オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

旦那が友達を優先!家族と友達、どっちが大事考えてもらおう

2016.10.20

旦那が何かにつけて友達を優先する。これは頻度と状況にもよりますが、妻としては心穏やかでいられないのが事実です。友情は大切、それは判ります。まして長年の友情であれば、壊すつもりはないのですが、家族の大切さについて旦那に考えてもらいましょう。

旦那が友達を優先する状況とは?

ネット掲示板では、この手の悩み相談は少なくありません。

休日になると旦那が友達と遊びにいったまま中々帰ってこない。深夜に帰ってくる。家族や妻との約束はドタキャンする。勝手に友達との旅行の予定を立ててくる。どれもこれも、蔑ろにされた妻たちの嘆きです。

この手の旦那にとって妻や家族は何なのでしょうか?

掲示板には妻の訴えに対して「家族はいつでも会えるけど、友達とはたまにしか会えないから友達を優先している」という考えの男性が多いようです。

つまり、友達を優先させる旦那にとって、家族は「空気」なのでしょう。居て当たり前という事です。

でもこの旦那に悪気や妻や家族を下に見ているという事はないのです。はっきり言えば、思春期の男の子の感情から一切育っていないのです。

思春期の男の子というのは、家族よりも友達を取ります。これは正常な成長過程であるのですから、全く問題ありません。ただこの状態のまま、自分が家庭を持たれたら困りますよね。

友達優先の旦那を理解しよう

まず思春期の男の子がいると考えましょう。彼らにとって、「友情は正義」なんですね。それはもう小さいころからジャンプで教育されていますから、「友情を大切にする男こそ大人の男の条件」だと思っています。

だから、そんなプライドを持っている男が友達に誘われれば「家族と予定があるからその日は無理」なんて言えないですね。だって友達を優先することこそ正義であり、大人の男やり方だと信じているからです。

しかし、家族を大切にしてないかというとそういう事は決してないのです。子供も妻も愛しているし大切にしている。だけど「友情は正義」という信念が彼らの行動を決定づけているだけなのです。

また、友達と遊んでいる時の方が楽しいと感じるのも事実です。友情を優先する男性の中にはどうしても、「父親としての責任」や「夫としての責任」をちょっと重いなあと感じている人がいます。だから、友人と遊んでいれば、そういう責任は考える必要がないのですね。

友達優先から家族優先に旦那を教育する方法

この方法が分かれば、きっとノーベル賞、それも平和賞が取れる気がします。家族の平和に多大なる貢献を与えたと言われるでしょう。

正直それくらい困難な事です。

人の価値観を変えるというのはかなり難しいのです。

でも方法はないわけでないのです。

旦那が信じている「家族はいつでも一緒にいる」というのは幻想です。子供が親と一緒にお出かけしてくれたり、遊んでくれるのは、ほんの短い間です。思春期になれば、親よりも友達を優先するようになるでしょう。

また、妻をずっと放置しておけば、妻は旦那以外の人と出かけるようになります。それが妻自身の親なのか、子供なのか、同性の友人なのか、異性の友人なのかはわかりません。しかし、蔑ろにしていた相手の優先順位の一番は常に自分ということはなくなります。

それを理解すると旦那も友達優先から家族優先へと考え方も変わるかもしれません。

家庭を持つという事は責任も生じます。その責任から逃げ続けていれば、もう旦那は家族の一員にならないという事実を旦那は理解すべきです。

「私と友達どっちが大事?」と旦那に迫らない事

「仕事と私どっちが大事?」

「私と友達どっちが大事?」

この手の質問は発しただけで、男性がドン引きする事間違いないしなので決して言わないようにしましょう。

本来は「私(家庭)」「仕事」「友人」というのは、比べるものではないのですね。これを同一線上に比べて「私を選べ!」と強要すると男性は100年の恋も冷める事間違いなしです。

これはNGワードですから、旦那に決して言わない事です。

でも、そう言いたくなる気持ちはわかります。先に比べて友達を優先しているのは旦那なのですから。でもこのセリフは強要して「私(家庭)」選ばせても本当に意味がないのです。

前述したように、友達を優先する旦那というのは得てして思春期の男の子のメンタリティを持っていますから、そんな格好悪い事言えるか!と逆ギレすることも考えられます。

要は旦那に、友達と遊ぶよりも家族でいることの方が楽しいのだという事と、いつまでも家族一緒にいられないという事を判らせればいいのです。

家族といる事の方が楽しいと旦那にアピール

例えば旦那と家族旅行やレジャーに行く約束をしていたのにドタキャンされたというのであれば、旅行を強行してしまいましょう。旦那抜きで。一人で子供の世話が大変という人や友人や、自分の親も一緒に行きましょう。

そして、これでもかと写真や動画を取ってきます。そして子供達にはいかに楽しかったかというのを旦那話をさせるのです。旅行の最中にSNSを頻繁にアップして、旦那にアピールするのもいいでしょう。子供に絵をかいてもらうのもいいですね。家族の絵の中に旦那の姿のない絵をね。

また、旦那が友達と予定を組む前に子供から家族のレジャーや買い物をおねだりしてもらうというのも一つの手です。もし旦那が友達約束を優先して、ドタキャンするようなら、自分で子供に説明してもらいます。もし子供が泣いたら、泣き止ますまでは外出させないようにしましょう。

また何かの折に「子供達と一緒に○○できるのもの、あと数年かな‥」と期間がある事をさりげなく告げましょう。

少々絡め手にはなりますが、正論で話し合って喧嘩するよりもずっと平和的は方法です。

 - 夫婦・結婚生活