オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

女性の好意のサインとなる行動を見抜いてモテ男に変身

2015.3.13

女性は好意のある男性に対しては微妙に態度や行動が変わるものです。

世の中のモテる男性は、素早くそれを見抜き、女性へアプローチしているのです。

あなたも、好意のサインを見抜いて、モテ男に変身しましょう!

女性が好意を持った時に取る行動とは?

女性には、心の底で人の注意を惹きたいという気持ちや相手になって欲しいという気持ちがあります。

こうした特有の依存心は女性ならではのものですが、好意を持った相手には自分のことをよく分かって欲しいと思うようになり、その人の前では何かと自分について話したがるなど、饒舌になったりするものです。

女性というのは元来おしゃべり好きなのですが、特に好意を寄せている人の前では泣き言を言ったり、日頃から溜っている鬱々とした感情やストレスを発散しようとして、特に口数が多くなってしまうこともあります。

これが嫌な相手だと自分から話しかけることもなく、ましてや相談に乗ってもらおうとはしないのです。

飲み会などの場に行くと、機会さえあれば男性を捕まえて矢継ぎ早に質問を浴びせている女性を見かけることもよくありますが、これも女性が好意を寄せている相手に対して取る行動の一つです。

こんな時、男性の側も陽気な性格で女性とも交際した経験のある人なら、対応できると思いますが、これが繊細で奥手なタイプの男性となるとたじろいでしまって 雁字搦めになってしまう人もいるようです。

別におしゃべりにならなくても、表情から読み取れることもあります。

普通、人間というのは気持ちを許せる相手の前でないと、自然にほほ笑むことができないものですが、にこやかな表情でいる場合は相手に良い印象を抱いているからだと言えます。

その人と同席するだけでニッコリしていたら、脈ありと見てよいでしょう。

女性が好意を持つと何が変わる?

女性と会話をしている時に、向こうから目線を合わせてくるのであれば、その女性は話し相手の男性に好意を持っている可能性が高いと思われます。

そもそも女性には緊張している時や、自分の方が格上だと思っている人と話す際には、あまり相手と目線を合わせようとしない傾向があります。

これが好意を寄せている相手だと自然に目線を合わせて、楽しみながら会話をするようになるのです。

そんな時には話をしている相手の側も悪い気はしないでしょうし、自分も楽しんでいることを示すためににこやかな表情をしていれば、会話も更に盛り上がっていくに違いないでしょう。

又、几帳面な性格の女性であれば、普段からLINEやメールのやり取りをしていても、すぐに返事をくれたりするものです。

しかしそれが毎回続き、時にはこちらが送信した傍から返答してくることさえあるのなら、単に几帳面な性格によるものばかりとは思われません。

こうした場合には、常にスタンバイ状態で相手からの連絡を待っているものとみて、まず間違いないと思われます。

つまり、これは女性が好意を持ってくれていることの表れだと受け取って差し支えないでしょう。

女性から好意を持つという行動が来たら?

「恋愛感情の抱き方はケースバイケースであるものの、好意を示すサインを先に出すのは大抵の場合、人種や国籍を問わず女性の方からであるのが一般的だ」とは、さる人類学者の見解です。

又、女性達は好きになった男性に対して、それを言葉で伝えるというよりも、素振りや目線などさりげないサインを出すという方法で伝えるのだそうです。

ところで、女性から好かれる男性とそうでもない男性の大きな違いは、前者は女性から好意を示されてから初めて自分からも関心を示すようになるのに対して、後者は相手を好きだという想いをコントロールできなくなって、自分の方からその気持ちを告げるという行動に出ることです。

つまり、女性が相手にしていないのにも拘わらず、自分から接近していこうとする点だと言われているのです。

好かれる男性というのは、女性からの「好き」というさりげないサインをキャッチできる能力のある人なのです。

同時に、彼女ができないことを気に病んでいる男性でも、実際には女性の方から好意を示すサインを出しているのに、それを見逃してしまっている場合があるのです。

そのサインをしっかり捉えることができるようになれば、次の一歩を踏み出すことができるでしょう。

何よりも自分の気持ちを優先させるのが女性というものですから、その女性達がさりげなく示す好意の気持ちを読み取れるかが、大きなカギとなるのです。

女性の気持ちは難しい!

女心というのはなかなか複雑です。

気になる男性が自分のいる方を見ている時には、わざと違う方向を眺めてみたり、すぐ近くにいるのを知りながら、気が付かないふりして通り過ぎたりしてしまったりします。

それなのに、彼が他のことに気を取られている時など、こちらに注意が向いていないことが分かっている場合には、じっと後姿を目で追ったりするのです。

かと思えば、それ以外の男性の前では全く恋愛感情がないにもかかわらず、如何にも楽しそうに話しかけ、体に軽く触れるなどして、相手の男性をその気にさせてしまうといった失敗をしてしまうことさえもあります。

同じ女性が、好きでたまらない彼に対しては、気安く声を掛けることなど到底無理で、すぐ傍らにいるだけで激しい胸の鼓動を覚えたり、視線が合いでもすれば何も考えられなくなってしまうのだから不思議です。

男性が自分をどう見ているかも当然気になります。

そんな時に普段よく会う人と話をする場合には、特に意識をしているわけでもないのに髪をいじったり、相手に目線を向けて話したりします。

若しそれがよく知らない相手であれば、自分の気持ちを気付かれないように、わざと近づかないようにしたりするのです。

男性がいち早く気付いてあげるべき

女性というのは、気になる男性がいても自分から積極的に動こうとはしないものです。

つまり、殆どの女性は男性から声を掛けて誘って欲しいと待っているのです。

受身的なようですが、それでも好きな男性に対しては、ちょっとした仕草を使って自分に告白して欲しいというサインを出しています。

時には本人としてはかなり思い切ったサインを出すこともありますが、大抵の場合は男性の側で注意を怠らないようにしないと見逃してしまいかねないような小さなサインであったりするのが普通です。

このようにして女性達は自分から接近しようとするよりは、相手が自分のサインを見つけてどんな反応を示してくれるのか、どう動いてくるのかといった経過を注視しているのです。

女性にはこうした行動パターンがあることをわきまえておかなければ、彼女を作るのも難しくなってしまうことを男性達はよく認識しておく必要があるでしょう。

女性としては、サインを出しても男性がそれに気が付かず、デートの誘いもなければ、その恋愛を断念する方向に動いてしまいます。

つまり、「この人は私に関心がなさそうだから、諦めて他の人を探そう」ということになってしまうでしょう。

 - サイン・行動