オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

2017.9.22

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

手紙で告白する時に気をつけたいダメな渡し方とは

まずは手紙をどのように渡すのかを考えて、その状況に応じた手紙の内容を考えましょう。
手紙をいつ渡すのか、渡す時になんと伝えるのかによって手紙に書くべき内容は異なります。

意中の相手に手紙を渡す時、ベストなタイミングはいつなのでしょうか。

ふとした瞬間であっても狙って作ったタイミングであっても、どちらにせよ二人きりになった時、それがベストなタイミングと言えます。
第三者がいる時や誰かに見られてしまう時にラブレターを渡すことは、相手がその後噂になることを嫌がり、受け取ることに抵抗を感じてしまいます。

日常で二人きりになるチャンスがあれば、その時を見計らって渡すのがベストですが、なかなか日常で二人きりにはなれない時、そんな時は相手と二人きりになることができる、自分の信頼できる友人などに渡してもらうのも正解です。

相手の荷物に忍ばせたり、いつ目にするかわからないような渡し方はやめて、直接手渡しができるような渡し方を考えましょう。

手紙で告白をする。渡し方を考えたら次は内容をチェックしよう

渡すタイミングや渡し方を考えたら、次は内容を考えて下書きをしてみましょう。

内容は回りくどい言い方ではなく、ストレートに伝わる書き方が好ましいです。
はっきりと自分の気持ちを素直に伝えて、相手を好きな気持ちやこれからお付き合いをしたいという気持ちを簡潔に書くことが大切です。

どんなラブレターをもらったら自分は嬉しいかを考えて、文章を丁寧に考えましょう。

相手が自分に全く興味がない時、そんな時でも嬉しく思ってもらえるような文章は、実はとても難しいです。

あまり面識がない人に強く思われていると知った時、少し怖いという感情を与えてしまうことがあります。
それを防ぐためには、簡潔な文章であまり深く突っ込んだ話はせず、自分の気持ちを爽やかに伝えることが良いでしょう。

渡すだけで満足はせず、相手が返事をしやすいように返事をするタイミングなどを手紙の内容に含めて、こちらから機会を与えることも大切です。

手紙で告白された人がスマートに受け取れる渡し方とは

手紙をいざ渡す時に、自分のことばかりを考えてはいけません。
渡された相手のことを一番に考えましょう。

それは渡す時に伝える一言にかかっています。

いきなりごめんなさい。驚かせてしまってごめんなさい。と相手への配慮を忘れずに言葉をかけましょう。

手紙での告白は例え結果が失敗に終わってしまっても、手紙で素直な気持ちを伝えられて嫌な気持ちになる人は少ないです。
相手の心に自分の気持ちを刻むことができるため、今後の二人の関係に大きな影響を与えることとなります。

渡す時のこちらの低姿勢は、相手にとってとても好印象を与えます。
あなたにどうしても気持ちが伝えたかった。という思いが伝わるように一言添えて渡すようにしましょう。

そしてきちんと愛が伝わる方法としては、相手のどんなところに惹かれたのかを明確に伝わる文章を作ることです。

普段は口にできないような言葉でも、手紙になら書くことができる。
それが手紙での告白の良さだと言えますよね。

嬉しい告白のされ方に男女でのギャップはあるのか

今まで嬉しかった告白のされ方、されてみたい告白のシチュエーションとはどのようなものなのでしょうか。
そこに男女のギャップはあるのかどうか、気になりますよね。

実はここに男女差はなく、一番嬉しいのは手紙だという意見が多いのです。

一番気持ちが伝わる、本気が伝わるという意見はもちろん直接目を見て、告白することです。

しかし一番嬉しかったという意見は手紙での告白というのはなぜなのでしょうか。

理由は直接言葉にできないこともじっくり何日も考えて書いてくれたのだなという、真剣な気持ちが可愛く思えて嬉しいということだそうです。

この意見は学生だけでなく社会人になっても同じと言えます。
素直な自分の気持ちをなかなか言葉にすることが減ってくる社会人だからこそ、勇気を出して一生懸命手書きで書いた手紙には、必ずといっていいほど人は心を動かされるものなのですね。

これから手紙で告白をしようと考えている人へ

まずはラブレターの内容にとても悩んでいると思います。

その内容は自分の気持ちを簡潔にストレートに伝えることを優先しましょう。
そして手紙を受け取った相手への配慮も忘れずに、返事を考える猶予を与えることを忘れずに。

自分の自己紹介も入れつつ、相手のどこが好きになったのか、どうして気持ちを伝えたいと思ったのかを素直に書き綴ることがコツです。

そして大切なのは渡し方ですよね。
タイミングを見極めて相手に必ず迷惑がかからないときを選びましょう。

好印象を与えるにはあくまでこちらは低姿勢で、人目につかないところを選んで一言必ず言葉を添えて渡しましょうね。

それだけでもらった手紙に付加価値を与えることができるのです。

ラブレターで気持ちを伝えるのはとても勇気のいる行動と言えます。
結果はあまり考えず、自分の気持ちを伝えることができれば、この告白は成功だったと言えるのではないでしょうか。
応援していますよ。

 - 告白・口説き方