オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

最近、彼女からのメールが減ったってことはありませんか?

2015.3.22

これまでは頻繁にメールのやり取りをしていたのに、最近減ったなぁと感じることありますか?

もしかしたら自分への気持ちが離れてってる?他に好きな人が出来た?心配ですよね!

男としてはそんな彼女の気持ちが知りたくなりますよね?

最近、彼女からのメールが減った気がする・・・。どうして?

彼女からのメールが減ったり、ラインの既読無視が続くといった事がある場合、色々な理由が考えられますが、その中の一つに、「頻繁にメールしなくても大丈夫」と彼女に思われていることが挙げられます。

相手にどう思われているか不安な時は、頻繁にメールをして気持ちを確かめたくなるものですが、彼女がその点で安心した場合、頻繁にメールする気はなくなります。

メールの頻度だけで言えば、あなたの優先順位は下がったと言えます。

ただし、お互い仕事が忙しくなったり、勤務時間や休日が違うためにすれ違いがあって、メールの頻度が減っている場合は、コミュニケーションが不足している可能性が高いので、会う時間を増やしたり、メールの頻度を増やすなどの対処をしたほうが良いでしょう。

メールが減ったという事については寂しく思うかもしれませんが、彼女が安心してメールをしてこないというのであれば、複雑な気持ちになるかもしれませんが、そこまで気にすることはないでしょう。

メールが減った上に、何となく素っ気ないと感じる・・・。どう考えたらいい?

彼女からのメールが減ったというだけでも男性にとっては気になるものですが、その上、メールの返事が素っ気なかった場合、どのような事が考えられるでしょうか。

1.マメな人ではない可能性があります。

元々筆不精な彼女なのに、付き合い始めた頃はものすごく頑張ってメールのやり取りをしていたのでしょう。

付き合いが深くなってきて、素の自分で接してくれていると考えられます。

2.わざと素っ気ない素振りをしている可能性があります。

こうすることであなたの気を引こうとしているのかもしれません。

3.あなたのメールが独りよがりで、返信しにくいメールなのかもしれません。

メールは気軽にできますが、会話と同じように、お互いの言葉のキャッチボールが大事です。

そのため、相手のメールの内容に大した反応もしないのに、自分のことばかりメールしていては、次第にあなたとメールするのが億劫になります。

4.あなたへの愛情が冷めている可能性があります。

最も考えたくないケースでしょうが、メールなどのコミュニケーションの頻度が減るということは、こうした事態も考える必要があります。

心あたりがあるのであれば、メールだけでなく、電話をかけたり、会う時間を増やして、出来る限りの愛情表現をしてみて下さい。

もしかしたらあなたの方が彼女から不満に思われているかも!?

女性は常に愛情表現を求めてきます。

それは男性が思うよりも強いものです。

メールのことで言えば、女性は回数が多ければ多いほど愛情を感じます。

その回数は、男性が思うよりもずっと多い回数です。

どんな男性でも付き合う前は、なんとかしてお付き合いをしたいと思い、頻繁にメールを送ったことでしょう。

また、付き合い始めは嬉しくて1日に何度もメールをしたことでしょう。

しかし、一度手に入れてしまった女性に対しては次第に安心してメールを送る回数が減ってきます。

それに対して女性は、メールを受け取った回数を愛情表現だと感じます。

そのため、男性は、女性に対して安心しているためにメールを送る頻度が下がったとしても、女性の立場からすると、愛情が薄れていると感じます。

このようなすれ違いが生じることがありますが、悪いことばかりではありません。

お互いの愛情に疑問を持ったときこそ、お互いの愛情を確かめるときでもあります。

恋愛とはこうした愛情を確認し合うことで長く続いていくものです。

彼女、彼氏に関係なく、相手を嫌いになったのでないなら、気配りメールも必要です!

彼女や彼氏といった恋愛関係に限らず、友人同士でも同じことがいえますが、それまで頻繁にメールのやり取りをしていた相手が居ても、急に忙しくなって、メールをすることに気が回らなくなって、メールのやり取りがなくなってしまうことは、ままあることです。

そんな時、相手はそれほど忙しくなくて、メールをチェックする暇がある場合、嫌われたのではないかと邪推したり、理由もなくメールが途絶えることに対して寂しさを感じたりするでしょう。

以前ほど頻繁にメールができなくなっても、たまにでいいので、近況を報告しがてら、相手を気遣う内容のメールをされると良いでしょう。

そうしますと、相手もあなたが忙しいことがわかり、そんな中、メールを送ってくれたことに感謝するとともに、安心するでしょう。

そんな時に送るメールの例としては、「最近仕事が忙しくて、メールできなくてごめんね。でも、いつも○○のことを考えてるよ。今度休みが取れたら、一緒に食事に行こう」というものなどが良いでしょう。

彼女が冷たくなった!?メールやLINEにはどんな変化が表れる?

メールやLINEの文面や返信のスピードから、彼女からの愛情を疑う男性も多いです。

文面に絵文字を多用していたのに、段々使わなくなってきたとした場合、男性は自分への気持ちが変わったのではないかと不安に思います。

絵文字は、感情をストレートに表現できるものです。

そのため、あるのと無いのとでは、感情の伝わり方随分違います。

そのため、絵文字を使ってやり取りをされていた場合は、引き続き絵文字を使い続けたほうが良いでしょう。

返信が遅い場合も、男性は自分への愛情を疑うことがあります。

多くの場合、付き合い始めの頃は返信のスピードも早かったことでしょう。

それと比べて返信のスピードが遅いということは、それだけ自分への関心がなくなってきたのではないかと考えてしまうこともあります。

このように、メールやLINEのやり取りに変化があった場合、男性は不安に思う傾向にありますので、ちょっとしたことですが、やり取りに気を付けることができれば、円満にお付き合いが続くでしょう。

 - 会話・連絡・話題