オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

2017.2.7

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心。でも気づいたらなんだか視界がボヤボヤ、もしかしてまた視力が下がった・・・?

目の悪さを実感する度になんだか憂鬱な気分になりますが、見えないのも不便なので度を調整するしかありませんよね。

でもその都度眼科に行くのも手間だし、今付けているコンタクトの上からメガネをかけて同時に使用するのはアリ?そんな疑問にお答えします。

コンタクトとメガネの同時使用、ずばりアリなのか?

コンタクトを付けた上からのメガネの使用、結論から言えばアリです。

だんだんとコンタクトのピントが合わなくなってきたなと感じたら、足りない分をメガネで補うのは決して珍しいことではありません。

しかしこれはきちんとメガネの度数が合っている状態であることが前提で、視力をはからずに近視用のメガネを安く買ってきて使用するのはあまりおすすめできません。度が弱すぎても意味がありませんし、逆に強すぎても過矯正となってしまいます。

単に近視が進んで見えづらくなったのか、はたまた乱視になったのか。もしかしたら老眼かもしれないので、面倒でも一度きちんと眼科で診てもらいましょう。

コンタクトとメガネの併用は普段コンタクトを使用している人だけがするわけではなく、メガネで矯正しきれなくなった場合にも勧められます。

今までコンタクトを使用していなかった場合、目にレンズを入れるということに抵抗があるかと思いますが、レンズの厚みやカーブの度合いなど合う合わないの個人差があるので医師と相談してどのメーカーにするか決めていく必要があります。

通販などで安く手に入れることもできますが大切な目に関わることですから、万が一の事があっては困りますよね。

コンタクトとメガネを同時に使う利点って何?

どちらか片方で矯正しきれない場合を除いて、コンタクトとメガネを同時に使用することに一体どんなメリットがあるのでしょうか。

コンタクトを捨てなくて良い

ソフトレンズは一枚あたりの単価も比較的安価ですが、ハードレンズはなかなかのお値段である場合がほとんど。

一枚を長く使うと考えればコストパフォーマンスはいいのかもしれませんが、ちょっと見えづらくなったからといって簡単に買い換えるというのも躊躇してしまいますよね。

ソフトレンズもまとめて購入しているケースがほとんどで、使っていないのがまだこんなにあるのに・・・ともったいなく思ってしまいます。

しかし同時に使用する場合はメガネの度数を調整すればいいので、そのままのコンタクトを使い続けることができます。

老眼が進んでも視界がはっきりする

老眼は手元が見えづらくなることなので近視の人は老眼になりにくいと思っている人も多いようです。

しかしそんな近視の人も例外ではなく、遠近両用のコンタクトを使用している人も多くいます。

そんな便利な遠近両用レンズですが、暗さによっては一部はっきり見えない時もあり、そこに弱い度数のメガネを付けることによってよりクリアな視界にすることができます。

目が疲れにくい

本来の視力よりも常に大幅に見える状態でいると、目が疲れやすく感じる場合があります。

日常生活で使用するコンタクトの度数はあえて強すぎないものにしておき、車の運転をする時などだけその上からメガネをかけるといった使い方ができます。

コンタクトとメガネを同時に使う時に気をつけたいこと

なにかと便利に感じる同時使用ですが、もちろん気をつけなければいけない点もあります。

正しい方法を守らなければ、ストレスなく見えるようにするためのものが逆に眼精疲労の原因になることもあるのです。

現代人の8割近くが気付かないうちに《過矯正》の状態であると言われています。

目が悪いというのは一般的に遠くの文字や景色が見えづらく、そのためにより遠くまでくっきりと見えるコンタクトやメガネを求めます。

しかし実際の生活では遠くを見るよりも手元やパソコンなどの比較的近い場所にピントを合わせている状態が多いため、そこまで強く矯正する必要がないのです。

「見える分にはいいんじゃないの?」「悪いよりは良いに越したことはない」その思いから必要以上に強い矯正を望む人も、そういった処置をする人も多くいますが、これは視力を下げたり体調を悪くさせることに繋がります。

眼精疲労という言葉は広く知られていますが、自分の視力に合わないコンタクトやメガネを使い続けていると目が疲れやすくなり、そこから頭痛や肩こりなど様々な支障をきたしてきます。

仕事でパソコンを長時間使うから、細かい作業をしないといけないから、不調の原因はそこにあると思っていたものが、実はコンタクトやメガネだったというケースも少なくありません。

せめてメガネはナシにしたい!視力回復には何が効果的?

できることなら同時に使用しなくとも見える視力が欲しいですよね。

近年ではレーシックの普及率も高くなってきましたが、費用の高さや万が一のことを考えてなかなか手が出しにくいという現状。

では自力で視力を回復させることはできないのか?目が悪い人であれば一度でも考えることですが、残念ながら飲んで即効性のあるような特効薬はありません。

しかしこれ以上視力が下がらないように目をリラックスさせたり、原因を取り除くことは簡単にできます。

ブルーライト対策をする

パソコンやスマートフォンからは想像以上に強い光が出ており、それを近くで長時間見続けると目が疲れやすく、頭痛や肩こりも起こりやすくなります。

そうした悩みを抱える人が多い中で登場したのがブルーライト軽減メガネです。

パソコンやスマートフォンの操作は目と近い距離で行われるので、同時に使っているメガネの代わりにその時だけブルーライト軽減メガネを代用してみてはいかがでしょうか。

サプリメントで目の健康を守る

ブルーベリーは目に良いと言われますが、これはまさにその通り。

眼精疲労の予防はもちろん、暗い場所に目が慣れる時間も早くなり視界の広さも実感しやすくなるというから凄いですよね。ブルーベリーに含まれるアントシアニン色素がその効果をもたらします。

直接的な視力回復にはならなくても、続けていくことで悪化を防ぐことになりますし、目が疲れにくくなることによって朝見えている視界が一日中キープできてストレスなく過ごすことができるのです。

視力が下がる?NG習慣まとめ

無意識のうちに染み付いてしまった習慣はなかなか直せませんが、少し意識してみるだけでも改善に向かう一歩になります。

自分にも心当たりのあるNG習慣には気をつけましょう。

近くで物を見すぎている

文字を書くときに机と顔の距離が極端に近かったり、スマートフォンを長時間顔の目の前で見続けることは目にとってよくありません。

ピントを調節する筋肉が凝り固まることで、ピントを合わせづらくなるために視界がぼやけます。

一定の距離を保つように意識するか、時々目をそらしたり閉じたりして休ませるようにしましょう。

特に猫背な人は、座っている時も首が前に落ちているような状態であることが多いので注意が必要ですね。

片目だけで見たり斜めから見ている

片目が前髪で隠れていたり、寝転がって本を読んだりしていると両目で均等に見れていない状態になります。

これが長期間続くことによって徐々に左右の視力がばらつき、乱視になる原因とも言われています。

度数が合っていない

目を疲れさせてしまうことが視力の低下に繋がるので、無理にピントを合わせようと目が頑張ってしまうのはNG。

負担にならないきちんとした度数のコンタクトやメガネを使わないと、悪化する一方であると言えます。

この記事のまとめ

  • コンタクトとメガネは同時に使用しても良い。
  • 度数を合わせるために自己判断せず、まずは眼科へ。
  • 過矯正をしないように注意する。
  • 視力を低下される習慣に気をつける。

パソコンやスマートフォンは仕事をしていく上でもなかなか切り離せないものであり、視力の低下は仕方ないといえば仕方のないことなのかもしれません。

けれど今よりも悪化させないに越したことはありませんし、目を酷使すると身体にも悪影響が及びます。

気づいたときにぼーっと遠くを見てみたり、少し目を閉じて休ませたりと、目もきちんと労ってあげることが大切です。

 - 男の雑学