オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

2016.10.20

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たいという気持ちはわかります。

でもはっきりいって迷惑、訪問が苦痛なんてママも少なくありません。

穏便に義母の訪問を避ける方法について解説いたします。

産後の義母の訪問はママにとって苦痛である

多くの場合、旦那がよかれと思って自分の義母に、妻の手伝いを頼んだりします。

また、旦那が頼まなくても、義母が勝手に手伝いに来たりします。

気持ちは判るんです。可愛い孫の顔を見たいのですよね。

でも、ママにとってこれは苦痛以外の何物でもありません。

もちろん嫁姑関係が良好な人はいます。姑が来ても気にならない、いやむしろ助かるというケースもあるでしょう。

でも多くのママにとっては、姑は「最も気を遣う人」なんです。言うなれば、上司に常に仕事をチェックされている気分です。

社会人ならその気持ちわかりますよね。どんなに尊敬していても、いい人だと理解していても、常にそばに居られれば気が抜けないでしょう。

産後のママに必要なのは、リラックスなんです。ただでさえ育児で気が張っているので、その上訪問してきた義母にも気を遣うのは大変なんです。

部屋もキレイにして置かなきゃいけない、お茶菓子を用意しなきゃいけない、おしゃべりに付き合わなきゃいけない。さて男性諸君は自分がリラックスしたい時間帯に上司とこんなことしたいですか?

義母の育児方針をママに押し付けないで

子育ての常識というのは本当に短い間に変わります。

例えば、義母の世代は「抱き癖が付く」から赤ちゃんはあまり抱っこしない方がいいと言われていましたが、今が別に抱き癖が付くわけでないから、赤ちゃんは抱っこしてOKというのが常識です。

ミルクの時間も定期的に飲ますべきという意見もあれば、欲しいと泣いた時にあげればいいう意見もあり、これも子供産んだ産院によって違いがあるようです。

義母の子育て時代と色々違っているのに、それを当たり前のように言われてもママは困惑してしまうのです。そして義母に気を遣って、渋々その通りにしてみたり。

産後はホルモンバランスも崩れている上に、育児で昼夜問わず気が休まらないのに、更に義母に対して、今の育児方針と違う方法を「違っている」と判ってもわが子にしなくてはいけない、とてつもないストレスです。

これが義母が善意であればあるほど、イライラは募ります。だって悪気はないのですから、でもはっきり言えば、ママを追い詰めているだけなのです。

義母の言動は産後のママには辛すぎる

義母の言動の動機は孫可愛さのためだと思うのですが、それでも攻撃力が高すぎます。

特にママを追い詰めるのは「○○で可哀そう」というセリフです。

「まあ、こんな薄着で可哀そう。」
「こんなに泣いて可哀そう。」
「可哀そうにおなか空いたね。」

「可哀そう」というセリフの攻撃力の高さは、ママのメンタルを吹っ飛ばすレベルです。義母的には決して、ママを責めているのではないのですね。まあ可愛さのあまり、自分が考える万全の状態でないのをそう表現しているだけなのですが、ママにとっては、「自分はママとして失格である」と言われているのと同然です。

前述したように、これぐらいの攻撃であれば、通常の人は傷つきません。でも産後のママはとってもデリケートです。そして、常に「自分はこれでいいのか?」「子育て間違っていない」と不安に駆られているのです。そこのピンポイントにつくような言葉は、ほとんど瞬殺レベルです。

この泥沼から抜け出すにはどうすべきでしょうか?

義母の訪問を穏便に避けるには?

これは全て旦那経由で話を進めましょう。自分で言うと穏便ではなくなります。

まず、攻撃に転じます。

義母が訪問する主目的は、「孫の顔が見たい」のですから、見せに行けばいいのですね。旦那がお休みの日に子供を連れて3人で訪問します。

そしてポイントは「○○に行くついでに寄った」という事にします。買い物でもいいですし、レジャーに行くのでもいいです。そうすれば長時間の滞在が避けられます。でも、偶には旦那の実家に長時間滞在してくださいね。

これで、こっちのペースで物事が進められます。

そして、旦那には義母の訪問を中止してくれるようにいいましょう。旦那には義母の訪問がつらいという本音を話すべきですが、時として、そのまま伝える考えなしの旦那がいますので、義母にどう説明するかもキチンと話し合っておきましょう。

すでに定期的に孫の顔を見せるという点をクリアしているので、義母が訪問を中止してくれる可能性は高いと思います。別に家に来るのが目的ではないはずですから。

義母が訪問してくる目的とパパの使命

義母の訪問は有難迷惑ではありますが、ここで一度冷静に考えておきましょう。

前述したように義母の目的は「孫の顔見たさ」です。つまりお孫さんはとても愛されているとい事ですね。

せっかく生まれても、望まれていない子は少なくありません。親や総父母に見向きもされない子供もいるのです。

でもその子は、義母がわざわざ「顔が見たい」と訪問するくらい愛されているという事ですから、その事実には感謝しましょう。

そしてパパもよく考えましょう。

自分の母は遠慮なく甘えられる相手ですよね。だからと言って、自分の妻もそうだとは限らないのです。下手すると、家族の中で一番気を遣う相手だったりするのです。だから、もし義母がよかれと思って育児に口を出すような際には、必ず妻を守ってあげてください。

前述したように、孫が可愛いゆえの「可哀そう」攻撃はママの心を砕きます。

ここで嫁と姑の間に亀裂が入れば、その修復は相当厳しいです。お互い悪くないのに、関係がこじれることはとても悲劇です。

でもパパのちょっとした言動で、亀裂を防ぐことができますので、ここが頑張りどころです。

 - 同居・嫁姑問題