男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

急に夫が病気で仕事に行けなくなったときのhow to

   

急に夫が病気で仕事に行けなくなったときのhow to

現代病になっっている鬱を始め、昨日まで元気に働いていた夫が病気になり仕事に行けなくなったら家族である妻はどのように対処するべきでしょう?子供の教育費に住宅ローン今の貯蓄で何ヶ月乗り切れるだろうと不安が押し寄せてきますよね。

ここでは少しでも生活や気持ちを楽にする方法をまとめました。申請をしてもらえるお金をもらい病気を家族で乗り切りましょう。

世の中のたくさんの妻達がこのような経験をされています。あなただけではありません。この記事で少しでも気持ちが楽になれば幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

スポンサーリンク


夫の病気がどのぐらい続き話を聞くことがあなたの第一の仕事

病気と言っても様々な症状があります。夫が仕事先で抱えてくる病気、それは精神的なものが多いように見受けられます。胃潰瘍、神経性胃炎、鬱等様々です。まず夫が急に仕事に行けないと
言ったら夫の話を聞くことが重要ですよね。

普段あまり仕事の話をされない夫をお持ちの妻もがんばりどきです。医者より一番近くにいるのはあなただから。何年か前前ベストセラーになったある本によると男性の脳と女性の脳では根本的に違うと
書かれていますよね。夫から仕事の話を聞いて妻の一言で病気の原因が解決されることもあると思いませんか?

話を聞くうちに単に体調不良なのか、人間関係からくるものなのかわかってくるはずです。病気によって様々ですが夫の性格を一番よくわかっているのもあなたです。どのくらい仕事に行けなくなりそうか予想を立てましょう。夫の病状の心配は一番の心配ですが残りの家族の生活問題も同じ位大事なのですから。

夫が仕事に行けないとなると一番の問題は収入です。共働きの世代が増えてもやはり夫の給与で毎月の必要経費を出されているご家庭が大半なのではないでしょうか?その為にも「この病気いつになったら治るのか」と予想を立てることが大事なのです。

夫の病気を仕事先に相談しよう

話を聞いた結果、仕事先に病気の原因があったとしましょう。人間関係や組織を全く知らない妻が聞くだけでは何の解決にもなりません。例え夫がこのまま休んで退職したいようなことを言ったとしても一度は妻が会社に出向き、上司のような方に相談してみるべきです。今の時代、
大手企業だけかもしれませんが産業医がいる会社もあるのです。専門家の第三者への相談は一番効果的ではないかと思われます。

そして話を突き詰めると夫の病気の原因が直属上司が原因だとすると、それを仕事先で悩んで病気になるのはあなたの夫だけではないかもしれません。夫の同僚や後輩も同じ気持ちでいて、たまたま思い詰めて病気になったのが夫だとしたら・・そうなると会社がどうにかしてくれるのではないでしょうか?
直属上司の厳重注意、部署異動等。その上司を野放しにしておいた組織にも原因はあるのです。そういった問題は仕事先に相談しないと誰もが知り得ないことなのかもしれません。

例え夫が妻に「仕事先に相談などするな」と口止めしたとします。その時は夫には内緒で動くといいと思います。男性というのはそういった会社の問題に妻に(女性に)は入ってほしくないプライドをもっておられる方が多数いるのでは?けれど妻の言い分を代弁すると、休職期間、再雇用の為の就職活動などの時間家計を支えなければいけない重責もあります。

それを考えればば原因を突き詰め元の会社に戻ってもらうのがベストではないでしょうか?

夫の病気を病院で診断。それも仕事

いつも、身を粉に休みもなく働いている夫。休みは週末のみ。病院に行く時間もないですよね?仕事に行けないのでこの休みを使い健康診断に行ってみてはどうでしょう?仕事先で健康診断を受けている人もそうでない人も。普段なら行かない「人間ドッグ」みたいなことや精密検査的なことでもこの際必要かもしれませんね。仕事に行けないのですから。

この検査で新たな病気の発見につながるかもしれません。結果次第で今の仕事の継続、部署異動、仕事を辞める、再就職活動等考え時ですよね。

精神的な悩み・ストレスから心臓、脳、内臓に至るまで疾患はあらゆるところに出てくるそうです。例えば女性に多くある片頭痛。季節の変わり目、ホルモンバランスの乱れも原因ではありますがストレスが一番大きな引き金だとか。日々、自分の夫が仕事に行く前に市販の鎮痛剤などを常用していないかチェックすることが大切ですね。市販の鎮痛薬は即効性はあっても胃に
よくないという話をよく耳にします。こういう薬を日常化してしまっている夫をお持ちなら病気を疑い医者に診断してもらうことも大事ですよね。場合によっては診断書が出て療養が必要となることもあるのですから。

普段、夫は病気をしないから病院にいったことがないという奥様もこの際老後にむけて地域のかかりつけ医をつくるつもりで受診されてみてはいかがでしょう。

夫の仕事の残休日を把握する

病気がすぐ治って来週から仕事に行けるという位の疾患なら会社の「年次有給休暇」を使いましょう。病気になる位ですから普段この有給休暇を使えていない方が大半でしょう。会社によっても異なるでしょうが一年で20日前後の有給休暇を使用する権利があるのです。この日数を知っておくと急な冠婚葬祭の休みなどにも役立つことでしょう。

だいたいこの「有給休暇」も使用期限を設けている会社が多くあり、一般的に2年が多いようです。なので1年でだいたい20日間×2年で40日という計算をするとだいたい1ヶ月半から2ヶ月は有給休暇で病気を治療できるのです。

もしこの40日の間に病気が治らなければ仕事先に休職扱いしてもらうことになります。この休職制度は会社によっても様々で利用している間の賃金の規定は就業規則にもよるらしいのです。多くの企業では休職制度の間賃金は0。社員とその家族はは健康保険の傷病手当で生活することになるようです。金額は全国健保協会のホームページに細かい計算方法がのっています。
金額は減ることに間違いないのです。

傷病手当も1年6ヶ月間受け取れるとのことです。その間にこれからの生活の事を家族であなたが中心となって考えなければいけませんね。

今すぐできることといえば夫の給与明細に記される有給休暇の数の把握と就業規則を読み直すことでしょう。

夫の病気でも住宅ローンは続くんです

近年、働き盛りの40歳位で体調の不良をうったえられ仕事に行けなくなる方が多いようです。35年ローンで憧れのマイホームを購入された方、月々の返済を少なくして仕事の定年まで住宅ローンの設定をされている方が大多数ではないでしょうか?しかし夫が病気で仕事に行けなくなったらその計画も狂いますよね。

ローンを組む際「団体信用生命保険」に入ったから大丈夫と大きな勘違いをされてないでしょうか?多くの銀行の団信は死亡ならローンの支払いを免除されますが高度障害状態の審査は厳しく精神疾患の鬱などでは支払いは免除されないのです。
今組まれている住宅ローン疾病保障がついているか規約を見直す、銀行に問い合わせる、新たに収入保障保険の加入を考えるなど対策が必要です。

もし妻のあなたが正社員で働いていたとしても通院の付き添いなどで働き方を変えなければいけないかもしれません。夫の収入も妻の収入も減る。支出を一から見直すことが必要です。そして住宅ローンを組む際には無理のない返済もしもの夫の病気を考えることも大切ですよね。

そしてもうひとつ大切なのは家族で一番近い存在のあなたが夫の病気で思い悩み、心や体を病気にしないでください。夫が病気になると一家の大黒柱はあなたになるのです。あなたが倒れてしまっては子供や病気の夫が頼る場所がありません。適度に友人に愚痴をはくなどしてストレス
解消してください。

この記事のまとめ

・夫、本人から話を聞く
・夫の仕事先にも相談
・夫の病気を病院で診断
・夫の有給休暇や会社の就業規則を把握
・住宅ローンや家計の支出を見直す

鬱などの精神疾患が非常に多い
精神疾患からの暴言、暴力も悩まれてる方もたくさんいる
仕事を休職退職になりで家計の収支が大きく変わり、お金のことでも悩みはつきない
仮にこのような状況におちいってもも妻が仕事をでき収入を得ることができる事も必要だし
いざ仕事をするとなった時の為の健康管理も日々きをつけなければならない。

関連記事はこちら

 - 夫婦・結婚生活

ページ
上部へ