オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

失恋した経験のない人が付き合った時にしている事とは

2017.7.18

今まで失恋経験がまったくない人は恋愛に対しても自信を持つことができますが、恋愛には失恋が付き物だと思っている人も多いでしょう。

失恋したことがない人は容姿やスタイルがいいイメージがありますが、容姿が良くても振られてしまうことはあります。

そこで失恋した経験がない人が付き合う時に気をつけていることについて紹介します。


失恋経験のない人はいつでも真摯に相手と向き合うことを忘れない

失恋をした経験がない人ほど常に前向きに物事を考えて、真摯に相手と向き合うことを大切にしています。

付き合う時に大切なことは相手のことを好きになり、好きになってもらうことが大切だとわかっています。

誰でも知っていることだと思いますが、実際に付き合ってみると不満が出てきたリ喧嘩をすることによって、好きになる気持ちにも変化が生じてきます。

これは付き合いが長くなるほど当たり前のことですが、失恋ことがない人ほど恋愛観にブレが少なく、相手のことを一定以上好きな気持ちまま付き合い続けています。

そのためいつでも同じように相手を好きになることができるので、相手からも愛されている実感を感じることができます。

一緒にいたいと思わせることができますし、自分も一緒にいたい気持ちは同じなので、相手から別れを切り出されることは少ないです。

失恋した経験がない人は相手をじっくりと選んでから付き合う

失恋経験のない人ほど付き合う前からじっくりと相手を選んでいるので、付き合ってからも順調に付き合うことができます。

恋愛に慣れていない人や恋愛をしたいという願望が強い人ほど、付き合うチャンスがあればすぐに付き合ってしまいます。

好感が持てる相手ならば付き合ってみないとわからないので、すぐにでも付き合おうとするでしょう。

しかし実際付き合ってみると自分とは相性が悪かったり、本当の姿は今まで感じていた相手へのイメージとはかけ離れていることもあります。

失恋したことがない人ほどしっかりと相手を選び、自分に合った人なのかをしっかりと判断してから付き合います。

誰にでも魅力はたくさんあるので、容姿がいいだけの魅力で相手を選ぶと、性格の不一致や相性が悪いなどの理由で失恋する可能性もあります。

総合的に自分と合っている人か考えてから付き合うので、自然と付き合いも長くなって失恋しにくくもなります。

失恋経験のない人は自分と相性が悪い相手とはすぐに別れられる

失恋した経験がない人は振られることがないので、別れる時は自分から振ることになります。

一度付き合えば長く続くことが多いですが、付き合っていれば自分と合わない部分も出てくるでしょう。

いくらじっくりと考えてから付き合ったとしても、実際に付き合ってみないとわからないことはたくさんあります。

相性がいい人と付き合いたいとおもいますが、相性に関しては性格や考え方の相性もあれば体の相性もあります。

特に体の相性は経験してからでないとわからないですし、本人同士の感覚の問題が多いので、経験してみないとわかりません。

失恋したことがない人ほど自分との相性が悪いと思った時は、潔く別れる決断をすることができます。

一度好きになった人と別れるのは未練が残ったり情が入ってしまうので、なかなか別れを切り出せないことも多いです。

しかし自分が相性を重視していたり彼氏に求めている物が違った時には、迷わず別れる決断を下せるので、失恋を経験することが圧倒的に少ないのです。

相手が別れたくないと思わせるための恋愛テクニックを持っている

付き合っている時に相手と別れたくないと思うのは、相手に対しての愛情の他に、一緒にいると幸せを感じることが挙げられます。

失恋経験がない人はこの恋愛テクニックを意識的に活用しているので、相手を自分に惚れさせることができるのです。

例えばデートでの別れ際に潔く別れるよりも、名残惜しい感じで別れたくないと一言伝えるだけで、相手は自分とそれだけ一緒にいたいのかと思わせることができます。

好きだからこそ離れたくない気持ちを上手く利用しているテクニックなので、相手は自分に惚れていると勘違いさせることができるのです。

恋愛テクニックが豊富だからこそ相手を自分の虜にする術を身につけているので、相手から別れたいと思われないことが多いのです。

恋愛テクニックはほんの些細な所でも使えるので、相手から嫌だと思われないように常にテクニックを駆使しているのです。

誰でも常に誠実に相手と付き合っていれば振られる可能性は低い

付き合った時にお互い好き同士だと知っていますが、真摯に相手に向き合っているとは限りません。

誰でも自分に惚れてくれる人がいれば嬉しいですし、自分の自信にもつながります。

誰に対しても誠実に対応することによって、相手からはより信頼される存在へとなることができます

恋愛テクニックを駆使することも必要ですが、付き合った時は誠実に相手と向き合うことも大切です。

相手と心が通じ合っているほど別れるリスクも減るので、誠実な態度で付き合うようにしましょう。

付き合い方は人それぞれ違いますが、失恋経験のない人ほど誠実な付き合い方を軽んじることはありません。

自分ができる精一杯を常に行動に移しているので、誠実に対応する人には好感が持ちやすいです。

誠実に対応することは誰にでも肝がんにできることではありません。

だからこそ誠実に対応することによって相手からの評価も上がるので、相手から振られることも少なくなるのです。

 - 恋愛の心得