男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

   

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単なことではありませんよね。

普段からコンビニ弁当やレストランで、プロが作る美味しい料理を食べている彼に満足してもらうためには、一体どうしたらいいのでしょうか。

そもそも、彼女が料理を作ってくれてうれしい!と思う男性は多いのか・・・?

良い効果も悪い効果ももたらしそうですが、失敗しないためにどうすればいいのか考えていきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

スポンサーリンク


彼女が作る料理は本当にうれしいものなのか?

一昔前までは“外食=不健康”といったイメージが強くありましたが、近年では健康に対する関心が強い世間に向けて様々な商品が誕生してきています。

安くすませるために自炊をする人も多いと思いますが、健康の面まできちんと考えられているのか?というと微妙なところだと思います。自分しか食べないから好きな食材しか使わない、毎日同じものしか食べない。きっとこういう方も多いですよね。

外食なら好きな時に好きなものを、短時間で手軽に食べられるので現代人のライフスタイルに合っているように感じます。

これではなんだか外食がとても魅力的に見えてきますが、では自分以外の人物である彼女が料理を作るという行為にはどんなメリットがあるのでしょうか?

栄養バランスを考えてもらえる

わざわざ自分のご飯を作るのに嫌いな料理ばかり作る人はいないですよね。客観的に見ることができるので、偏った食生活を見直すチャンス!

せっかく作ってもらったという意識から、嫌いなものが多い彼でも完食しやすいのでは?

食費が安く済む

なんといってもこれですよね。自分と彼の分をまとめて作ればさらにお得!

家で作るだけでなくお弁当として渡せば、毎日のランチ代が相当節約されます。

将来を考える材料になる

あなたにとって完璧なまでの外見を持つ男性がいたとします。

しかしその男性は貯金のできない浪費家で、家事も一切できない人物だったら・・・お付き合いの段階ならまだしも、結婚を考えるとなるとちょっと難があるのではないでしょうか。

結婚は長い人生を共に生きていくわけですから、最低限の生活力がないと共倒れだってありえます。

女性が男性に仕事や経済力を求める人が多いように、男性は女性に家庭的な部分を求めるケースも少なくありません。

彼女に作ってもらうとうれしい料理は、作ってあげたい料理ではない?

“おふくろの味”と聞くとパッと頭に浮かぶ和食。彼の心の中にある懐かしい味をマスターすればきっと喜んでくれる!・・・その考え、実はとても危険!

美味しい肉じゃがを作れれば大丈夫!って誰かが言ってたような?でもこれって大きな間違いかもしれないのです。

おふくろの味とは彼が育ってきた家庭の味、彼のお母さんの味付けを指しますね。同じ料理でも各家庭で味付けは大きく異なるでしょう。直接指導をしていただけるならまだしも、独自の味付けで「これ懐かしいでしょ!」と自信満々に出したところで微妙な反応をするされるのが目に見えています。「家庭的な面を見せてやろう」というあざとい部分を見透かされるのも避けたいですね・・・。

そこで玉子焼き1つにしても砂糖やお醤油、出汁は入れるのかどうかなど、事前にリサーチしてみるのがおすすめ。もしくは手軽に作れる料理なら2パターンほど用意してみて「こっちは私の家の味。こっちは少し変えてみたんだけど、どっちが好き?」なんて遊び心を加えてみるのはいかがでしょうか?

また日頃から少し自炊をしている彼であれば、きっと手軽に作れる料理はいくつか知っているはず。

一人分だけ作るのでは面倒臭がってしまいそうな、ちょっと手の込んだ料理を作ってみるのもおすすめです。

結局、彼女の作るどんな料理がうれしいの?

何度もチャンスがあるなら試行錯誤していけるけど、自分の料理を食べてもらう機会がなかなか無いのであれば、確実に成功を狙わなければいけません。

料理の技術は練習の積み重ねでどうにかなるとして、やはり問題はどんな料理を作るかということ。

そこで喜ばれやすい料理をいくつかご紹介していきます。

オムライス

好きな人は多いけれど、なかなか男性が作ることはないようです。ご飯を炒めて味をつけて、さらに違うフライパンで卵を焼く手間を考えると納得ですね。

味付けにケチャップを使うことが多いので、失敗する確率も低くておすすめ!ただ卵は練習したほうが良さそうです。

唐揚げ

一人暮らしでは揚げ物をしないという方も多いのではないでしょうか。こちらも片付けが面倒に感じるからか、簡単なのに喜ばれやすい料理です。

やはりお肉を使った料理はボリュームを感じやすいので、ガツガツたくさん食べる彼に作ってみてはいかがでしょうか。

お鍋

季節が限られてしまいますが、寒い日に温かいお鍋をつつくだけで、なんだか幸せな気分になってきます。

彼だけでなく自分の好きな食材も入れられるので、食の好みが合わないカップルでも大丈夫。

ハンバーグ

上記3品に比べると手間も時間もかかりますが、チンして食べるものより手作りのものは数倍美味しく感じられます。

ハンバーグ自体の味付けが微妙になってしまっても、ソースが上手くいけば誤魔化せる点は便利かも?

料理はだめ・・・ならばお菓子という選択もある

料理を作ってあげたいのはやまやまなんだけど、お互い実家住まいだし、キッチン貸してなんて言えない!そんな方はいつか来る日のために料理の腕を磨いておく。というのもいいですが、手作りのお菓子をプレゼントするのはいかがでしょうか。

バレンタインの時期に学校で流行った友チョコ、どんなものを作ったか思い出してみてください。

溶かして固めただけ、混ぜて焼いただけ、子供の頃の自分にできたことが今の自分にできないなんてことはないはず!

特別な日でなくとも、お出かけするときの2人のおやつにもおすすめ。

クッキー

焼き菓子の定番ですね。手を汚すこともなく食べやすいのでプレゼントには最適!

砂糖の分量を変えて甘さを調節したり、ナッツなどでザクザク感を出したりとアレンジがしやすいのも特徴です。

スプーンですくい落とすタイプや、型で綺麗に抜くタイプなど、見た目も手軽に可愛らしくできます。

チョコブラウニー

甘党な彼におすすめしたいのがこちら。

スティック状にカットして包装しておけば、お洒落且つ食べやすいのできっと喜ばれるはず。

カップケーキ

こちらもやや小さめサイズに作っておくことがポイント。

ホットケーキミックスを使ってもよし、すでに調合されたカップケーキの素も100円ショップなどで簡単に手に入ります。

なにより大切なのは“真心”

好きな人からのプレゼント、それがどんなに小さな物だったとしても、とても嬉しい気持ちになると思います。それはその物自体の価値ではなく、自分のために考えてくれていた時間と、その気持ちが嬉しいということ。

それは料理も同じです。

プロが作るレストランの味には敵わないし、お店に並ぶお菓子のようにうまく作れない人がほとんどでしょう。

しかし、一生懸命考えて作ったものはきっと相手に伝わります。

真心のこもった料理はとても美味しいものです。

「料理のできない彼女なんてがっかりさせてしまうかもしれない・・・」

まずいって言われたら?そんな不安もあるかもしれませんが、それよりも彼の喜ぶ顔を想像してみてください。

世の中のお母さんたちだって、みんな最初から料理が上手だったわけではありません。

例えば特別な日のディナーに、今までならお洒落なレストランで過ごしていたけど、おうちでご馳走を作って彼をびっくりさせるのもおもしろいと思いませんか?

独学が不安な方向けに、お料理教室の体験コースなら1000円前後からとリーズナブルで、定員も多すぎず“超”初心者でも気軽に参加できます。

また同様にお菓子教室というものもありますが、クリスマスやバレンタインの前は早めの予約必須!

手作りならではの良さ・楽しさを彼と一緒に感じていけたら素敵ですね。

この記事のまとめ

  • 食の好みのリサーチは大切。
  • 無理に“おふくろの味”を意識しない。
  • 料理がだめならお菓子もあり。
  • 技術よりも気持ちを重視する。

女性から見ても料理上手な女性は憧れますが、決してみんながみんな初めからできたわけじゃないのだから、やる前から自信を無くしては勿体ないと感じました。

やってみなければ始まらない!人に食べてもらう前に、まずは小さなおかずからチャレンジしてみようと思います。

関連記事はこちら

 - 男性の気持ち

ページ
上部へ