は?などなど…

一人っ子の女性との結婚は乗り越えなければならない壁が多そうです。

人生の分岐点となる“結婚”を失敗しないためにも、問題点を考えてみましょう。

一人っ子の女と結婚する問題点

結婚に失敗しないためにも、まずはどんな問題が可能性としてありえるのかを挙げてみましょう。これなら許せるという条件なのか、絶対に飲み込めない条件なのか、自分なりにチェックしてみてください。

苗字が途絶えてしまうため、婿養子になる。

たいした名家でない普通の家庭でも、姓を存続させることにこだわる場合も多いようです。

相手の親との同居。

一人娘を側に置いておきたい、離れたくない、親だけでの生活は心配という、子離れ親離れができていない場合は、結婚の条件になるかもしれません。

相手の親の老後

一人っ子同士の場合、特に大きな問題かと思います。同居が結婚の条件になってしまった場合は、必然的に相手の親の老後を診ることになりますが、自分の親も心配ですよね。

結婚は家と家との繋がりなので、結婚する上での、親が関わってくるであろう問題を挙げてみました。せっかくの楽しい新婚生活に、暗雲が立ち込めることは回避したいですよね。結婚を決める前に、このような問題点を話し合っておくことで「こんなはずじゃなかったのに…」と、残念な結婚生活になってしまうことを避けられるでしょう。

一人っ子の女の性格。結婚に向いてない?

みなさんは、一人っ子の女性にどんなイメージを持っているでしょうか?もちろん個々の性格があるように、一人っ子全てに当てはまるものではありませんが、「こう育ってきたからこういう性格になる可能性が高い」という観点で見ていきたいと思います。

マイペース

小さい頃から一人で遊ぶことが得意で、一人での気楽な行動を好み、相手に合わせて行動することが苦手です。今までは、全てが自分のペースで行動できていたことが、結婚することにより相手のペースも生まれてきます。その気疲れから、些細なことで喧嘩になることもあるでしょう。

甘えん坊

子どもの頃から親の愛情を独り占めできる環境にあることが要因です。周りからは“わがまま”と、思われることも多いようです。

束縛が嫌い

他人にペースに合わせることが苦手ですが、決して他人といることが嫌いなわけではありません。しかし「あーしろこーしろ」と、彼女のペースを乱すことが苦手なので、不機嫌にならない言い回しを考える必要があります。

一人っ子は自分の時間が大事

マイペースということに繋がってくるように、自分のペースや時間があります。結婚してもお互いの時間を尊重できる関係が好ましいでしょう。

あくまで代表的な一人っ子の性格を挙げてみました。夫婦の生活となると、同じ時間を共有することが多いので、“時間”がキーワードになっている一人っ子との距離の取り方が難しそうですね。

一人っ子の女との結婚生活

一人っ子の女性自身も「一人で出かけたい」「一人の時間を持ちたい」「相手の生活音が耐えられない」「お金も自由に使えない」と思いながらも、結婚に憧れる女性は多いようです。「子どもが生まれたら、子どもが一番になるかもしれない」そんな期待もありますが、実際どうなのでしょうか。

「一人っ子なので、子どもを連れて頻繁に実家に帰った。」
どうやら両親が、孫はもちろん一人娘の顔も見たかったようです。旦那さんからしたら、嫁いだのにちょっと…という気持ちは否めないですね。

「子どもの頃に身近に喧嘩相手がいなかったため、夫婦の喧嘩になると収拾がつかない。」
些細なことで起こる夫婦喧嘩ですが、そのたびに根に持たれたり、ネチネチされると男の人は疲れてしまいます。口喧嘩の収拾のつけ方がわからないのかもしれませんね。

「思い通りにならないと怒る」
もっとも多い感想でした。やはり、我慢するという経験が圧倒的に少ないことが原因のようです。子どもがいてもいなくても、性格を変えるのはなかなか難しいですよね。

一人っ子女性が、夢のような結婚生活に憧れを抱いていたものの、実際には他人との生活にストレスを感じる場面が多いようです。旦那さんもその対応に四苦八苦しているようですね。

一人っ子の女の扱い方

大好きな彼女と幸せな結婚生活を送るために、一人っ子の女性の攻略法をお教えします‼︎今までの一人っ子の性格に当てはまる彼女の場合は、ぜひお試しください。

マイペースを理解する

兄弟や姉妹に邪魔されることのない生活だったので、自分の時間やペースが何よりも大切。そのことを理解して、“これが彼女のペース”と頭に入れておくことで、こちらもイライラせずに済むでしょう。

喧嘩になったらこちらが冷静に

やはり、子どもの頃に口喧嘩をする相手がいなかったので、言い争いは不得手です。相手の意見をしっかり聞いてあげて、肯定してからこちらの意見を伝えるようにしましょう。

大人数で遊ぶ時は気にかける

一人の時間や一対一の関係は得意ですが、大人数になると上手く輪の中に入っていけません。「楽しくないのかな?」と思わずに、こちらから話を振ったり気にかけてあげることで、楽しめるようです。

一人っ子女性の時間を確保してあげることで、自分の時間も確保できるということで、あなた自身も好きなことをしてはいかがでしょうか?結婚生活でぎゅうぎゅうになってしまうよりも、たまには自分の時間で息抜きしてみると、相手の気持ちもわかるかもしれません。

兄弟がいる人と一人っ子。結婚に向いているのは?

一人っ子の女性との結婚生活の問題点について書いてきましたが、兄弟がいる女性と一人っ子の女性のどちらが結婚への問題点が少ないのでしょうか。

兄弟がいる場合、結婚するともれなく兄弟姉妹がついてきます。「結婚する相手は彼女なのだから…」と思われるかもしれませんが、それは間違い。仲の良い家族の場合、旅行に行くにも出掛けるのにも、付いてくるかもしれません。その兄弟が結婚したら、その相手とも集まる機会があるでしょう。

彼女が末っ子の場合、一人っ子と同じような性格の問題が考えられます。年の離れた末っ子なら尚更、兄弟からも両親からも、たくさんの愛情を受けて育っていることでしょう。しかし、同居や姓の問題は考えなくてもよさそうですが、姉妹の長女だと、その問題さえもでてくる可能性があります。

  • 兄弟やその結婚相手、子どもとの親戚行事問題
  • 彼女が末っ子問題
  • 彼女が姉妹の長女問題

うーん…兄弟のいる女性との問題点を見てみると、一概に一人っ子の女性との結婚が難しいとは言えませんね。

まとめ

  • 一人っ子の性格を理解する
  • 結婚前にお互いの条件をすり合わせる
  • 兄弟がいるいないは関係ない
  • 結婚は家と家との繋がり
  • この人となら問題を乗り越えられるという人を見つける

一人っ子でも兄弟や姉妹がいても、結婚の問題はあまり変わらないように感じます。結婚とは他人と生活をすることですので、問題がないわけがない!その問題を受け入れられる相手、乗り越えられる相手と結婚したいですね。

「結婚はゴールではない」とよく言いますか、結婚は第二の人生のスタートです。相手の気持ちも肯定しながら、あなたの気持ちも上手に伝えていきましょう。あなたばかりが我慢していては、女性も成長しません。上手な言い回しを見つけて、喧嘩にならないように気をつけてくださいね。

第二の人生が楽しくなるように、問題点は早めに見つけ、充実した生活を手に入れてください。

 - 結婚