男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

   

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを吸う人に対しての目線は厳しくなっています。

それでも簡単に辞められるはずもなく、ルールやマナーを守って楽しむのであれば、誰にも文句は言われたくないし、何より体に悪いというお説教は聞き飽きた!それを承知で吸っているんだ!――という声もあります。

ただ、彼女や彼氏に内緒でタバコを吸い、それを隠す人は要注意です。

実はとっくにバレている可能性が高いのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

養子縁組を解消したら結婚は出来る?養子縁組と法律の壁

養子縁組というのは、法律で親子関係になる事です。それが何らか...

人付き合いが苦手な人が結婚するために意識するべきポイントとは

人付き合いが苦手な人でも結婚したいという想いがあれ...

好きな人が既婚者で子持ちだった場合に考えるべきこと

好きな人が実は既婚者で子持ちだった場合には、ショッ...

元カノが結婚!未練が残っている気持ちを払拭させる方法とは

ほんの少し前まで付き合っていた元カノが、他の男性と...

共依存が原因!親子の関係が離婚に発展する理由と対処法

結婚した後に配偶者が共依存だと知った時には、結婚生...

2人暮らしの食費はどれくらい?1週間単位で考える節約法を紹介

2人暮らしを始めた時に節約意識を持つため、食費をできるだけ抑...

2人暮らしの食費を2万円以内に抑えるための方法と工夫をご紹介

2人暮らしをする時に生活費を抑えようとするため、食費を2万円...

恋愛できない病気の原因と自分を変えるための方法をご紹介

恋愛に対して臆病になってしまうことはありますが、トラウマ...

同棲するにはいくらかかる?生活費20万円で仲良く暮らすには

同棲する時にはお互いの収入によって生活レベルも変わってきます...

心配性の彼女持ちの人必見!不安と言われたら4つの点に注意して

世界には、色んなカップルの感動や面白い話、トラブルなどがあり...

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

スポンサーリンク


彼女/彼氏に隠れてタバコを吸う… 実は隠すことがNGだった!

今の世の中では考えられないことですが、本当に一昔前――10〜20年前には、タバコを吸う人は珍しくありませんでした。

もう少し前の時代になると、駅や電車の中でさえ喫煙可能、むしろ禁煙を掲げている場所を探すほうが難しい世の中だったのです。

特に男性でタバコを吸わないような人は男らしくないとさえ考えられていた節もあり、TVでも映画でも、タバコに関して寛容な社会でした。
 

しかしご存知の通り、タバコの害が真剣に叫ばれだすようになって現在までの間に、その価値観はまるっきり逆になり、ルールやマナーを守っていてもなお、喫煙者に対する視線は厳しい世の中になりました。

これはタバコの害を考えれば、仕方のないことなのでしょう。
 

ここで焦点を当てたいのは、彼女や彼氏といった恋人、時に夫や妻といったパートナーにタバコを吸っていることを隠す行為について、です。
 

相手のいる目の前では吸わない、家の中では吸わない、決められた場所でしか吸っていない。

これ以上何を望むんだ!…と思うかもしれませんが、相手にとっては、その”隠す”という行為自体がNGなのです。

タバコを隠す対策をしても、実は彼女や彼氏にバレている!?

喫煙者が減ってきたのと反比例して、タバコのニオイがとにかく嫌い!受け入れられない!という人が増えている現在、タバコを吸っていることを彼女や彼氏といったパートナーに隠すのは、逆効果と言わざるを得ません。
 

まず第一に、どんなにニオイ対策をしようとしても、タバコを吸わない人にとって、タバコを吸った後の人のニオイは、すぐに分かるものだからです。
 

それこそ、タバコを吸った後に、歯を磨き、シャワーを浴びて服を着替えるくらいのことをしなければ、タバコのニオイは取れません。

勿論、移り香という可能性も考えられますが、喫煙後すぐだと呼吸する息にもそのニオイが含まれていますし、毎回洗濯しないような服(スーツやコートなど)にはタバコのニオイが蓄積していき、単なる移り香ではないことは、いずれ分かります。
 

そして第二に、喫煙者がタバコを我慢している時の仕草は、吸わない人から見れば”バレバレ”なのです。

急にイライラしたり、ソワソワしたり、一人になりたがったり…と、本人は隠しているつもりでも、吸わない人から見れば一目瞭然な態度が出てしまうのです。

タバコよりも隠す行為そのものが、彼女/彼氏を失望させている!

実際、彼女/彼氏が隠れてタバコを吸っていたことに気付いた時、別れを決意する人はそれぞれどれほどになるかというと、女性は4割以上、男性になると半数以上が「別れる」と答えています。
 

その理由に対しては

  • 吸わないと言っているのに隠れて吸っていることが許せない
  • 自分を騙そうとしていることと同意だから

という、”喫煙そのものよりも騙していること”に対して、失望するからと答えた意見が多くありました。
 

また、自分のパートナーには「清潔感を持っていてほしい」「健康でいてほしい」「違反ではないけれどできればやめてほしい」と考えていることが、それぞれのアンケートから垣間見れました。
 

特に男性からの視線は厳しく、自身が喫煙者か否かに関係なく、彼女にはタバコは絶対辞めて欲しいと考えている男性が多い傾向があります。

これは将来、二人が結婚して子供が出来た時、その子供にまでタバコの害が及ぶことを心配していることが理由と言えるでしょう。

喫煙者であることを隠すより、禁煙か打ち明けるほうが得策

「でも、自分の彼女/彼氏は、タバコに関して追求してこないし」と思う人もいるかもしれません。

確かに、その”隠蔽工作”は成功しているから、相手は言ってこない可能性はあるでしょう。

しかしそれは、単に「言わないだけ」「口にする時は別れる覚悟が出来た時だけ」と考えているケースが、実は多いのです。
 

何故、自分のパートナーがタバコを吸っていることを隠すのを見て見ぬふりをするのかというと、あなたに対して愛情があるからです。

「本当は辞めて欲しいけれど、自分の前では吸ってないし、我慢してくれているんだろうから黙っていよう」と思っているパターンが非常に多いのです。
 

ただ、相手がタバコが嫌いだからと、あなたがタバコを隠し続けるのであれば、パートナーにとってその期間は”騙され続けている時間”になります。

その期間が長ければ長いほど、相手の心の中では失望が溜まり続けることを、忘れてはいけません。

そして将来的なことを考える相手には相応しくない、と心の何処かで思われているかもしれません。
 

そのような”決断”をされる前に、禁煙、もしくは打ち明けるかを考えたほうがいいでしょう。

もし自分が隠されている方の場合は?別れるべきか否か?

逆に、もし現在、恋人があなたに隠れてタバコを吸っているのであれば、あなた自身はどうしたいでしょうか?

嘘をつかれていること、そしてタバコを吸っていることが耐えられないならば、それは別れを選んでも仕方のないことです。

ただ、相手が言い出せない理由は何処にあるのかは、あなた自身が後悔しないために、じっくり考えてみる必要はあるでしょう。
 

例えば会社のみ、飲み会の席のみと、吸う場所を決めている人のため、言わないだけかもしれません。

禁煙を考えているけれど、禁煙するには現在は難しい状況(会社のストレスを他で発散できない等)だったり、中々うまくいかずに本人が悩んでいるかもしれません。

そうした彼氏/彼女の背景も考えてあげた上で、打ち明けられる雰囲気を作ってみて、そこで判断することをお勧めします。
 

現在、ますます喫煙者に対する風当たりが強くなってきました。

しかし、隠すことがストレスになったり、信頼関係にヒビが入る前に、恋人には打ち明けて、禁煙するか否かを含め考えていくほうが、ずっと建設的ですよ。

関連記事はこちら

 - ライフスタイル

ページ
上部へ