オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

彼女が好きなら知られちゃいけない!男性の好意のサインの隠し方

2015.3.26

女性は男性以上に、自分に向けられる”好意のサイン”に対して敏感です。

あなたが片思い中の女性も、もしかしたらあなたが無意識のうちに出しているサインにとっくに気付いているかもしれません。

好きなんだから、知られたって構わない!と思うかもしれませんが、実はそれは大きな間違いだったのです!

何故、女性に対しての”好意のサイン”が知られてはいけないのか、どうすれば隠すことができるのか、そして好意を知られずに彼女と付き合うにはどうすればいいのか、まとめました。

無意識のうちに出ている、女性への”好意のサイン”

男性が好きな女性への好意と態度は、自分が意識していないような、ふとした時に出てしまいます。

そして、男性は好意のある女性には、ある共通の行為をよくしてしまいます。

それがどのような行為なのか、ここでご紹介していきますね。

まず、女性が行きたいところに連れて行きます。

そして、女性に好感を持たれたいので、嫌われるようなことはしません。

夜に電話をかけることが多いです。

好きな女性には優しくして、レディーファーストをします。

LINEをするときは、LINEの内容を適当にせず一生懸命に書いた内容を送ります。

それから、カップルがよく行くスポットに連れて行ったり、ロマンチックな場所に連れて行ったりします。

また、女性にサプライズの演出をして、喜ばせようとしたり、可愛いとか綺麗だと言って頻繁に褒めたりします。

そして、好きな女性の顔を見ると嬉しそうな笑顔がいつも出てしまいます。

男性は、以上のような行為を好きな女性によくします。

女性は男性の”好意のサイン”に敏感である!

あなたが好きな人に、あなたの好意を気づかれないようにしていることを、女性はけっこう見抜いています。

しかし、どうして隠そうとしている好意がばれてしまうのでしょう?
それは、あなたが女性に気に入られようとする言動で、ばれてしまうのです。

好きな女性に気に入ってもらおうとして、男性は、その女性に対して一生懸命に優しくしたりレディーファーストをしたり、しっかりと考えながら会話をしたりするので、あなたの好意はにじみ出ているのです。

つまり、あなたが好きな女性に気に入ってもらいたい気持ちは、女性にはまる見えなのです。

好きな女性に気に入られようとして、一生懸命にがんばる行動や言葉が、逆にあなたの好意を女性にばらしてしまうのです。

そのため、好きだということを、好きな女性に口に出して伝えなくても、あなたに下心や恋心があれば行動や言葉に現れてしまうため、好きな女性にはあなたの気持ちが伝わってしまっていることはよくあります。

相手に好意がバレると、どんな弊害があるのか?

「どうして好きな相手に、好意がバレてしまうのはいけないのですか?」 という疑問がある人もいるでしょう。

では、その答えをご説明していきますね。

どうして好意がバレるのがよくないのかというと、それはすでに手に入った状態になるからです。

たとえば、ゲームのレアアイテムは、数がとても少ないのでレアです。

そのレアアイテムは、ゲームの長い冒険の中で1つしか出てこないいので、価値があるし大切です。

逆に「薬草」みたいなゲームの序盤に手に入ったり、いつでも手に入ったりするものは、うっとうしく思ってしまうことがあります。

それと同じで、放っていても自分に好意がある状態なので、あまり良くないのです。

つまり、「つまらない男」としてみられてしまうということなのです。

いい人と呼ばれる男性は、このカテゴリーに入ります。

冒頭の話に戻りますが、いつもニュートラルな気持ちで好きな女性に接していると、「もっといい人が他にいるかも」などと女性に思われることはありません。

しかし、好意がバレてしまえば、告白しても保留されたりしてしまいます。

女性はあからさまな好意に対して拒否感を抱くもの

女性は、自分の価値を高めたいという欲求があります。

そして、自分にペコペコしている男性と、普段は見向きもしてくれないけど、たまに目があう男性とでは、後者と付き合うほうが自分の価値が高まると思っています。

女性は、少し自分勝手だったり、ツンデレ、Sっ気がある、リーダー的な振る舞いをする目立つ人、などを好みます。

そして、堂々としている男性と付き合うことは女性にとってのステータスでもあります。

自信、余裕、頼りがいは年上男性に求められる魅力です。

女性は特別扱いされることを好みますが、女として見られるのは嫌がります。

そのため、心丸出しの人やストーカーなどは、女性から気持ち悪がられます。

実際に女性がされて嬉しいことは、告白よりもデートのお誘い、 デートのお誘いよりも楽しい会話、なのです。

告白されるよりも、「暇だから遊ぼうよ」と誘われるほうが嬉しいのです。

さらに、デートに誘われるよりも、話をして笑い合うことを一番嬉しく思います。

女性を男友達みたいに扱う男性は、とてもモテます。

これらの男性は、女性にガツガツしていないので、女性は心地よいのです。

好きな女性にどんな態度で接することが正解なのか?

『好意』も『興味なし』もNGなら、いったいどうすればよいのでしょう?

その答えは、好きな女性に、恋愛感情ではない好意を示す、ということです。

言い換えると、友達としての好意を表したり、人柄に対する好意を表す、ということです。

つまり、『人として好き』という気持ちで、好きな女性に接する、ということになります。

人として好きというのを表すためには、『恋愛としての好意』を心に閉じ込める必要があります。

そして、『恋愛感情ではない好意』を示さないといけないので、簡単ではありません。

しかし、これができれば、好きな女性とかなり仲良くなることができます。

そして、信頼関係を2人の間に築くことができるのです。

2人の間に信頼関係ができれば、デートに誘わなくても、食事に行ったりメールをする仲に、自然になれます。

しかし、「そのままだと、友達で終わりそう」だと思う人もいるでしょう。

しかし、好きな女性と親密になれなければ、恋愛対象にもなれないのです。

 - サイン・行動