男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

号泣必死!結婚式で喜ばれる友達からのサプライズ演出は?

      2017/03/05

号泣必死!結婚式で喜ばれる友達からのサプライズ演出は?

仲の良かった友人の結婚式。友人の晴れ舞台に、精一杯の華を添えたいと思うのは当然のことです。

そして出来ることなら、友人を驚かせ、また感動させたいとも思うのもまた当然。

今回は、結婚式における、ゲストから新郎新婦へのサプライズについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

スポンサーリンク


新郎新婦に縁深い人によるサプライズが嬉しいもの

新郎新婦に気付かれないように、ゲストが気持ちを込めて2人に贈るサプライズ演出ってやっぱり感動してしまいますよね。

・新婦は小学校の先生をしていました。

そこで教えていた子供たちがサプライズでお祝いの言葉を新婦に贈ったんです。

新婦は突然のことに泣き出してしまって、それを見た周りの人達も感動で涙涙。

新婦と子供たちが仲良くしている姿がイメージできて素敵な演出でした。(31歳女性)

・家族の話ってやっぱり良いですよね。

新婦のお姉さんが新婦に内緒で手紙を用意していたんです。

それを読み上げた時には新婦も泣いちゃって皆ももらい泣きしてしまいました。(30歳女性)

・会社の同僚で合唱団を作り、新郎新婦の為にゴスペルを歌いました。

練習は大変でしたが、とても喜んでもらえたし、私たちもとても感動でした。(32歳女性)

・新郎の弟が急に舞台に上がったかと思いきや、オリジナルの歌をギターで演奏しだしたんです。

新郎新婦への愛情いっぱいの歌詞に感動して、思わず泣いてしまいました。(33歳女性)

やはり新郎新婦と仲の良い方、ゆかりの深い方に登場せいてもらえるというのが最も喜ばれる演出ですね。

司会者の方にフォローしてもらい、2人の思い出話やみんなの知らないエピソードなどを交えて、沢山の人に祝福されているという事が伝わる演出にしたいですね。

披露宴の余興で これまでの思い出をフォトムービーにして

思い出を動画や画像にして紹介する

人生の節目でもある結婚。

それはこれまでの思い出や生き方、歴史などを振り返る良い機会でもありますね。

新郎新婦が一緒に過ごした日々を、画像や動画でまとめることで懐かしさとともにその頃が思い出されて感慨深いものになりますね。

仲間同士や同僚、家族などが一緒に過ごした時間を共有し、形にしてみるなんて素敵ですね。

リアルなエピソード紹介

・「友達との画像をアルバムにしたい」友達みんなと写っている写真をアルバムにしてプレゼントしてあげたいです。(20代後半女性)

・「友達との思い出のDVD作成」これまで仲良くしている友達との思い出画像などをDVDにまとめて流されたりしたら感動して泣いちゃうだろうな。(30代前半女性)

このほかにもこんな意見がありました。

「やっぱり華やかに風船やフラワーシャワーなどが用意されて飾られたりしているとそれだけで嬉しくなっちゃいます」(30代前半女性)

サプライズゲストの登場! ※ただし、ご両親や式場への相談などは必須!

友達と協力してプレゼントしたのは「新郎の恩師をお呼びする」といったサプライズです。

新郎の学生時代の恩師とは連絡先がわからないままで結婚式にご招待することが出来なかったそうなんです。

それを知って私達はみんなでその恩師を探してみることにしました。

すると、その恩師と遠縁の親戚にあたる方が連絡先をご存知で、結婚式にご参加頂ける事になったんです。

当然私たちだけですすめられるプレゼントではありませんので新郎のご両親や式場スタッフの方には承諾を得た上で準備をしました。

この時は新郎に内緒にする気などなかったのですが、式場スタッフやご両親の粋なはからいで、サプライズゲストとしてご登場頂く事になりました。

新郎はとても驚き、喜んでくれて涙まで流してくれましたよ。

こんな演出を内緒で企画するだなんてずるいよ、なんて言われましたが本当に喜んでもらえてよかったです。

協力してくれた皆や関係者の皆様にとても感謝しています。

二次会では手作りのものをサプライズで

どこにも売っていない一点物のアイテムというのは結婚式でなくても嬉しいプレゼントですよね。

そこで、心のこもった手作りのプレゼントをサプライズでお渡しするというのはいかがでしょうか。

例えばケーキやブーケ、ウェルカムボードなどどうでしょう。

プレゼントされた新郎新婦はもちろんですが、心を込めて準備した送る側にとっても思い出深く印象に残る物となるはずですよ。

当日行えるサプライズとしてはテーブルごとに写真を撮ってメッセージとともにまとめた物をプレゼントするというアイデアもあります。

結婚式は意外と招待ゲストとゆっくり話す時間が取れないので、それぞれの言葉でお祝いのメッセージを頂けるというのは最高のプレゼントになると思いますよ。

また、写真よりも少し大変にはなりますが、メッセージ動画を作って当日流してもらうという方法もありますね。

直接お祝いに来られなかった方などに事前にメッセージをお願いしておくと、新郎新婦もきっと喜んで下さいますね。

結婚式そのものをサプライズでプレゼント!?”友プレ婚”とは?

結婚式を挙げていないカップルに、友人たちが協力をして結婚式自体をプレゼントする“友プレ婚”というものがありますよ。

結婚1年から数年たったご夫婦へ何かしてあげたいという思いから準備される方が多いようです。

新郎新婦のどちらか片方は全く何も知らないまま、結婚式当日を迎えるという場合が多く、会場で使用する衣装やブーケ、ケーキなどはプレゼントだったり手作りだったりするものが多いですね。

友人たちがそれ得意なことを生かして準備することが多いらしく、結婚式までの準備期間はまるで学園祭の準備でも楽しんでいるかのようですね

友プレ婚というのは、新郎新婦だけではなくて、準備する友人たちも楽しんで行えるといった事が特徴なんです。

最近は友プレ婚をする前提でプランが組まれていたりそのためのサービスも用意されているようですが、新郎新婦にもっと喜んでもらえるような企画では、お2人にとって心に残るような演出があれば印象に残りますよね。

結婚指輪の交換や誓いの言葉など、結婚式で行われるセレモニー的な要素は取り入れてあげるとやはり気持ち的にも引き締まりますしいい思い出になるというものです。

また、友プレ婚には友人たちが主軸で準備するということもあり新郎新婦のご両親や親族を呼ばないことが多いので、当日の写真や動画などを記念にお渡ししてあげるというのも大変喜ばれますよ。

普通の結婚式のように堅苦しく全てを行うのではなく、メインを決めて行うことで準備もしやすいですよね。

しかし友プレ婚ならではの注意事項としては、新郎新婦はもちろん、友人の間でも無理せず出来る範囲で準備するという事が大切です。

気を遣わせ過ぎたり、お金を使いすぎるといった事がないようにしたいものですね

関連記事はこちら

 - 結婚式

ページ
上部へ